新型肺炎は「核」より強い


世界に蔓延する武漢ウイルスによっていろんなことが見えてくる。まず核と
ミサイルで鼻高々だった金正恩がウイルスの威力の前に極めて深刻な挫折を
味わっている。

北朝鮮は現在、6割の国民が栄養失調に苦しんでいるうえに、防疫体制が
脆弱でウイルスから逃げようがない。北朝鮮はどこの国より蔓延するウイル
スの緊張度は高い、その上、国内経済は破滅している。つまりはこのような
非常事態下において核やミサイルなど全く役に立たない。

金正恩は先月28日、新型コロナウイルスの国内での感染拡大を恐れて、
中国との貿易を全面禁止の措置をとった。いかにも国民のために中国との
密貿易を停止したように見えるが、自分に感染しないように貿易を止めたに
すぎない。

しかし貿易の9割以上を中国に依存している北朝鮮経済にとって密貿易を
止めるなど自殺行為です。それに気がついた金正恩は慌てて従来からの
密貿易を再開すべく朝鮮労働党国際部の金成男部長が北京を訪問した。
ところが習近平は、北朝鮮からのこの卑怯な申しいれを拒絶したらしい。

金正恩も、いったん自ら中国との貿易を停止した手前、習近平にすがるのも
プライドが許さない。これでは国民はますます飢餓に苦しむことになる。
5月までに新型肺炎が下火になるか、習近平の怒りが収まるか、によって
北朝鮮の命運は決まる。

そして韓国ではコロナ不況で国内経済はボロボロだが、文在寅の日本攻撃
は止まらない。韓国は11日に28人目の感染者が確認されて以来、5日連続
で感染者が出なかったことから韓国政府は終息宣言を検討する一方で、14
日以降も感染が止まらない日本をウイルスコロナ感染地域に指定して徹底
的に批判した。

ところがここに至って感染者の数が日本を上回ったことから一転、文在寅の
愚かな対応が国民の批判の的となっている。24日現在韓国での感染者数
が累計833人になったと発表した。韓国の多くの人達は、反日から反中に
代わり中国人を排斥しだした。
文在寅は、この国民の動向を見て中国に向いていた顔をいち早くアメリカに
向けた。

文在寅は、在米韓国大使館が全米知事会と開催したレセプションに同盟を
強調した映像メッセージを送った。メッセージで文在寅は「過去70年、
両国は共に韓半島の平和と北東アジアの安全を守ってきた。血で結ばれた
韓米同盟は安全保障を超えて経済協力までも含む偉大な同盟になった」と
白々しい発言を送った。この二枚舌、いいかげんにしろ!

これを知った北朝鮮は「まさに事大と外勢屈従の匂いが漂う不穏当な発言
であり、現南朝鮮当局が今まで外勢依存政策を続け、これだけ苦い経験を
しても、まだ懲りないようだ」と文を非難して軽蔑した。

さてウイルス発祥地である中国は解決どころか逆に急速に悪化しており、
中国では検査薬が足りないので、発症しないと検査してもらえない、とい
うことは感染者の数は今後も不明。いまやウイルスの猛威から逃げよう
がない

2月9日に在米の中国人(郭文貴)が「武漢でのウイルス感染の実数150
万人と発表した。その時点ではあまりの多さにアメリカの誇張策かと思った
が、2週間後の今になると150万人説は妥当な数字なのかもしれない。

中国はあまりにも広すぎて人口も多すぎるために、全土をカバーするだけ
の感染抑止策がうまくいかない。そこで習近平は北京と上海だけは感染を
最小限に抑える策をとり出した。北京でも上海でも、市民の多くは外出を禁
じられ繁華街の店は全てしまっています。

中国は今、経済の70~80%が止まっている。中国通販の大手のアリババ
は世界の金融市場で大暴落が起きそうだと警告を発しています。
中国では3月で終息していくとの楽観論が言われていますが、政治的な
目的を持った予測に過ぎない。

米国は、中国からの武漢ウイルスの流入に対して世界で最も厳しい措置を
とってきました。その米国でさえ、ウイルスが蔓延する可能性が高まってい
ます。米国ではまだ15人の感染者しか出ていないが、しかしアメリカのCDC
長官が「来年まで続くかもしれない」と言っています。

早く終息しないと、余力のない国ほど破綻していきます。貿易の比重が高い
国ほど破綻の速度は早くなっていきます。
中国、韓国、北朝鮮の指導者は、いったい何をどうすればいいのか?
国民をほったらかして、自分だけは発症しないようにひたすら祈っているよ
うです。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります














醜い中国人  2月19日(水)


新型肺炎の感染拡大で分かったことは中国人の愚かさである。中国は常に
都合の悪い事実を隠蔽してしまう。要するに「新型肺炎」の発生の初動の
段階で「人から人への感染はまだ見つかっていない」という大嘘の発表を
した。つまり「人から人への」感染した患者を既に確認していたにもかか
わらずである。

中国政府はいつものように都合の悪い事実を隠してしまった。これは、致
命的と言っても過言でない大失策である。結局中国政府の対応は後手後手
に回り続けたことで世界中から厳しい批判をあびた。

新型肺炎が、SARSを超える感染拡大を起こすとは、中国国民の誰もが想像
出来なかったに違いない。だが春節で賑わうその裏で、深刻な事態は着々と
進行していたことを中国政府は知りながら隠していた。

中国国内の死者が40人と発表された時点で習近平は「メンツ」を最優先す
るために武漢市の交通機関の全てを運行停止とした。人口1100万人の
大都市をまるごと封鎖するという荒療治に打って出た。

しかし封鎖の通告の8時間前にこの情報は武漢の共産党幹部を通じて漏れ
ていた。そのために8時間の間に約500万人もの市民が武漢市から逃げた
ために封鎖の意義が薄れてしまった。

現在中国本土で確認された感染者数は7万人、死者が約1700人
(17日現在)上がったと発表した。感染者は毎日約3000人増え、死
は毎日100人以上増えた。

以前、日本の左翼の経済学者は中国は「意思決定が早く、優れた政治体制
だ」と言っていた。なるほど習近平体制下の中国はトップダウンでの意思決
定が早く、優位性があるようにみえる。しかしいったん危機に陥ると脆かった。

我々人類は歴史に学ばなければならない。共産主義や全体主義の国など、
トップが決める「計画経済」の国は全て失敗した。19世紀と20世紀に
資本主義に対抗した社会主義、共産主義、ファシズムはことごとく消え去っ
た。戦いは過去のものになった、しかし資本主義の根幹を何かが揺るがして
いるように見える。

産業革命が起こり物質的な生活水準を上げることが成功と考えられるよう
になってから、世界のどこを見渡しても資本主義以外の経済体制は結局ど
れもうまくいかなかった。

一党独裁の共産国家の幹部たちは、自らの誤りになかなか気がつかない。
これらの人たちは自らの誤りに気づいたとき、それを隠そうとし、情報を都合
よく操作しようとする。しかし操作しょうとすればするほど、傷口が膨らむ。
国民が共産国家の幹部の誤りに気づいたときには手のほどこしようがなくな
っていて、国民は共産党幹部ともにほろびるしかなくなる。

その後も、習近平のメンツが最優先されて、情報を都合よく小出しに発表し
た。WHOの緊急事態宣言も遅れに遅れた。結局中国国民は何も知らされな
いまま春節を楽しむために「民族大移動」し、感染者や死者を急拡大させて
しまった。気づいたときには都市は封鎖され、幽閉状態に追い込まれてしま
った。

まさに一党独裁の中国の脆さが出てしまった。結局意思決定が遅く、一見
頼りなくみえる「民主主義」のほうが長い目で見れば、国難によく対応でき
る。その例が阪神淡路大震災や東日本大地震によく現れている。民主主義
だけがオープンな情報共有と議論によって政治家も国民も失敗から学習す
ることができ、失敗をやり直す事ができ、立ち直りが早い。

いま安倍首相が安泰なのは左翼民主党の三年間の大嘘の大失敗が国民の
脳裏に焼き付いているからです。

翻って中国政府は、香港のデモを全く抑えることが出来ず、台湾総選挙でも
蔡英文総統の再選を阻止できなかった。そして新型肺炎も習近平体制を守
ることに固執した結果、悲惨な結果となった。

一党独裁の共産主義より資本主義の民主国家が最後には勝つという事を
今回の中国政府の対応でよく分かったと思います。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります





墓穴を堀り続ける文在寅 2月12日(水)


今年に入って文在寅と検察局の醜いバトルが勃発しています。昨年10月に
検察は就任からわずか35日で韓国のチョ・グク被告を収賄罪などで起訴し
て辞任に追い込みました。

これに対して文在寅はチョ・グク被告に代わり手駒の秋美愛氏を法相につけ
自分の思い通りにならない検察に大ナタをふるって最高検察庁幹部ら32人
を交代させました。そして政権に近い人物を起用しました。さらにチョ被告の
疑惑捜査を指揮したソウル東武地検の次長検事3人を、一斉に地方へ左遷
しました。まさに司法支配、三権分立の破壊です。

これに対して検察はチョ被告の息子を、高麗大学や延世大学に合格させるた
めに虚偽の文章を作成したとして。大統領府の秘書官を在宅起訴、そして
18年6月に行われた蔚山市長選に大統領府が介入したとして、文氏の最側
近の一人にソウル中央地検への出頭命令を出しています。

やったらやり返す文在寅対検察の泥沼の争いは生きるか死ぬかの壮絶な争
いです。焦点は4月に行われる総選挙です。この選挙で与党が敗北すれば、
検察は一気に捜査の手を強め、そして文在寅に捜査が及びます。場合に
よっては弾劾裁判から大統領罷免という事態になります。

結局文氏も歴代大統領と同じ自殺か逮捕という悲惨すぎる末路をたどること
になります。

文在寅大統領は検察との戦いだけでなく、新型コロナウイルス感染との戦い
が迫っています。世界各国が中国との絶縁に動いています。韓国国民は
中国人を排斥するために大統領府に「中国入国禁止」を求める請願60万人
分も集まりました。「反日・親中」とされる文在寅はどう対応するのか。

文氏は4月の総選挙で負けるわけにはいかないので、新型肺炎について、
総力を挙げて対応するように指示しました。韓国民は今まで「反日」だったが
今や「反中」熱で中国への嫌悪という形で噴出しています。しかしそれでも
中国にこびへつらう文在寅は「武漢」と言う言葉を使わないなど中国に気を
使っています。

文在寅は「検察」と「ウイルス感染」と従来からの「反日」との戦いという三方
から責められています。しかし検察や反日などは自分の政権を維持する
ために戦っているだけ。特に反日などは明らかになにもないところからイン
ネンを付けて既に決着している問題を何度も何度も蒸し返しています。

しかし文在寅はいくら頑張っても日本には勝てない、なぜなら文在寅の虚偽
の主張は世界からすでにバレバレである。日本政府による輸出管理厳格化
で文在寅は「韓国経済に被害を与えるなら、日本に大被害を与える」と噛み
付いているが、WTOに提訴しても、日本が「輸出自体を制限したものでな
い管理強化は安全保障上必要」と正論を主張すれば、韓国に勝ち目はない」

文在寅は、韓国をホワイト国から外すのは許さないと、中国やアジア諸国に
同調を求めているが、これらの国は元々ホワイト国ではないので、どこの国
も同調などするはずがない。欧州連合は最初から韓国を除外している以上
文在寅は何も言えない。

日本製品の不買運動といった嫌がらせは、日本企業の韓国離れを起こすだ
けでむしろ韓国側のGDPを下げるだけで全く効果はない。

韓国は日本に仕返しをするために逆に日本をホワイト国から除外しましたが
困るのは逆に韓国側です。日本の優秀な部品や資本財などは日本以外か
らは購入する事はできない。結局韓国は逆立ちしても日本には勝てない。

このように韓国が増長したのは、日本の愚かな親韓派の政治家のせいです。
何をしても許されという間違ったメッセージの結果だといえます。
慰安婦問題に関しても、アメリカを交えた慰安婦合意の結果を守らない。
近現代的な契約主義が成立せず、国と国との国際条約が常に反故されるよう
では世界で生きていくことが出来ない事を文在寅は肝に銘じるべきです。

文在寅よ、地獄の釜が蓋を開けて待っている。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります




ついに中国崩壊の終わりの始まりです。 2月5日(水)

。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で、世界中が中国を敬遠し「反
中感情」が広がっている。中国で感染が拡大している新型肺炎と、2003年に
流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)には共通点が2つある。どちらもコ
ロナウイルスが原因で、生鮮市場から始まっている。

過去のウイルスの発生源は、ほとんど中国からである。それは中国人は獣
に近い不潔な人種だからです。中国の市場をみれば一目瞭然である。露店
がひしめき合い、狭い通路を作っているこうした生鮮市場では、生きているか、
または死んでいる動物である犬、鶏、豚、ヘビ、ジャコウネコ,ウサギなど
所狭しと並べられている。それらの死骸と人間がコンスタントかつ密に接触
する。これが動物から人間へ、ウイルスをうつりやすくしている。

報道によると、閉鎖される前の武漢の市場では加工肉のほか、鶏やロバ、
羊、豚、ラクダ、キツネ、アナグマ、タケネズミ、ハリネズミ、ヘビ等の動物も
生きたまま販売されています。このような危険で不潔な生鮮市場は、中国
各地にある。

昔、中国では人肉が平気で食べられていた。魯迅の「狂人の日記」で、当時
の中国の封建社会を「人が人を食べる」社会であると批判しています。妹の
死人肉を兄が料理する記述が出てきてショックを受けたことを覚えています。

中国は歴史始まって以来、常に食料不足で、ほとんどの民衆はいつも飢餓の
線上でもがき苦しんできた。だから何でも口に入れた。それ故中国は多くの
危険な感染症を生み出す震源地となっていることは当然のことです。

新型ウイルス、中国での死者304人に、感染者数は22%増え1万4380人
(2月1日現在)の中国発表。毎日1日で2000人超増加している。
中国は都合の悪いことは常に隠す。この数字もイギリスBBCはこの3倍は
あると言っています。中国共産党の隠蔽体質は常に世界に不安と恐怖を
撒き散らしています。

感染情報の隠蔽は国家のメンツと政権の安定のためであり、共産党の全体
主義の前では国家は個人より優先され、政治は全てに優先される。結果
中国の情報隠蔽は世界中から激しく避難されています。

記事によれば、30日韓国政府は新型コロナウイルス感染症に関して中国に
500万ドル規模の支援をすることを決めています。その他マスク200万枚、
医療用マスク100万枚、防護服・ゴーグル各10万個などの医療関連品を
支援、武漢市に隣接する重慶市などにも30万ドル相当の支援品を提供す
るそうです。

しかし中国は韓国に感謝するどころか、武漢にいる韓国人たちが帰国するた
めのチャーター機投入許可を先送りするなど韓国人を完全にバカにしていま
す。それでも文在寅大統領は中国の顔色ばかりみて、自国民を捨ててい
ます。

文在寅は中国の崩壊と自国の崩壊をリンクさせる気です。韓国民はバカな
大統領を持ったものです。

いずれにしても共産主義の一党支配は、人間を不幸にすることを世界中の
人々は心に刻み込んだ筈です。

安倍首相殿、この新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を言い訳にし
て習近平主席を国賓として招くことを、延期したらいかがですか、まさに
天が与えたチャンスです。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント