スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪われた国 「韓国」    8月21日(水)


前回は救いようのない韓国社会を20数年の韓国ビジネスの経験から一部
記述しましたが、このまま韓国社会の政治・経済の病理現象の具体例を
書き出しても朝鮮人を理解することは無理があるような気がします。

最近韓国人の異常なまでの日本たたきを見るにつけ、なぜこうも屈折した
精神を持つように成ってしまったのかを韓国人が勉強しない韓国民族の歴史
を直視して、韓国人の韓国病の正体を明らかにしたいとおもいます。

朝鮮半島の歴史は中国大陸の歴史と連動しているために中国の歴史も知る
必要があります。中国は今日に至るまでどの時代をとっても社会が常に腐敗
していた、この深い泥沼のような中国文化に組み込まれてしまったことが、
治ることのない韓国病の根本原因のように思われます。この呪われた韓国病
を、中韓の歴史を踏まえながら考察してみたいと思います。

私は韓国を見捨ててからすでに7~8年になります。(しかし私が作った韓
国の会社は今も健在です)見捨てた最大の要因は韓国社会が増々悪くなって
いく道徳的な弛みです。それと金大中大統領と盧武鉉大統領の二人が韓国経
済と韓国社会を完全に壊滅させてしまったことです。

日韓戦で「歴史を忘れた民族に未来はない」と大書された横断幕を見せられ
た多くの日本人は、開いた口がふさがらなかったと思います。日本人は過去
の失敗を反省して未来の成長に繋げていきますが、韓国人はおぞましい過去
を消し去って、バラ色の過去に書き換えてしまった為に誰も反省をしなくな
った。つまり韓国人は学ぶべき真実の歴史を失ったがために誰も反省できな
くなった。

歴史とは過去の集合体で有り、私達は過去の過ちから学ばなければならない
しかし韓国人は過去の惨めな失敗の歴史を隠しそして他人のせいにするだけ
でなく現在の自明な問題まで隠したがります。だから韓国人は過去の過ちを
常に繰り返すのです。

日本人に見せつけた「歴史を忘れた民族に未来はない」という言葉は韓国人
のためにあります。そしてもう一つ「歴史を書き換えた民族に明日はない」
という言葉も韓国人にあらためて贈らさせて頂きます。

それでは韓国は民族の歴史が、どこで、どう誤ってしまったのか、韓国の
歴史をたどりながら、検証してみます。

朝鮮半島が輝かしい文化を誇り、一番輝いていた時代は三国時代です。当時
アジアの強国であった高句麗と高い文化を誇っていた百済と伽耶を併合した
新羅の三国による並立時代が続いていましたが、新羅は中国の「唐」と結託
して同胞の国である高句麗と百済を不意打ちすることによって滅亡させまし
た。新羅は自ら進んで「唐」の属国になることによって、韓民族のプライド
を奪い今日まで続く事大主義をはびこらせてしまったのです。

「唐」は北方の騎馬民族でやたらと戦争に強く、その支配は残虐で暴虐の限
りを尽くしました。ここに至ってついに韓国人の意識構造に、異常を招く
事態となりました。これが韓国悲劇の第一の始まりです。韓国の歴史教科書
では半島を統一した新羅を絶賛していますが、半島を支配したのは中国の唐
です。

第二の悲劇は14世紀に起こった李朝の成立です。李朝は500年にわたって
「明」の属国になり、1000年以上にわたって信仰してきた仏教を徹底的に
弾圧し、儒教の朱子学を国学として迎えいれたことによって中国古来の
悪弊を体中に入れてしまった。

李朝は中国の醜く腐敗した政治文化を規範としたために、血で血を洗う骨肉
の争いを500年間も続けたのです。そして権力に座った者が、暴虐の限りを
尽くし、民衆は凄惨を極めました。民衆は過酷な社会の中で生きて行くため
に、偽る事が日常の習い性になり、人命も道徳も顧みる事がなかった。

この第二に悲劇によって韓民族の原型である高句麗や百済の持っていた誇り
を木っ端微塵に打ち砕き李朝への恨みが骨髄まで染み込んだ「恨の民族」を
作り上げたのです。

今日の韓国が李朝からの呪いを抜け出すことができず病んでいるのは、李朝
の社会が、どれほど、おぞましいものであったかを国民に教えず、李朝を
バラ色の歴史に書き換えてしまったからです。

韓国の国定教科書では李氏朝鮮のことを「平和を愛する国で、人々は幸せに
暮らしていたのだ」と真逆な事を教えられています。そして「日本人がやっ
て来て、あらゆる朝鮮人が日本人の奴隷として生き、搾取されて死に、追い
出された」と歪曲された間違った歴史認識で反日感情を意図的に作り出して
います。

李朝の500年歴史が目を覆いたくなるような地獄であったにもかかわらず、
韓国の国定教科書は、歴史を直視することなく李朝のことを美辞麗句で飾
られています。もし本当に李朝500年が豊かで平和な国だったら、19世紀
に入って西洋の脅威にさらされた時、日本と同じように近代化を目指した
とおもいます。

しかし実際は19世紀に入っても李氏朝鮮は相変わらず骨肉の凄惨な権力闘
争に明け暮れ、国家としての体を成していなかった。だから日本によって
近代化がもたらされたという事になれば、美辞麗句で飾られている李朝の
歴史はつじつまが合わなくなってしまいます。

当時朝鮮政府は独立など考えもしなかった。醜悪な中華帝国への忠誠を続け、
中国が欧米列強の侵略にされると、今度は巨大なるロシア帝国につこうと
画策したが、その巨大なロシア帝国が日本に敗れてしまった。

日本は緊迫した世界情勢の中いち早く朝鮮を開国させ独立させなければ今度
は日本がロシアに侵略されてしまうという危機感の中で朝鮮を併合した。
結果朝鮮は日本の統治により多大な発展を遂げ、近代化をもたらした。

しかし韓国の国定教科書では日本の朝鮮併合は、自民族にふりかかった災難
という観点で捉えて教育しています。

このような破廉恥な歴史歪曲と反日策動は韓民族の精神を歪め永久に呪われ
た国から脱することが出来ません。韓国は歴史という大木の根を切り取って
しまった。根をなくした木は必然的に枯れていきます。

「呪われた国」の悲しい終焉が近づいています。


(今日は韓国の「第一、第二」の悲劇を検証しました。次回は金大中の
民族裏切による第三の悲劇を検証してみます)



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。
スポンサーサイト

阿鼻叫喚の韓国社会   8月9日(金)


今日から数回にわたって韓国社会のおぞましい深層をのぞいてみたいとお
もいます。

私は20数年前、中国に進出したのは日本での価格競争に勝つための戦略でし
たが、しかし韓国に進出したのは利益を求めるために出たのではなく、ある
偶然の出来事によって進出してしまったのです。

これらの経緯は過去ブログで詳しく記述しましたので省きます。進出して
直ぐにでも引きたくなりましたが、朴一家を子どもたちも含めて巻き込んで
しまった責任上、無責任に引けなくなってしまったのです。

日本での教育を受けた朴夫妻は日本人を100%信頼していましたが、反日教
育で育った朴一家の子供達は日本人を最初、嘘つきの詐欺師のように思って
見ていました。だから5~6年間はうまくいかず赤字が続きました。子供たち
と言っても40歳の長女を筆頭に男二人と女二人の成人した子供たちです。

韓国の会社はインターネットで日本の化粧品を売ることを主にした商売です。
ネット販売を続けて2年ぐらいになると、いろんな先から声がかかるように
なり、朴一家は色めき立ちましたが、私は「商品の半分を先に代金をいただ
けなければ決して取引してはいけない、これが会社のルールです」と厳命し
ました。

最初に声がかかったのはサムソンの子会社でサムソンの社員を中心に販売を
している保険会社です。朴一家の長男は興奮して日本にいる私に電話をかけ
てきました「天下のサムスンに対して商品代金の半分を先に振り込めとはと
ても言えない」しかし私は「当社の条件を呑まなければ絶対に取引してはい
けない、もし勝手にサムスンと取引すれば今後一切支援もしなければ商品も
送らない」と言いました。

後日談ですが父親の話によれば絶望した長男は酒の臭いをさせながら事務所
にやってきて「日本人はバカだ」と連呼して父親に日本人と手を切ることを
強要したそうです。

父親は冷静に「この会社は日本人の資金と日本人の商品で成り立っている
日本人と離れてこの会社が成り立つはずが無い、出て行くのはお前のほう
だ」と言い放ったそうです。

それから長男は音信不通で、3ヶ月後に暗い顔で事務所にやってきました。
父親の話によれば、その会社はサムスンの社員たちに保険を販売しているが、
サムスンの資本は入っていない、つまり子会社ではないということが分かっ
たそうです。しかも支払いは手形か、あるいは掛け取引は90日ということに
なっています。

韓国マスコミの報道によると、毎年自営業者の50%が事業を放棄したと載っ
ていました。現金化が不可能な紙くず同然の手形、カネが支払われず踏み倒
される売り掛けが、放棄理由の全てだそうです。

韓国での中小企業の60%以上は大企業に従属している納品だけの企業です。
つまり中小企業は大企業の幹部と癒着して納品権を獲得します。保険、事務
用品、旅行業者等、ありとあらゆる雑貨業者などが入り乱れています。

大企業の幹部たちはあからさまに現金を要求し時には日本製の有名ゴルフク
ラブなどを要求します。

大企業の幹部だけではありません。役所の役人が強要する腐敗も多く聞きま
す。例えば納税申告期間が近づいてくると税務署の職員から挨拶の電話が
掛かってきます。これはカネを封筒に入れてもってこいと言う合図です。

信じられないでしょうが銀行から受ける賄賂要求も相当なものです。銀行か
ら借り入れするには支店長へのリベートなしでは不可能です。銀行システム
が無茶苦茶なために支店長は係長クラスの子分を一人抱き込むことで、いく
らでも貸付けの不正をやりたい放題にできます。

銀行の最大の欠陥は、個人と企業の信用情報を持っていないことです。した
がって形だけの担保をとり、保証人を立てます。貸付担当はまるで自分の
カネを貸し付けるような不遜な態度で謝礼金を要求します。

カネを借りた企業が、そのカネで何をしているかについて銀行は全く関心を
持たない。ほとんどの銀行は赤字を出していますが、赤字より大きな問題は
カネが次々と踏み倒されていることです。銀行は毎年不良債権の山を築いて
いきます。

このような銀行が今まで継続できたのは公的資金を毎年注入してきたからで
す。しかし韓国政府にも限度があります。ついにソロモン貯蓄銀行など貯蓄
銀行4行が2013年4月に相次いで破産しました。これにより2011年1月
以降に破綻処理された貯蓄銀行は26カ所に増えました。

2013年7月の夕刊フジが「韓国沈没船から英米金融が続々脱出!国内借漬け
で機能不全か!」と報じています。

しかし4行が破綻して取り付け騒ぎまで起こっているのに、日本では経済紙を
含めたテレビも一切報じていません。誠に不思議なことです。


(この続きは次回にて)



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

狂犬になった韓国   8月2日(金)



韓国はサッカー日韓戦での「歴史を忘れた民族に未来はない」と日本を誹謗
する横断幕を掲げ、また伊藤博文元首相を暗殺したテロリストの安重根の
巨大な幕を観客席に広げました。そのほか韓国出身の評論家で日本国籍を
持っている「呉善花」女史の入国を拒否しました。
また韓国の民間団体が、歴史を改ざんしている日本に資格はないと2020年
東京五輪招致を阻止する運動をIOCや海外メディアに展開しています。

日本に対する韓国の言動や行動の異常性は狂気と言っても過言ではありませ
ん。はっきり言って韓国国民4700万人を完全な虚偽の反日教育によって
キチガイ集団にしてしまいました。

韓国の子どもたちに事実と全く違う虚偽歪曲捏造の歴史を注入して、反日思
想を子供のうちから植え付け日本への憎しみを煽っています。
日本憎しで凝り固まった韓国社会の異常性はもはや修正できないところまで
きています。

韓国では日本憎しを刷り込むために歴史教科書の中で「民族抹殺計画」なる
ものが紹介されており、日本が朝鮮民族を抹殺する目的で数々の蛮行を行っ
たと教えています。

しかし実際は日本の統治により朝鮮は30年余りの間に1000万足らずだった
人口が2500万人に増え平均寿命は24歳から45歳に伸び未開の朝鮮は短期
間のうちに近代的な資本主義社会に変貌したと韓国評論家の金完燮氏は
言っています。つまり朝鮮併合の結果、李朝の暴政で苦しんだ多くの朝鮮人
たちの命は日本によって救われたのです。

韓国の反日はもともと国論をまとめるために60年間一貫して取り続けた
もので、そして日本を口撃することで経済的に多くの援助を勝ち取ることを
目的にした反日でした。

戦後の韓国大統領たちの多くも就任時必ず「過去にこだわらない未来志向
で行こう」と言って日本を喜ばして日本の経済援助と技術協力を取り付けて
きました。

その後も反日カードをチラつかせながら援助の上乗せを図るという政策を
取り続け、そして大統領就任の後半になれば露骨なまでに日本への罵詈雑言
で日本を糾弾してきました。特に金大中、盧武鉉、李明博大統領たちの悪意
の捏造による日本口撃に韓国を心の底から疎ましく思う日本人が増えて来ま
した。

金大中などは日本訪問前に侵略を議論に上らせないことを引き換えに日韓共
同声明において謝罪文を無理やり入れさせ、その上30億ドルの援助の上積み
を手に入れました。このヤクザのような恐喝行為を韓国のマスコミは大勝利
と金大中を讃えました。当時韓国在任中の私は韓国マスコミのあまりのレベ
ルの低さに口あんぐりになりました。

30日の産経新聞で下村博文文部科学相は反日横断幕で「韓国民の民度が問わ
れる」と発言したことに対して韓国外務省は、わが国民に無礼な発言をした
ことに対し、極めて遺憾と怒りをあらわにしました。

下村大臣は韓国サポーターに「民度が問われる」とスポーツ競技でのマナー
に反する行為に対して反省を促したのです。決して「民度が低い」とは言っ
ていません。それなのに韓国外務省は「無礼な発言」と言い返しました。反
日の前に思考停止になっている哀れな韓国外務省は確実に民度が低いです。

反日教育で育った朴槿恵大統領も就任早々、率先して中国に擦り寄り、我が
日本国に対して敵対的な態度を見せています。

彼女は「日本と韓国の加害者と被害者という立場は、1000年の歴史が流れ
ても変わることがない」と発言。「日本が韓国の主張を全面的に受け入れて
いかなければパートナーとなることはありえない」と強調、またアメリカや
中国訪問時の首脳会談でも日本政府に対しては「歴史問題では譲らない」と
言及しました。

その上彼女は日本初代の内閣総理大臣である伊藤博文を中国・ハルピン駅で
暗殺した安重根について韓国・中国両国民にとって尊敬すべき歴史的人物だ
と述べた上で、ハルピン駅に安重根の記念碑を設置するために習近平主席に
協力を要請しました。

従軍慰安婦に続く次の弾がテロリストである安重根とは、ただただ呆れてあ
いた口がふさがりません。日韓併合反対派の伊藤博文を暗殺したから一気に
併合されたという歴史的事実を知らずに世界一間抜けなテロリスト安重根を
英雄扱いしている韓国人は本当に愚かな国です。

「歴史認識」をもう一度勉強すべきは朴槿恵の方です。

韓国新世代の気鋭の評論家である金完燮氏は、李氏朝鮮末期の歴史を公平な
視点から検証し、朝鮮の近代化は日本の支援なくしてありえなかったとして
日本の統治を高く評価。韓国政府がおこなってきた反日教育を支える歴史
認識は誤っていると厳しく批判しています。

韓国の捏造教育で育った金完燮氏は強い反日感情があり、日本が大嫌いで
した。ところが海外旅行の結果彼の日本観が大きく方向転換されます。
とくにオーストラリアには2年近く滞在して、韓国の教科書では知ることの
できない真実の歴史を知り「日本の朝鮮支配は結果的に良かった」という
文章を書いています。

また彼は著書の中で「伊藤博文は、政治的、財政的に日本に負担になる朝鮮
合併を望んでいなかった。合併は一進会など朝鮮の革命勢力が要請したこと
であった。安重根の伊藤暗殺により日本の世論は急速に合併に傾いていった
のだから、安重根は自分が望むのとは反対の「愛国」を実現したわけだ。
と書いています。

また彼は、「20世紀初め、日本統治による徹底した精算がなかったなら、
こんにちの朝鮮半島は世界で最も遅れた地域のひとつにとどまっていただ
ろう。となれば、日本時代は私達にとって幸運であり祝福であったという
ことはできても、忘れたい、あるいは認めたくない不幸な過去だといえる
はずはないのである」と記述しています。

過去の韓国大統領は国内で政府批判が高まれば、いつも国民の目を反日の
問題に向けさせ、ガス抜きをしてきました。しかし捏造教科書で育った朴槿
恵大統領は心底捏造教科書に洗脳されています。

韓国では一般に、歴史教科書に書かれていることは、基本的に正しい歴史感
にのっとたものと理解されています。教科書の内容は国家が決めるべきもの
であり、国家こそが教科書の内容の正当性を保証しているという考えに立っ
ています。だから国民も教科書の言うことを100%信じています。

事実をねじ曲げ反日で国論を統一した病んだ捏造教科書でそだった朴槿恵大
統領は自国の教科書に書かれていることが絶対であり一ミリも疑っていませ
ん。日本憎しの感情に任せて日本から距離を置き、崩壊寸前の野獣国家中国
に近づくなど韓国国民を完全にミスリードしています。

過去の韓国大統領たちの反日は、謝罪と倍賞を求めるための戦術でした。
しかし最近は日本を国際社会から貶め、孤立させるための情報戦略として
過激に変態していっています。


また日本国内での在日朝鮮人の工作は「なりすまし日本人」である帰化した
在日朝鮮人を国会に送り込み2009年朝鮮人政権である民主党政権を発足さ
せました。民主党国会議員の内わかっているだけでも70人は在日朝鮮人と
言われています。

彼ら「なりすまし日本人」は日本を崩壊させるために「外国人参政権付与」
「人権侵害救済法」「夫婦別姓」「重国籍容認」「移民推進」「戸籍廃止」
等、日本解体法案を成立させるために左翼政党と組んで推進させていま
した。

しかし幸いにも2012年第二次安倍政権が発足して日本崩壊の難を免れる
ことができました。朝鮮民主党政権を成立させた張本人はマスコミです。
フジTV、TBS、テレビ朝日、日テレ、NHK,等、朝鮮人の多大な影響下に
あります。

なぜ在日朝鮮人がTV局を乗っ取ることができたのか、以前ブログで詳しく
説明しましたが、ある事件により脅かされ、各テレビ局は在日朝鮮人枠を
毎年2~3名無理やり取らされ、彼らは無試験入社してきました。その人達
が偉くなり在日朝鮮人をどんどん採用しました。結果多くの部署で昇進して
権力を握り帰化した在日二世を理不尽までに優遇する逆差別人事を徹底しま
した。

テレビ局だけではなくメディアを牛耳っている電通までが朝鮮人に乗っ取ら
れました。電通元会長の成田豊は1993年から2010年まで電通のトップに君
臨して2011年82歳で没、彼は生前「私は中学3年までソウルで生まれ育った
為、子供時代の故郷として思い浮かんで来るのは韓国の風景である」と記述
しています。成田は韓国政府から韓国最高の勲章を授与されているというこ
とは、いかに韓国のために裏工作をして働いたかの証明です。


話がだんだんアサッテに飛んでいきますが、日本のために書かずにはおれま
せん。最初、日の丸・君が代に反対し、反国家、反皇室、反靖国に熱心な人
たちを社会主義的な価値観を持った左翼の人たちだと勘違いしていました。

しかし日本の左翼の8割までは「なりすまし日本人」であることが分り納得
しました。でなければ日本人に生まれながら日本をそむき、日本国を非難し、
日本国の過去と現在を攻撃するなど考えられません。

自分が生をうけて育てられ守られている自分の国を重んじるのは、最も自然
な人間の道であるのに、そのかけがえのない自分の国を、こともあろうに
悪しざまに罵り、日本国を衰退させるために運動するなど絶対に日本人で
はありません。間違いなく「なりすまし日本人」です。

これらのことがはっきり分かったのは、千葉大学名誉教授である清水 馨八
郎氏の発行している「國民新聞」において小沢一郎は済州島出身と題して、
土井たか子、福島瑞穂、菅直人を在日認定する記事をネットで見たからです。

菅直人のように「国歌・国旗」を認めようとはせず、日本人拉致の実行犯の
辛光洙の釈放嘆願に署名し、日本人拉致問題関連団体へ民主党の資金6250万
円を政治献金し、その他在日韓国人からの献金など、このような男が日本人で
あるはずがない。



(今日はダラダラと長くなってしまい申し訳ありません。「なりすまし日本人」
の日本弱体化工作を書けばきりがありません。次回もこの続きを書くつもり
です。最後まで読んでいただいて有り難うございました。)




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。