スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖の在日枠     5月30日(月)


28日の夕方6時頃何気なしにTBSの「報道特集」を見ていました。
そこには一人の僧侶が北朝鮮に招かれ、北の高官たちとの会談の模様が
放映されていました。

まず不思議なことは、北朝鮮と日本の交渉のチャンネルが途絶えている
にもかかわらず、何故一人の僧侶が招かれ、その場面をTBSのカメラを
回すことができたのか?何故TBSテレビが北朝鮮に入り取材できたの
か?

その会談の席で北朝鮮の高官は、福島原発事故で放射能が北朝鮮に降り
注いだと日本の責任を追求して、大げさに咳き込んでいました。

そしてこの坊主はTBSのインタビューで「北朝鮮の人たちは親切だった、
悪いのは戦前の軍人で日本人は悪くないと言っていました」と感激して
喋っていました。

このレベルの低い坊主は「悪いのは軍人で、日本人は悪くない」と言う
セリフは日本人を懐柔さすための朝鮮人や中国人の常套手段であること
が分かっていません。

このTBSの番組は明らかに北朝鮮の意向に従って取材しています。
そしてこのニュースの意図する目的は、朝鮮総連の土地・建物が整理
回収機構に仮差押えされた公判中の事件で日本人に「朝鮮総連の土地・
建物の競売は違法であり、差別である」と思わせるための明らかな
宣伝工作です。

TBSテレビは北朝鮮とその手足になっている朝鮮総連の指示通りに
従って取材し、その目的を隠す為に「この僧侶に北朝鮮が託したメッ
セージは意外なものだった」という意味のないナレーションを流して
視聴者にその世論誘導をさとられないように、巧妙に番組を作って
います。

この犯罪組織である朝鮮総連は拉致事件をはじめとする日本国内に
おけるスパイ活動、不正送金、麻薬、拳銃売買など、数多くの犯罪に
朝鮮総連関係者が深く関与していることは周知の事実です。

このような犯罪組織に手を貸すTBSテレビも明らかな犯罪グループの
会社といわれても仕方がありません。

それでは何故TBSテレビが北朝鮮の指示で動くのか?
1960年頃、テレビの放送で朝鮮人に対して侮蔑的なことをうかつにも
言ってしまった事に対して朝鮮総連から会社及び経営幹部にたいして
脅迫的な抗議行動がくりかえされ、自宅にまで押しかけるしまつ。

朝鮮総連の手打ちの条件は採用枠に在日朝鮮枠を数名設けること、
恐怖を感じていたTBSはそれ以降、無試験入社での在日の採用が毎年
続くことになった。もちろん在日朝鮮人たちは日本戸籍をとり日本名で
入ってきます。いわゆる「なりすまし日本人です」。

その在日社員が昇進して主要な報道番組のプロデューサーや報道局長
など1980年以降、決定的な権力を持ったポストをしめはじめました。

この脅迫で味を閉めた朝鮮総連は各局のテレビ局をTBSと同じように
因縁をつけて脅し、在日枠を設けさせたのです。NHKも同じです。

テレビ局だけでなくテレビ局を動かすことの出来る広告代理店にまで
この在日枠を設けさせたのです。そして電通のトップにまで「なりす
まし日本人」がなってしまいました。

各局のテレビ局、広告代理店を支配した「なりすまし日本人」は韓国
制作のドラマを洪水のように流し、日本人を洗脳していきました。

「なりすまし日本人」が多くを占める民主党が政権を取るまでのテレ
ビ局の自民党叩きを思い起こしてください。偏向報道、捏造報道、など
まともな報道機関とは思われません。

この人達はテレビ、広告代理店、新聞、一流企業、政治家など日本の
中枢に入り込んで日本を弱体化させていきます。

あなた達は日本で生まれた日本人のはずです。どうして日本人と同化
しないのですか?朝鮮の血が流れていても時が経てば日本人です。
日本国を壊しても何の得にもなりません。

早く日本人になって、日本国を愛して下さい。




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。
スポンサーサイト

連銀バーナンキの失敗    5月27日(金)


前回はユーロ圏の危うい模様を書いてみました。今回はアメリカの中国
潰しが結果的にはブーメランのごとくアメリカを危うくさせてしまった
ことについて推測してみます。

昨年アメリカは量的緩和策で巨額のドル余剰資金を作り毎日10億ドル
の投機資金をアメリカから中国に流入させました。このことについて
各国の経済学者やメディアは、「中国が人民元を切り上げたくなる状況
を作る為である」と言っています。

しかしこの説明では一面をついていますが、これではアメリカの本心を
説明していません。中国が人民元を上げてもアメリカのメリットはあま
りありません。

アメリカの赤字と人民元は直接関係がないばかりか人民元が切上げら
れても貿易赤字の解消はごくわずかであり、経常赤字解消には何の意
味もありません。

アメリカの軽工業や雑貨などの製造大手の70%が中国に進出してい
ます。結果大手小売業の雑貨商品のほとんどは中国製品です。シアーズ
・ローバックなどは店頭に並んでいる製品の90%が中国製品で占められ
ています。

ということは人民元が切り上がれば当然単価が上がってきます。アメリ
カ国民は結果高い買い物をしなければなりません。だからアメリカは
人民元の切り上げは本心ではありません。

アメリカは中国が必死でドルペッグを維持すると読んでいます。中国側
はドルペッグを維持するために連銀のドル大増刷に合わせて人民元を
大増刷しています。

アメリカの狙いは人民元を増刷させることによって、中国のインフレを
悪化させることにあります。インフレが高まれば高まるほど、中国国民
の不満は高まっていきます。つまり中国国民の爆発に火をつけることが
アメリカの狙いなのです。

すでに1990年代半ばから生活苦に耐えかねた農民たちの万余の決起は
つづいていますが発泡に躊躇しない武装警察によって力で抑えこまれて
全国的な広がりを見せていません。

アメリカは中国大乱の後押しをして中国の自滅を待っています。

しかし実際には連銀のドル大増刷に合した人民元の増刷によって中国
は巨額のドルを手に入れたのです。そして中国は巨額のドルを途上諸国
やBRICS諸国の資源開発やインフラ整備に投資しています。その事に
よってアメリカ中心の世界体制が中国によって覆されてきました。

中国は世界の途上国に融資した資金の総額は1100億ドル以上になり、
世界銀行の融資を上まっています。そして多くの石油利権が、アメリカ
から中国に移ってしまいました。

中国の自滅を意図した連銀バーナンキの愚かな大失敗です。

しかしアメリカが苦労しなくても中国経済は自然に崩壊していきます。
中国が抱える市場の幼児性や、外国企業の撤退と外国投資の激減、各地
の暴動、貧富の格差、水の枯渇、砂漠化、等々などこれらを解決する
術を中国共産党は、持っていません。

社会主義の頭で国際社会のルールや市場経済原理を理解しないで暴走
してきたツケが、そろそろ廻ってきます。

結局アメリカのドルじゃぶじゃぶ政策は中国を太らしアメリカの覇権が
失われることに繋がっていることに、連銀バーナンキはもうそろそろ気
がつかなければいけません。




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

ユーロ圏が危ない     5月25日(水)


欧州単一通貨ユーロ圏(17か国)の全ての国が金融危機の後遺症で
あえいでいます。昨年4月以降、ギリシャ、アイルランド、ポルト
ガル、ここに至ってスペインも危うくなってきました。

17か国が単一通貨と共通の金融政策を持つなど、いずれ破綻すること
は当たり前の事です。何故なら各国の経済・財政状況など格差があまり
にも大きすぎます。

ギリシャなどはユーロ圏に加入する前からすでに破綻している国です。
財政を無視したバラマキ政策や公務員の優遇政策、なんせ国民の
5人に一人が公務員の国です。その上富裕層の脱税が常習化されていて、
有名な海運王であるオナシスなどは税金を払ったことがないそうです。

このようなひどい国になったのは「全ギリシャ社会主義運動」という
左巻きの政権が以前長く政権を維持していたからです。

EUとIMFが巨額の援助をしましたが、焼け石に水です。再びギリシャ
は年内に財政再建に向けた追加措置を講じる必要があると欧州委員会の
レーン委員が言っています。

ギリシャは輸出が1対して輸入が3もあります。観光だけで持っている
国です。財政再建は100%無理です。

結果好調なドイツは財政悪化国の救済でユーロ圏の3割近い負担を強い
られています。ドイツ国民は「なぜ他国の財政赤字をドイツ国民の税金
で負担しなければならないのか」と怒っています。

しかしドイツ国民はなぜドイツ経済が絶好調なのか分かっていない。
共通通貨ユーロが出来る前をちょと考えれば直ぐに答えが出てきます。

ユーロが出来る前のマルクは景気がアメリカなどよりよくなると、直ぐ
にマルク高になり輸出競争力が減退していました。ところが弱小国家
たちと抱合せの共通通貨ユーロを作ったために結果的に常にマルク安と
同じ効果になり恩恵を受けることができたのです。

2010年ドイツのGDPの成長率 が3.6%も伸びたのはユーロのお陰
です。だからドイツは欧州の弱小国家たちの面倒を見てユーロ圏を
維持することは決して損なことではないのです。しかしそれも限度が
あります。

これだけ次から次へと救済を仰ぐ国が出てくればさすがのドイツも
堪忍袋の緒が切れます。ドイツ国民の間で「マルク回帰論」が出てく
るのは当然の結果です。

それではもしドイツがユーロを脱退したらどうなるか?マルクは
直ぐに暴騰してドイツの輸出産業は壊滅的打撃を被ります。そして
ドイツが抜けたためにユーロは暴落します。

ドイツの輸出の40%は欧州周辺国、ユーロで買われています。価値の
下がったユーロでマルクが高くなって商品の値が上がったドイツ製品
を輸入することは当然激減します。

ドイツにとって行くも地獄、退くも地獄、ドイツはユーロ圏を維持
する以外道はありません。ということはドイツ経済が息切れしたとき
ユーロと欧州に真の危機が訪れます。




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

韓国人は病んでいる     5月23日(月)


「韓国議員が国後へ」という新聞報道みて一日中気分が悪くなりました。

韓国の議員がロシアのビザで北方領土に入ることは、ロシアの領土と
認めることになります。日本の固有の領土でそのような行為は日本の
主権を踏みにじる不当な行為です。

韓国という国はどこまで日本の顔に泥を塗れば気が済むのか、竹島の
不法占拠や日本の教科書の記述内容に反発するなど、とても許せる事
ではありません。

戦前から戦後、世界最貧国の韓国をどれだけ助けてやったか、ここでは
いろいろ数えていまさら恩を売るつもりはありません。韓国人は人の
優しさや恩に対して仇で返すしかできない、哀れな人たちなのです。

過去日韓で何か問題が生じると、日本人がどんなに誠実に対応しようと
しても、いきりたつ韓国人の前には、まるで無意味です。それどころか
彼らは誤解と、偏見と、悪意、捏造と、憎悪だけが際限なく増幅され、
なにが何でも、日本が悪いという図式にしてしまいます。

こういう国と真面目に付き合っていくことは不可能です。

アホらしくて、馬鹿らしくて今さら韓国人を分析する気も起きませんが、
日教組(なりすまし日本人教師)に刷り込まれた日本人たちの為に真実
を書き留めておきます。

日教組の教師たちは「李氏朝鮮時代は朝鮮の人々は幸せに暮らしていた。
そこえ日本人が侵略して征服し搾取した」「朝鮮は古来独立国家だった
が、大日本帝国に初めて侵された」と韓国で捏造された教科書通り子供
たちを洗脳してきました。

15年くらい前にソウル市の西大門区にある「独立門」を訪れたことが
あります。ソウル市民もその所在をほとんど知りませんし、多くの
韓国人は、独立門を日本からの独立の象徴だと錯覚しています。

そもそも独立門は清の使節を迎えていた迎恩門を取り壊して、わざわざ
同じ場所に清からの独立を祝って建てたものです。その独立も日本が
日清戦争に勝って朝鮮を清の支配から解き放ったというのが史実です。

一緒に行った韓国人の高官にこの独立門の歴史的な説明をしました。
ところが彼は、キョトンとして「中国から独立?」「それは間違って
いる」「清国の植民地だった事実などない」「朝鮮は元々自主独立の
国であった。一時的に日本に統治されたが1945年に韓国は独立した」
と自信たっぷりに言い切りました。

ところが皮肉にも案内板に「自主独立の決意を固め、中国からの使者
を迎えるために使われていた迎恩門を取り壊した跡地に建てた」と
日本語で堂々と書かれていました。

あまり深く追求すると彼のプライドを傷つけ韓国での商売を邪魔され
たら困りますので、直ぐにこの話は打ち切りました。

そもそも迎恩門というのは清からの使節を迎えるための門で、使節が
来るたびに朝鮮王はこの門で土下座して、清の使節を迎えたとされる
屈辱的な門なのです。

韓国人の全ては捏造された歴史教育で、「日本が清からの独立に貢献し
たとか、近代化に貢献したとか、そういう真実は一切教えずに、逆に
日本が全て邪魔をした、日本さえ邪魔しなければ、我々の朝鮮はもっと
いい国だった」と教えられています。

ところが海外に出た多くの韓国人が、日本の素晴らしい統治時代を絶賛
する西洋の学者の著作に触れて目覚めていきます。

日本は韓国を併合後も遅れた朝鮮半島を日本内地と同じ水準に引き上
げるために多くの投資を行い、その結果、日本統治期間の朝鮮は全世界
で類例がないほどの高度成長ができたと西洋の学者たちは絶賛して
います。

それでは何故韓国人は歴史を捏造してまで反日教育をしなければなら
なかったのか、政治を抜きにした心理面から分析してみます。

韓国人は千年の長きに渡って中国に卑屈なくらい隷属してきました。
その鬱屈した心理を、どこかに転嫁して、代償させなければ惨めに
なるばかりです。

そこで、たえず、自己より劣位の存在として、ある民族を想定して
おくことで、かろうじて精神のバランスを保つことができる。その
対象を直ぐに謝罪してくれる日本人にしたのではないかと推測します。

歴史によれば韓国は2000年の間に960回も異民族に侵略され、歴代
の中国の王朝である唐、宗,明、モンゴル人の元、女真族の清、にも
必死に戦うこともなく簡単に隷属しています。

こうした歴史の中で、民族的なアイデンティティーを保ち続けるのは
容易なことではありませんでした。

だから民族のプライドを保つためには、日本に対して悪意の捏造しか
なかったのだと思います。

韓国人が、真実の歴史が今を映し出す鏡だと分かったとき、本当の
成熟した国になるとおもうのですが、現実を見れば韓国という国が
存続する限り永遠に無理なような気がします。




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

みにくい世銀ニュース    5月20日(金)


世界銀行は17日発表した報告書で2025年の国際通貨体制は、「ドル
とユーロに人民元を加えた3基軸通貨が中心になるとの見方を示した。
東日本大震災で停滞する日本に変わり、中国など新興市場の存在感が
高まるとの見通しだ」(5月17日世銀ニュース)と述べています。

この世銀ニュースの発信は世銀上級副総裁である中国人ジャスティン・
リンです。彼はその中で「2025年までに世界経済の成長寄与の半分以上
は、新興国(中国、ブラジル、インド、インドネシア、韓国、ロシア)
によるものとなり、国際金融システィムが単独の通貨により支配される
事はなくなるだろう」と言っています。

この発言は明らかに現在の米ドル基軸通貨体制に異議を唱え,中国の
存在感を高めようと、国際政治上の掛け引きで言っています。

中国の周小川人民銀行総裁は以前からドルに変わる新基軸通貨構想を
IMFの特別引出権(一種のバスケット通貨)を通常の決済に使用して
いき、徐々に基軸通貨としての地位を確立していくと提唱しています。

はっきり申し上げます。三大通貨から円が外れて人民元が入ること
など100%あり得ません。

世界は中国経済を過大評価しすぎです。中国がGDPで日本を抜いて2位
になったと言いても、一人当たりにすれば日本の10分の一であり世界
の100位前後です。

その上中国はWTO加盟後もイミテーションの野放しに見られる知的財産
権保護の欠如など自由貿易のルールを全く守らない国です。

通貨がハードカレンシー(国際決済通貨)であるための条件は、国際的
に信用があること、国際的な銀行における取引が可能なこと、あらゆる
場所での換金が可能なこと、高度に発達した為替市場と金融・資本市場
をもつこと、対外取引が容易なこと、それと一番重要なことは国の
社会ソフトが充実していることです。つまりまともな国であるかどうか
ということです。

この中に中国に当てはまる項目は一つでもありましたか?

この項目の当てはまる国の通貨は、ドル、ユーロ、円、ポンド、カナダ
ドル、スイス・フラン、などです。特にドル、ユーロ、円を指して世界
三大通貨といいます。

サブプライムローンの破綻で金融危機に陥り弱体化したアメリカですが
米ドルの基軸通貨としての地位は全く揺るいでいません。

基軸通貨として米ドルの負担の一部を肩代わりしていたユーロもギリ
シャ問題その他の国でつまずきましたが、当分ユーロに代わる基軸通貨
は見つかりません。

日本は東日本大地震で世界に報道され日本弱体化が過剰に言われていま
すが、地震・津波による日本のGDPの落ち込みはわずか3~4%ぐらい
です。2~3年で直ぐに取り戻せます。

世界に進出している日本企業の総数は5万6430社と言われていますが
実際はこの倍はあるといわれています。日本は工作機械や先端部品など
高度工業技術の開発を受け持ち、労働集約型の製造業は、低賃金の中国
や東南アジア、インドへ移転させています。

中国の商品輸出の80%は中国に進出した外資の働きです。しかも商品輸
出のほとんどは日米の企業にコントロールされています。だから高度の
部品は、日本からの輸入を続けざるをえません。

つまり中国は「世界の工場」ではなく「世界の下請け工場」なのです。
ということは世界の下請け工場の国の通貨である人民元が基軸通貨など
になれるはずもありません。厚かましすぎます。

それに国という裏付けのない人民元が世界で通用するなど恐ろし過ぎ
ます。世界の貿易や金融市場が無茶苦茶になってしまいます。

日本は東日本大地震で傷がついても以前と変わらず日米が世界経済の
根幹を担っています。

言っておきますが世界銀行への出資額は日本は、米についで2位です。
その上2010年4月に世銀の増資に答えて2,5兆円も出資額を増やしてい
ます。IMFに対する出資額も米についで2位です。麻生政権時に資金が
枯渇したIMFに10兆円も出資しています。

その割に日本人の高官が世界に対して発信したなど聞いたことがあり
ません。日本人はこのような世界会議の席でもあまり発言しません。
世界の高官たちから物の言えない枯れ木だといわれています。


(長くなりました、最後に前回の橋下知事を応援した私のブログで、
少し気になるコメントを頂きました。橋下氏は憲法改正に反対であり、
外国人地方参政権に賛成している政治家であると言っていますが、私の
記憶では橋下氏は、改憲派だし、核保有を肯定すると言っています。
外国人参政権については「かって日本の領土下にあった朝鮮および台湾が
独立する以前から日本本土に移住していた在日韓国・朝鮮人・台湾人及び
その子孫に限って外国人参政権を容認している。ただしそれ以外の外国人
の参政権に関しては絶対反対」としています)




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

悪臭の発生源「日教組」    5月18日(水)


大阪府の橋下徹知事は「国歌不起立に処分基準」「入学式や卒業式での
国歌斉唱時に起立しない教員は辞めさせる」と胸のすくようなたんかを
切ってくれました。

教員らは「起立しなかったのは思想・信条に基づく行為で強要するのは
人権侵害」と反発しています。

そもそも卒業式や入学式で国旗、国歌に敬意を払わない教員たちの尊大
な態度は何なのでしょうか。イデオロギー以前の礼儀作法の問題です。

教師だけは思想信条を公でも自由に唱えられ、生徒の前でルール無視の
行動をとっても良いのですか?これでは、まるで「ならず者集団」とし
か言いようがありません。

世界中のどこの国でもで「自国の国旗を掲揚し、国歌を斉唱する」こと
は当たり前のことです。「君が代不起立」運動を展開する日教祖の先生
たちは本当に日本人ですか?

アメリカでは卒業や入学式だけでなく毎朝胸に手を当てて「私はアメリ
カ国旗に忠誠を誓います」と暗唱させます。国歌が演奏されれば立ち上
がって脱帽させます。これが世界の常識です。

先生たちの目的は子供たちに日本人と日本人の歴史を嫌うように仕向け
日本人の自尊心、誇りなどを陰に陽に損なう工作を続けることが仕事で
すか、ということはあなた達もやっぱり「なりすまし日本人」だった
のですね。

我が国家と民族を解体することを目的にしている「なりすまし日本人」
が社会主義的な価値観を後生大事にしている左巻きの先生たちを取り
込んで「平和」「人権」「平等」の名のもとに、この国を売ろうと
しています。

敗戦国日本に今日まで害毒を流し続けてきた「反日的日本人」「なりす
まし日本人」、「売国奴」たち、このいやらしく、けがらわしい日教組
の連中の隠された生態と出自をあぶり出さねばなりません。

日教組という悪臭の発生源を根絶やしにしなければ、日本の健全な明日
への出発点が確保されることは永遠にありません。

大阪府の橋下徹知事殿、腐っている日教組、メディア、法曹界をあなた
の鋭い舌峰と正論で打倒してください。大阪府民だけでなく日本国民の
多くが貴方を応援しています。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。



日本は資源大国     5月16日(月)


「資源メタンハイドレート 採取へ実験装置導,新エネルギー確保の
切り札」(5月14日夕刊 産経新聞)

未来のエネルギー源に浮上しているメタンハイドレートは、現在、世界
各国が先を争って開発競争を繰り広げています。しかしまだ生産技術が
確立されておりません。

日本は当初、経済産業書が平成13年度に「メタンハイドレート資源開発
研究コンソーシアム」という長い名前の開発機関を立ち上げ南海トラフ
で試掘が行われ、総額政府予算500億を費やしたが成功に至っていません。

唯一の救いはこの資源が眠る海底74万平方キロを日本の大陸棚として
いち早く国連に申請したことです。

日本は世界に先駆けて開発に着手。中国、韓国も国家プロジェクトとし
て巨費を投じて日本を猛追、韓国は7年後の商業化を宣言しています。
しかし日本近海にはメタンハイドレートがかなり多く埋蔵されているが、
韓国の領海内にはあまりありません。

その上メタンハイドレート関連の特許出願件数で、日本の世界シェア
が64%と突出しています。勝ち目がないと見た韓国はアメリカに共同
ボーリング作業を打診、「アメリカ側から了解を得た」と大々的にアド
バルーンを上げていますが少々疑わしいです。

アメリカはすでにメタンハイドレートの陸上試験生産プロジェクトに
着手しました。韓国はこのアメリカのプロジェクトに韓国企業が参加
できるようにさかんにプッシュしています。

韓国は例によって「日本は竹島の周辺の資源を狙っている」と反日
議論を噴出させています。

大陸棚を含め日本近海のメタンハイドレートの資源量は1996年の時点
で日本で消費される天然ガスの約96年分が眠っています。商業化に
成功すれば日本はエネルギー大国になる可能性を秘めています。

幸せなことに日本海に埋蔵されているメタンハイドレートは我が国の
領海に集中しています。中国もイチャモンをつけたいのですが,イン
ネンをつけられないくらい日本よりになっています。

しかしヤクザ国家中国が指を加えて眺めているなど考えられない。
尖閣諸島の領有問題や例の海底ガス田開発(春暁)で脅しと嘘でまるめ
こんだような国際ルールを無視した行動に出てくる可能性があります。

日本は2008年3月カナダで行われた実験で「減圧法」による採取に成功、
同8月バイカル湖で清水建設が北見工業大学やロシアの研究機関と共同
で表層のメタンハイドレートからガス採取に成功しています。

そしてついに14日の産経新聞記事に載っていました。「産業技術総合
研究所が世界初となる大型実験装置を導入」採取実験装置の断面図と
写真まで掲載されています。

私が心配していることは産業技術総合研究所は日本国の公的研究機関
です。現在の民主党政権は中国や韓国の利益のために働いている「なり
すまし日本人」の政府です。ということはせっかく開発した技術をこの
両国に裏から渡してしまう可能性があります。

以前 麻生政権の時「ならず者国家中国」は、国連の海洋資源管理
委員会が開催された時とんでもない要求を突きつけてきました。

①海洋資源開発にかかる日本の有する科学技術の開示
②日本側EEZにおける埋蔵資源の情報開示
③日本海全域への閉鎖海条項の適用
当然日本は呆れて拒絶しました。

しかし在日韓国人から違法献金されていた菅直人なら採取技術をこの
両国に渡してしまうのではないかと恐れています。

バレてもこの男は「メタンハイドレート採取技術は地球のため人類のた
めに公開すべきである。判断は歴史に任せる」と平気で言いそうです。




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

韓国には李登輝はいなかった    5月13日(金)


前回は、「台湾慕情」として日本による統治時代に台湾の社会的基盤が
構築されたことを正しく評価する教科書づくりに取り組み、子供たち
に真実を教えた偉大な李登輝氏と当時アジア一の鳥山頭ダムを建設した
八田與一氏について書きました。

同じように日本に統治されながら、なぜ台湾と韓国との間で日本に対
する感情の表れに大きな違いが生じたのか、それは韓国の子供たちが
反日を目的とした捏造・歪曲の歴史教科書によって育てられたからです。

「親日派のための弁明」の著者である金完燮氏は「韓国人は幼い時から
学校や家庭で、あるいは社会をつうじて、様々なやり方で捏造された
歴史を学びます。これによって韓国人は日本統治時代とは、あらゆる
朝鮮人が日本人の奴隷として生き、搾取されて死に、追い出された時代
だったという認識をもつに至ります」と述べています。

金完燮氏は「私の日本観において決定的な方向転換がなされたのは海外
旅行の結果である。特にオーストラリアに2年間滞在することによって
朝鮮の開国期と日本統治について、一方的に歪曲された歴史認識から
徐々に抜け出す事ができた」と著書の中で述べています。

つまり彼は海外の歴史書を見たことによって歴史を歪曲しているのは
日本ではなく韓国であると認識したのです。

彼は著書の中で「日本の統治により朝鮮は多大の発展をとげた。30年
余りのあいだに1000万足らずだった人口が2500万人に増え、平均寿命
は24歳から45歳に伸び、未開の農業社会だった朝鮮は短期間のうちに
近代的な資本主義社会へと変貌した。本土からは優秀な教師が赴任して
朝鮮人を教育し、日本政府から莫大な資金が流入し、各種インフラが
建設された」といっています。

そして彼は「日本時代は私たちにとって幸運であり祝福であったという
ことはできても、忘れたい、あるいは認めたくない不幸な過去だといえ
るはずはない」とまで言い切っています。

台湾が蒋介石によって北京語と捏造歴史教育という手段で台湾の世代を
分断したように韓国も歪曲された歴史教育によって戦前の世代と戦後の
世代が分断されたのです。

日本も狂った日教組によって「戦前の日本は悪」「戦後の日本は善」と
世代を分断し、そして日本は戦争犯罪を犯した侵略国家だった。日本
が平和なのは平和憲法のお陰である。軍隊をもたず戦争を放棄すれば
平和になるという幼稚な言葉で子供たちを洗脳してきました。

韓国は歪曲された歴史教育で反日になり、日本も「植民地支配と侵略に
よってアジア諸国の人々に多大な損害と苦痛を与えた」との一方的な
歴史認識を植えつけることによって反日的日本人を育てました。

李登輝氏は、「日本は戦後の教育の方向を取り違えてしまった。八田
夫妻が今でも台湾の人々によって尊敬され、大事にされる理由に、義を
重んじ、誠をもって率先垂範、実行する日本的精神が脈々と存在して
いるからです。日本を数千年の長きにわたって根幹からしっかり支えて
きたのは、そのような気高い価値観や道徳観だったのではないでしょ
うか」といってくれています。

また李登輝氏は日本の左翼が叫ぶ「非武装中立論」を根拠のない幼稚な
安全保障の考え方だと断罪しています。

金完燮氏は「日本の東アジア進出は、西洋帝国主義の侵略とはちがって、
搾取と収奪が目的でなく、革命と近代精神を伝播しようとの意図が前提
となっている。日本帝国は朝鮮と台湾で民衆を抑圧する旧体制を清算し、
近代的な法の統治を実現させた。その結果日本が統治する地域の住民は
文明の洗礼を受け、より人間らしい暮らしを享受できた」と言って
います。

また金完燮氏は「日本は多くの偉業を成し遂げ、人類の歴史に多大な
貢献をした国である。このように輝かしい歴史を持っている日本が、
一度戦争に負けただけで、自らの歴史にプライドを持てず、自らを虐げ
ている現実は悲しく、もどかしい」とまで言ってくれています。

日教組のやってきた国家否定の教育によって、祖国罵倒、日本と日本人を
卑しめ、辱め卑屈にする言論を吐き続けてきた文化人や学者たちは一度
李登輝氏や金完燮氏の本を読んでください。

日教組の邪悪なマインドコントロールは今日も無心な子供たちに掛け続
けています。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。






台湾慕情     5月11日(水)


「ダム建設 八田興一記念公園完成」という小さな新聞記事が目に
止まりました。台湾に世界有数の鳥山頭ダムを建設した八田與一氏
の功績を知っている日本人はほとんどいません。

日本の歴史教科書には出てこないが、台湾では歴史教科書に載せられ
ています。

八田與一氏が設計した烏山頭ダムは当時アジア最大のダムで、水路の
長さは万里の長城の6倍以上になり、干ばつに苦しむ台湾南部を一大
穀倉地帯にし、お陰で台湾での米生産量は4倍以上になりました。

八田與一をたたえる記念公園の完成式典が8日、台南市で盛大に開催
され、馬英九総統が出席して「台湾が日本に割譲されたのは歴史の
悲劇だが、日本が台湾を統治した50年に重要なインフラ建設があり、
貢献は無視できない」

「八田氏をたたえることは植民地支配を美化すると批判があるが恩讐
を分ける態度が必要だ」と述べ、そして最後に「私は日本の最良の
友人」と言い切りました。

日本人の馬英九氏に対する認識は「親中反日反台」です。なんせ馬英
九氏は尖閣諸島問題で「領有権を守るために、日本と一戦も辞さない」
と発言し、日本による植民地統治にも厳しい評価を下しています。

ところが馬英九氏は、時折従来の強硬な姿勢を軟化させつつあるような
発言をしますが、私はあまり信用していません。

馬英九氏の祖籍は中国湖南省であり、香港の九龍で生まれています。
中山奨学金の給付生としてハーバード大学博士課程を修了、在学中は
留学生を監視し、民主化運動について国民党に報告するスパイ活動に
従事していたと言われています。

帰台した馬英九氏はエリート階段を駆け上がり2008年ついに中華国民
総統に就任しました。

戦後台湾は中国本土から逃げてきた蒋介石のものになり、日本が50年
にわたって営々と築きあげてきた膨大な資産は全て蒋介石が率いる中国
国民党のものになった。

当時台湾は日本人の統治ですでに近代国家になっていました。そこえ
中国から国民党軍がやってきたのです。やって来たみすぼらしい中華
民族を見て台湾人は絶句しました。

文字の読み書きも出来ず、電気も水道も知らなかった。どこへでもゴミ
を捨て,法の意識が全くなく、略奪も詐欺も殺人も当然とばかり行う、
治安も衛生事情も極端に悪化、国民党は自分たちを「外省人」と呼び
元々の台湾人を本省人と呼んで差別し、日本語を禁止して北京語を
公用語としました。

そしてついに台湾人の不満が爆発、2.28事件が勃発、大陸からやって
きた国民党軍はアメリカの援助でもらった機関銃を台湾人に向け無差
別に乱射、特に知識人の根絶を狙った計画的虐殺でもありました。

その後国民党は台湾人を中華民族化するための洗脳教育を徹底的に
進めた。大陸から来た為政者たちが、自分たちのみすぼらしい歴史を
知られるのを恐れて、日本統治時代を否定する教育で台湾の子供たち
を洗脳しました。

ところが日本で教育を受けた李登輝氏が88年台湾人として始めて総統
になり「教科書改革」に懸命に取り組みました。つまり捏造された教
科書をすて台湾の真実の歴史を子供たちに教えたのです。

当然そこには日本統治時代の後藤新平や新渡戸稲造,八田與一等の
功績を正しく評価する内容が載っています。

そして90年以降の真実の教科書で育った台湾人は親日派になっていった
のです。馬英九氏は捏造された教科書で育ち真実の歴史を知らなかった。

ところが李登輝氏の影響を受け徐々に現在の台湾の近代化は日本統治
の恩恵だという真実を知ったのではないかとおもわれます。

だから日本による植民地統治に厳しい評価を下していた馬英九氏が
八田與一氏の偉大な功績を知ることによって台湾の恩人として認め
記念公園を作ったのだと考えられます。

この続きは次回にて



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

真の敵は誰か!    5月9日(月)


菅直人首相は浜岡原子力発電について運転停止を要請しました。差し
迫った危機が生じたわけでもなく、また専門機関に諮った形跡もない。

この菅直人の「どす黒い真意」についてお寄せいただいた多くのコメ
ントを拝見して、勉強させて頂きました。いずれにしましてもこの男の
原発停止要請は日本を守るための行動ではなく。日本を弱体化させる
ための確信的行動であることは明らかです。

このことによって中部地域の製造業に大きな打撃を与えることは確実で
あり、そして全国の自治体にも停止要請の波紋が広がり、住民の恐怖を
煽り、浜岡以外でも運転停止を求める住民運動が活発化していきます。

今後テレビのワイドショウに左翼の要請を受けた原子力専門家と称する
評論家が原発の恐怖を語り、「深刻な事態になってからでは遅い」と
住民の決起を促します。つまりすでに帰化人に乗っ取られているテレビ
局を使って国民を原発停止に抵抗出来なくさせていきます。

まさに「なりすまし日本人」である民主党の狙い通りになっていきます。

仙谷由人官房副長官は、NHKの番組で「浜岡以外の原発停止を求めない」
と言っていますが、政府が求めなくても原発を受け入れてきた住民たち
の原発停止運動が全国的に広がっていきます。

その上仙谷副長官は「私どもはエネルギー戦略、政策は原発を堅持する」
と白々しい大嘘をついています。

元々反原発の左翼政治家が「原発を堅持する」など本心ではありません。
このような二枚舌を使って自分たちの立場を守りながら裏から反原発の
住民運動をバックアップしていきます。

今回の原発停止問題で政府は「人命尊重」や「国民の安心と安全」と
いう一見誰も反対できない絶対正義に見える抵抗出来ないフレーズを
使っていますが、左翼が国民を間違った方向にリードする常套句です。

最終的には原発を無くして代替えエネルギーに変えていく事は正しい
方向ですが、まだ代替えを用意しないうちに原発停止を強行すれば日本
経済は間違いなく疲弊し、力のある企業は外国に逃げ出して行きます。
日本という国を崩壊させる左翼得意の「崩しの思想」です。

左翼政治家が必ず使う「住民の意志を尊重します」「国民の皆様がおっ
しゃることは必ず実行します」というネコなで声に騙されてはいけない。

「なりすまし日本人」の大部分の政治家が、決して「日本をよくしよう」
という理想から活動しているのではなく、「憎たらしい日本をどうした
ら国民の目から分からずに弱体化させることが出来るか」という動機に
支配されているという事を分かってください。

今の日本で「愛国心」「国家」「勇気」「犠牲」「家族」「絆」という、
きわめて大事な言葉が輝きを失って、根本のところで、ひじょうにおか
しくなっています。

そして左翼は「正義」「人権」「平等」「民主主義」「地球市民」
「環境」といった理念的な美辞麗句で国を解体し、浸食し、国民から
国家観を無くし、人間の品位や誇りというものをそぎ落としていきます。

こうした左翼の常套句であるきれいな言葉は 日本人と日本国家を切り
離して、心を荒廃させ、日本人の絆を壊します。

しかし今回の東北大地震によって日本人は無くした物を取り戻しました。
それは気概をもって、ことに臨む心意気です。

多くの東北の人々は、一瞬にして家族や財産を無くしましたが、悲しみ
を心に秘めて毅然と、凛々しく、誇りをもって立ち上がりました。

もういい加減に、中国人や韓国人に媚び、操られ、われわれ日本国民の
全てを、貶め、蔑み、罵り、卑しめている「反日的日本人」は誰なのか、
しっかり目を凝らせば見えてきます。

日本のすみずみまで無責任体制を蔓延させた左翼たちの偽善と罪は
許せるものではありません。




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

国を売る人々   5月6日(金)


日本の左翼主義者を取り込んで政権を握った「なりすまし日本人」に
ついて数回に渡っていろいろ考察してきました。

今日は左翼の価値観でしか物を見れない日本人について考察します。

純粋の日本人でありながら、我が国を非難し弾劾する売国奴を育てたの
は、日教組や朝日新聞と我が国の言論界の人たちです。

日本の政治が危うくなり始めたのは、日教組教育を注入された世代が
政界の指導層に就くようになってからです。

この政治家たちは中国や韓国が先の大戦にまつわるさまざまな言い掛か
りをつきつけてきたとき、その言い分を無条件に受け入れて、まるで
痛みを感ずること無く全面的に認めてきたのです。

この人達の愚かなところは、中国や韓国の言い掛かりが正規の外交
ルートを通じての公式な申し入れでなく、単に一方的な放言で日本国を
攻撃するいわゆる不快の意を憎々しげに表明したり新聞でわめきたてた
りという手口に簡単に謝罪したことです。

自民党を中心に名前をあげれば、河野洋平、橋本龍太郎、加藤紘一、
山崎拓、福田康夫、細川護煕、田中真紀子、野中広務・・・と枚挙に
暇がない。

なぜこの政治家たちは野蛮国の恫喝に無条件で頭を下げ、相手側の言
い分を全面的に認めてきたのか?

つまりこの愚かな政治家たちは日教組教育によって、先の大東亜戦争は
日本にだけ非があると教えられ、多大の罪悪感を持つように注入されて
きたからです。

その上、新聞、テレビ、進歩的文化人である言論界が中国や韓国・朝鮮
の立場に立って、彼らの言い分を増幅してがなりたてる代理人となり
マトモな一部の政治家の口を封じてきました。

新聞とテレビに大変弱い我が国の政府は、新聞、テレビの論調に言い
なりになって世にも恥ずべき謝罪外交へと傾いて行ったのです。

つまり新聞も言論界も同じ日教組の日本弱体化プログラムを注入されて
育ったからです。

特に朝日新聞におけるマスコミ犯罪は日本の恥であり万死に値します。
朝日新聞の文化大革命礼讃は有名、ところが実体が大量虐殺であること
が分かっても、反省も謝罪もせずに今度は北朝鮮礼讃に走りました。

朝日は北朝鮮のプロパガンダである「労働者の天国」「地上の楽園」
「差別もない」「貧困もない」「自由もある」という言葉を信じて
「北朝鮮は良い国だ」「拉致行為などしているはずがない」という
方向へ世論を誘導していったのです。

小泉首相によって拉致犯罪が露呈し、北朝鮮の地獄が暴かれても朝日が
謝った形跡はまるでありません。それどころか「北朝鮮は犯罪国家」
だと告発していた拉致被害者の家族たちを「障害」呼ばわりする始末。

朝日はこのような捏造と妄想記事を平気で書き、日本人を洗脳してきま
した。以前ある雑誌で朝日新聞の主な捏造の年表を見てジャーナリスト
としての良心のかけらもない新聞だと思いました。

このような日本人を卑しめ、辱め、卑屈にする記事を書き続ける新聞が
未だに読売新聞に次ぐ2位であり800万部の発行部数を誇っているとは
あきれ果てます。

朝日のように情報操作で世論を動かそうとすることは最大の「犯罪
行為」です。彼らはイデオロギーに毒され狂った「バカ」なのか、
それともやっぱり「なりすまし日本人」なのか?

日本人はもういい加減に朝日のような売国奴新聞や日本に害毒を流し
続ける著名人たちを排除しましょう。

そして先生たちは子供たちに誇りを持ち続けられるような歴史教育を
して、子供たちに愛国心と誇りを持って事に臨むことが出来る、気概
を持った人物に育ててください。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。




「国難」への気構え 5月4日(水)


国民の祝日である5月3日を憲法記念日であると認識している人が
はたしてどれくらいいるのでしょうか?新聞は取り上げますが、テレビ
は全く無視しています。

今日の日本のテイタラクは自民党の党是である憲法改正が出来なかった
ことが全てであると言っても過言ではありません。

なぜ自民党はうたを忘れたカナリヤになってしまったのか?憲法改正を
忘れ、首相が靖国神社参拝も行わない自民党では、民主党とさして変わ
らなくなった。それなら美味しそうなバラマキを公約している民主党に
一回やらしてみようという気に国民をさせてしまった。

国民は、まさか民主党が日本解体を目論んでいる帰化人政党であるなど
夢にも思わなかった。

なぜなら民主党の党首であった鳩山由紀夫の祖父である鳩山一郎が社会
主義政権を阻止せねばならないという思いから自由党と民主党を保守
合同させ、憲法も改正しようとする使命感をもった政治家だったから
です。

まさか皮肉にもその孫である鳩山由紀夫が政権を取った後日米同盟破棄
を目論んだ動きをし、東アジア共同体の目標を掲げ中国・韓国と通貨統
合して大量の中国・韓国人の往来を自由化、「日本列島は日本人のもの
でない」と言い出すしまつ。

このまま民主党政権が続けば、中国人や朝鮮人が大量に流れ込み、治安
は乱れに乱れ日本文化は破壊され、日本民族は確実に消滅していきます。

それでは鳩山由紀夫とは純粋の日本人だろうか?巷の噂では由紀夫は、
父である鳩山威一郎の妾(中国人)の子であり 元人妻で強奪した妻は
在日朝鮮人だとする未確認情報が流れています。そういえば弟である
鳩山邦夫氏(現在無所属)とはまるで似ていない。

この不仲で有名な兄弟は日本国憲法については改憲派のはずですが、
なぜ兄の由紀夫が変節したのか、由紀夫が出自にまつわる怨念から日本
を憎悪して日本解体に手を貸し始めたのか?

憲法施行から64年が経過しました。この憲法が日本の牙を抜き、二度と
立ち上がらせないという米国の戦略であることが多くの人々の共通認識
にも関わらず、戦後長く反米を唱える左翼の人たちが護憲派として憲法
改正に反対してきました。

護憲派リーダーの多くが日本壊滅を狙っている「なりすまし日本人」に
間違いありません。でなければあまりにも稚拙で狂った頭の持ち主です。

憲法は道徳や正義の為にあるのではない、日本国の国益のため日本人を
守る為に存在するものです。

しかし国民は憲法前文の「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
我々の安全と生存を保持しようと決意した」とのとてつもない空虚な
言葉の魔術に日本人は幻惑されて安心してしまった。

日本の周辺を取り囲んでいる「ならず者国家群」中国、北朝鮮、韓国、
ロシアのどこに公正や信義があるのですか?

第9条の「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は
これを認めない」と手足を縛り上げられては、自衛隊は全く機能でき
ない。日本人は座して死をまつのですか?

自らの国を自分で守れず、国際社会の共同行動にも参加できない日本で
良いのですか?増大する「ならず者中国」の軍事的脅威を前にして果た
してそれで良いのだろうか?

戦後体制の象徴である憲法の前提は、やりたい放題の「ならず者国家群」
を前にして音を立てて崩れています。

それでも護憲を看板にして第9条を片手に平和を説く人たちは断じて
日本人ではありません。明らかに日本壊滅を意図している「なりすま
し日本人」です。

東日本大震災で帰化人民主党は日本国民の生命・財産を守る気がまっ
たくないことを見せつけました。

日本人はこの国難を乗り越えて日本再生をはかるためにまず憲法改正の
狼煙を上げましょう。

そして もういい加減に「人権」「平和」「平等」「格差社会」などを
言い立て、「国民生活が第一」など選挙民に媚びた笑いをする帰化人
政治家を排除しましょう。

一瞬のうちに飲み込んでしまった巨大津波のなかで、まともな国家が
いかに必要で大切であるかを天は教えてくれたのです。

今こそこの国難を前にして「日本人としての誇りを持って」立ち上がり
ましょう。

「坂の上の雲」の有名な書き出しである「まことに小さな国が、開花期
をむかえようとしている」という言葉が私の頭の中で繰り返し鳴って
います。

この小さな国が未来永劫生き長らえるために、外から内から侵略され
ないためにまず当たり前の憲法を作りましょう。国民がその気になった
とき司馬遼太郎の「まこと小さな国が、開花期をむかえようとしている」
という言葉がイキイキとよみがえってきます。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。




日本人の油断    5月2日(月)


私はこの拙いブログを続けて早4年が過ぎようとしています。当初は
中国の危険性を訴える事が主な目的で始めました。しかし書き続ける
うちにむしろ真の敵は外ではなく内にあることが分かってきました。

その邪悪な敵は左翼の仮面をかぶった「なりすまし日本人」であるこ
とがはっきりしてきました。その「なりすまし日本人」が左翼思想
に毒された日本人を取り込んで日本国の弱体化を推進してきたのです。

私が何故そのように感じたかと申しますと、日本の左翼だけが、戦後
長く自分の祖国を罵倒し、歴史をさかのぼって祖国の歩みを、暗黒で
あった、罪悪であったと、ひたすら論じたててきたからです。そこに
は愛国のカケラも見ることが出来ません。

世界各国の左翼主義者には、祖国をまるごと憎み、祖国の歴史をまる
ごと罵るようなそんな愚かな左翼主義者はいるのでしょうか。日本の
左翼だけが、祖国を憎み、祖国の歩みを悪しざまに罵り、国民を軽蔑し、
祖国を平気で外国に売ってきたのです。

世界の左翼主義は階級闘争の敵である資本家を憎みますが、祖国に対し
ては熱烈な愛国者です。祖国への愛が強いからこそ左翼主義者になった
のです。

なぜ純粋の日本人が他国の利益を重んじて他国の代弁者となり、自分の
国の大切な国益を損ない、国を売ることが出来るのか、凡庸な私には
長く分かりませんでした。

最近やっと民主党や社民党、公明党などの政治家の多くが「なりすまし
日本人」であることが分かり謎の一部が氷解しました。

いままで日本国民の多くは左翼に対する警戒心が強く、左翼的な価値観
が日本社会の根幹を動かすような力を持つことはありませんでした。

ところが左翼の仮面をかぶった「なりすまし日本人」が日本国を弱体
させる目的で、社会主義的な価値観を後生大事にもっている日本人を
「反戦」「平和」「人権」「環境」「民主主義」といった、一見誰も
反対できないような理念的な言葉で仲間に引き入れ、権力を掌握して
しまったのです。

資金は人格なき社団である民団や総連といった在日朝鮮人の利益のため
に動いている団体や在日朝鮮人企業からから援助を受け、さらに中国
から援助・指導を受け、そしてあからさまに外国のための政治を始めだ
したのです。

日本国の首相でありながら我が国の国旗と国歌に反対し、北朝鮮の工作
員を救うために嘆願署名し、日韓併合に謝罪するような男が日本人で
あるはずがない。

その上、誰が考えても日本国民が不利になると分かっている「外国人
参政権」「人権救済機関」をオールマイティに実現できる危険な「外国
人住民基本法」や外国人に日本人と同じ権利を与える「複国籍(重国
籍)」などの法案を推し進める政党が純粋の日本人でしょうか?

「なりすまし日本人」の政治家たちが幼稚な理想主義者である左翼を
取り込み、韓国、朝鮮、中国、在日朝鮮人たちに有利になる法案を通し、
そして教育、企業、メディア、企業に入り込んで日本を動かし始めて
います。

我々日本人がこの帰化人政治家たちを追い出せる武器は選挙の一票しか
ありません。今回の大地震と津波で「なりすまし日本人の」の仮面の下
が少し見え始めてきました。

しっかり目を凝らして彼らの言動と行動を注視してください。彼らは
イデオロギーに毒された「バカ」ではありません。日本を弱体化させる
目的を持った確信犯です。

日本および日本人を徹底的に弱体化しようとしている帰化人政治家たち
との長い長い戦いがこれから始まります。

日本人は60数年、砲弾やミサイルが飛び交うような戦争は知らないし、
飢餓の体験もない、自由にものが言える世の中に育ってきて何の苦労も
知らない、故に心底油断してしまった。

その結果国民は多くの失敗をしてしまった。

八百万の神様は今回の地震、津波、原発事故などで日本人の怠惰と油断
を叱り、「失敗はつまずくことでない、つまずいたままでいることだ」
ということを教えてくださった。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。




著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。