コラ!左翼達、いい加減にしろ


最近の日韓関係に関する文章は全て「最悪の局面を迎えようとしている」と
書かれています。しかし日本にとって最大の幸運はアメリカ大統領がトラン
プ氏になったということです。

そして中国や韓国のいう近現代史のウソがばれ、世界的にも彼らの歴史歪
曲捏造が白日のもとに晒されてきたことです。

以前親日で最近では韓国のしつこいプロパガンダの言い分に理解を示してい
たグリーン氏さえ「日韓関係の悪化の責任は韓国側にある」と指摘しています。
またオーストラリアからインドまでの、アジアのほとんどの国は日韓関係の
悪化は全て韓国の責任であり彼らの傲慢さにあると言っています。

つまり日韓の諸問題は一方的に韓国の日本に対する外交カードであり、際限
なく賠償や補償を要求し続ける手段である。特に文在寅になってから際立っ
て顕著だということを欧米先進国も分かってきました。

特にレーダー照射事件など韓国の日本への無法、無謀、レベルの低い言い
訳には各国では呆れられています。この事件によって韓国は長年日本を貶
めるためにプロパガンダに大金をかけてきたことが無駄に終わりそうです。

これにより、今まで韓国に同情的だった世界は愛想を尽かし、慰安婦問題
や徴用工問題などのは、日本を屈服させ、賠償金・補償金を取り立てること
が目的であることを分かってきたようです。

世界の歴史上、隣接する国家は常に対立してきました。ヨーロッパではドイ
ツとフランス、イギリスとドイツ、またイギリス自体ではイギリスとアイル
ランドなど色々ありますが、しかし日本と韓国の対立に対しては欧米は過去
その理由を全く理解していませんでした。

つまり欧米は1,910年の日韓併合による36年間の統治時代を日本による
悪辣な植民地支配のせいで韓国は恨んでいると思っていました。

なぜなら欧米は日本の韓国併合と自分たちの植民地政策を同類と思ってい
たからです。しかし欧米の植民地政策は黄色人種を人間として扱わず、奴隷
のように強制労働をさせる過酷な制度でした。この植民地支配によって列強
は莫大な富を得ましたが、住民は身も心もボロボロにされてしまいました。

日本が韓国を併合した事と、自分たちの残酷な植民地政策を同じ視点で見
ていたのです。

しかし朝鮮は日本の統治によって多大の発展をとげた。30数年のあいだ
に人口は約2.5倍にふえ、平均寿命は24歳から45歳に伸び、未開の農業
社会であった朝鮮は短期間のうちに近代的な資本主義社会へと変貌した。

当時の朝鮮は右軍の司令官であった李成桂が中国明から遼東半島を回復
するために10万人の軍勢を率いて進軍中に、事もあろうに敵である明に寝
返って平城に引き返してクーデターを行った。当時の朝鮮高麗は、外敵と
通じた裏切り者によって滅びる。そして李成桂は李氏朝鮮を創建して明に
臣下の礼をとり、韓国は再び中国の属国に成り下がってしまった

このおぞましい李朝は約500年間も日本が韓国を併合するまで続いた。
李氏朝鮮は骨の髄まで腐敗しきっていた。権力に座った者が、暴虐の限り
を尽くし、人命も、道徳も顧みることがなかった。このような政権のもと
では、強盗か、窃盗か、狡猾者か、卑怯者しか生存できなかった。

民衆は、生き残るために、ウソと、裏切りと反社会的な利己心を組み合わ
せて生きるほかなかった。このようなおぞましい社会が500年にもわたって
続いた事によって朝鮮人の精神を歪めてしまった。その上朝鮮族が千年以上
にわたって尊んできた仏経を徹底的に弾圧し、朱子学を国学として迎え入れ
た。そのために朝鮮族は仏経の持っている慈悲の心と正直さを失って人間の
心をなくし、獣になってしまった。

120年以上前に福沢諭吉が「脱亜論」の中で「中国と朝鮮は、日本と精神性
が全く違う」「この2国が国際的な常識を身につけることを期待しても意味
がない」「日本は、中国や朝鮮と絶縁し、欧米と共に進んだほうがいい」「中
国や朝鮮にただ隣国だからといって特別な親しい感情を持って接するのは間
違いである」といっています。

また伊藤博文は1905年の保護条約に基づいて、朝鮮が日本の保護国になる
と韓国統監府の初代統監となり、李完用と共に朝鮮の近代化を進め、1,000
以上の学校建設を推進し義務教育に力を入れた。

明治日本の対韓政策から伊藤博文の言葉を抜き出してみます。
「韓国人の誰が、自ら、その独立を主張したのだろうか?そして、韓国人の
誰が自ら、韓国の独立を承認したのだろうか?あるならば聞きたい。韓国人
は数千年来、固有の独立を有していたと主張するが、なぜそのようなウソを。
つくのか」「日本は出来るだけ、韓国を独立させようとしてきた。しかし韓
国は遂に独立出来なかった。そのため、日本は日清・日露の二大戦役を開く
羽目となった。その結果として、日本は韓国を保護国とした。
「自分は、本当に日韓の友好を深めるために、誠心誠意尽くそうとしている
しかし韓国は一体何をしたのか?陰謀以外の何をしたというのか?戦争中は
横を向いて知らぬ顔をしていたではないか」「日本は韓国の陰謀を断ち切る
ため、韓国の外交権を日本に譲れと主張した。日本の指揮監督がなければ、
健全な自治と外交を遂行できないから」

伊藤博文の韓国に対するイラつきが感じられる文章です。このあと朝鮮併合
の案が出てきますが、朝鮮人の人格を知り抜いている伊藤博文は徹底的に
反対します。しかし愚かなテロリスト安重根が射殺し、伊藤博文の生涯はそ
こで終わります。

暗殺されたことにより、日本の世論が激高し、一気に朝鮮併合がすすみます。
この安重根の行動が結局の所、朝鮮併合を勧めたことになることを考えれば、
安重根を英雄視し、義士などと呼んで祭り上げる韓国人の神経は、全く理解
不能です。

韓国にとって伊藤博文は韓国近代化の基礎を築いた大恩ある人です。日本
の統治による徹底した精算がなかったなら、こんにちの朝鮮半島は世界で最
も遅れた地域の一つにとどまっていただろう。となれば、日本時代は韓国人
にとって幸運であり祝福であったということはできても、忘れたいあるいは
認めたくない不幸な過去だと言えるはずはないのである(金 完燮氏)

つまり朝鮮人は日本に足を向けて寝れないくらい大恩を受けたのです。

ところが韓国の歴史教科書の中では「日本は貧しく文化も遅れた後進国であ
り朝鮮がいろいろ教えてあげたことで成長した国」ということになっています。
しかし李朝時代の朝鮮半島と徳川時代の日本は、隣国であったにもかかわ
らず、まったくといってよいほど異質な国を形成していた。

当時の江戸時代の日本は、金鉱を有し、公益をし、学問・教育・文化・芸術
に恵まれ「世界一の繁栄」を極めていたということを韓国人は知らない。

その当時のソウル・ロンドン・パリが糞尿にまみれた不潔な衛生環境だった
のに対し、日本は清潔に保たれた都市環境と犯罪の少ない統治をしていた
ことが後に海外からも高く評価されるようになった。

1,801年のロンドンの人口が約86万人、1,802年のパリで約67万人だった
この時代に江戸は1,725年の時点で約102万~112万人が生活する大都市で
した。それに比べて李朝の歴史が悲惨を極めたものであったにもかかわらず、
韓国国定教科においては美辞麗句で飾られ、民衆は乞食同然の生活をして
いたのにほとんどと言ってよいほど触れられていない。

日本が韓国を併合する前の李朝時代のおぞましい様子を英国夫人(イザベ
ラ・バード)の見た李朝末期について「朝鮮紀行」として書かれています。
「ソウルは、そのお粗末さは実に形容し難い。住民は主に迷路のような道の
『地べた』で暮らしている」 その他いろいろ書かれているが、長くなるの
で次の機会に、

つまり少し考えれば分かることだが、朝鮮は世界一の貧乏だっただけでなく
技術も資源も何もなかったのだから日本の力なしに急成長などできるわけが
ない。何もなかったのに借金だけあったから併合を望んだのだ。

あばら家で雑穀を食って風呂に入る習慣ももたない乞食のような生活をして
いた韓国が、たった数十年でビルが立ち並ぶ街に住み米を主食に清潔な環
境で暮らすなどある意味奇跡的であるが、それは日本の努力によるものです。

しかし韓国はその恩を忘れ「昔から豊かで知性に溢れた文化先進国だった」
と国民を洗脳して「現時点で日本に遅れているのは日本の侵略のせいだ」
「日本の悪辣な植民地支配せいだ」と世界にカネを使って宣伝してきた。

この韓国側のウソを日教組の教育や日本のメディアリードしてきた進歩的文
化人等によって「罪悪史観」「暗黒史観」として戦後の日本人を教育してきた。
最近やっと学者以外の進歩的文化人および野党の議員たちや朝日新聞・
NHKなどは、目立たぬようにそっと左翼の仮面を外し韓国・中国に少し批判
的になってきました。

簡単に言えば史実は、日本だけが近代化し、中国・韓国や他のアジア諸国は
近代化しなかっただけのことです。たとえば李王朝は、日本がどのように申
し入れても近代化しなかった。それが日韓併合に繋がったわけです。

左翼はこれが侵略であり、その結果日本は「孤立した」というならば、日本
は李王朝のように近代化しなかったほうが良かったというのか。
韓国のように、中国のように、フイリピンのように、ミャンマーのように、
近代化の努力を一切せず、さすればオランダの支配を受け、フランスの支配
を受け、イギリスの支配を受け、アメリカの支配を受けたほうが良かったと
言うのか?

馬鹿な左翼達よ、空き地であった満州へでていき、空き地であった台湾を割
譲され、そしてロシアが狙っている韓国を保護するために併合したことを侵
略だというのか?

馬鹿な左翼達よ、近代日本史を当時の国際情勢を踏まえずに日本の行動の
事実だけを見て日本は欧米列強と一緒になってアジアを侵略した悪い国とし
て叩くのはもういい加減にしろ!

馬鹿な左翼達よ、自分の国を愛さない者は卑しい、自分の国の国民を大切
にしない者はいやらしい、自分が生を受けて育てられている自分の国を重ん
じるのは、最も自然な人間の道であるのに、そのかけがえのない自分の国を、
こともあろうに悪しざまにののしる者を、いったい誰が信用するか!

福はうち、左翼はそと



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります








大韓民国転覆   2月6日(水)


久しぶりに韓国の社長から電話をもらった。社長の娘の婿がLG電子
(LGグループの中核をなす総合家電、情報通信メーカー。 韓国電機業界で
は サムスン電子 に次ぐ大企業)婿の父親がそのLGの重役という恵まれた
家庭ですが、最近、娘婿はLGを離れてシンガポールの会社に入ったらしい。
LG重役の父親は6年前にすでに引退しています。

娘が二人の孫を連れてシンガポールに行ってしまって寂しくなったと韓国の
社長から愚痴を聞かされました。この社長は日本生まれの韓国人で、信頼で
きる人なので韓国の会社の社長になってもらっています。その後この会社を
彼に譲って私は関係を全て絶っています。

彼は私の影響で真実の韓国の歴史をよく知っています。だから韓国政府や
韓国メディアの情報を全く信用していません。

彼は、私の著書である「コラ!韓国いい加減にしろ」と「近現代史の旅、真
実を求めて」を何回も読み返したそうです。しかしこの知識を韓国内で披露
することはありません。ただ彼の妻と妹(彼の会社の重役)には薄く浅く語
りますが、彼女たちには固く口止めをしているそうです。危険だからです。

文在寅が大統領になってから、うかつなことが言えなくなったそうです。
特に日本にかける電話は盗聴されている可能性があるいうことで私は韓国
情報が聞けなくなりました。だから彼は韓国会社の成績と、私の体の具合を
心配することぐらいであまり話すことも無いようです。

しかし今回の電話で彼は最後に「あれだけ韓国メディアを信用していなかっ
たのに朴槿恵前大統領に対するメディアのバッシングを私は全て信じてし
まった。朴槿恵は完全に左翼のでっち上げにはめられた」と言って悔しそう
に電話を切った。

この件について調べる術もなく、放置していましたが、たまたま旅の途中
新幹線の中で読むために「HANADA」の3月号を買いました。以前は「WILL」
をたまに買っていましたが「HANADA」という雑誌は初めてです。その中に
西岡力氏の文章を発見、その中で韓国社長が思わず発した「朴槿恵はハメ
られた」という言葉に符合する文章が載っていました。

その文章とは「メディア・ウオッチと邊氏は2016年秋、突然、朴槿恵大統
領に対する非難が高まったとき、その口火を切ったテレビ局JTBCが取り上
げたタブレットパソコンが偽物だというキャンペーンを行った。JTBCは朴
槿恵大統領の友人である崔順実氏が使っていたタブレットパソコンの中に、
朴槿恵大統領が不正に送った国政に関わる秘密文章があり、朴槿恵は崔氏
にアドバイスをもらっていたと大々的に報道。他の大手マスコミは全てそれを
事実であるかのように後追い報道して朴槿恵を追い詰めた。
ところが邊氏らの調査でそのタブレットが崔氏のものでなく、崔氏はそもそ
もタブレットを操作するやり方さえ知らなかったという驚くべき事実を突き
止めた」

文在寅大統領の父親は脱北者で、彼のルーツは北朝鮮です。北朝鮮を敵と
思っていた朴槿恵大統領を姑息な手段で追いやり、自ら大統領になることで
南北統一という地獄の選択をしようとしている。つまり韓国人は北の工作員
を大統領にしてしまった。

文在寅は日本や米国のお蔭で、それなりに繁栄している韓国という国家の
継続性を断ち切り、野蛮な独裁国家を維持し、いまなお人権を抑圧している
中国や飢餓に悩む北朝鮮に近い国に作り変えようとしています。
彼はなんという危険で誤った選択をするか!

反日・反米のための狂信的な愛国主義にひたり、現実が見えていません。

安倍首相もトランプ大統領も文在寅が北朝鮮の工作員であることは認識済
みです。ということは文在寅が常に口で言っている「北朝鮮の非核化」など
トランプをたぶらかせる大嘘であることを既に分かっています。

文在寅が北朝鮮に見せた一体感は、民族的情緒を示すものです。こうした
情緒がいかに現実を無視した思考であるか、韓国人はいち早くこの愚かな
大統領を排除しなければ、韓国という国が亡くなってしまいます。

文在寅は大韓民国そのものを転覆させようとしていますが、GLもサムソンも
「大韓民国転覆事業」に参加するつもりはないようです。現在ひたすら海外
に移転することばかり考えています。

もし韓国が自由民主主義体制でなくなれば、「自由の最前線」の防衛を日本
が肩代わりしなければならなくなります。つまり核兵器と長距離ミサイルを保
有し、2百万以上の大軍をもつ韓半島と日本は直接対峙することになる。

韓国と日本の国境線が走る玄界灘は幅60キロと狭い。この地理的環境の中
で敵対関係となれば、その国境に相応な軍事力を配置する必要がうまれます。

日本にとってこうした事態が国家存亡に関わる脅威であることを日本国民
全員が共有しなければならない、早急に安倍首相殿、日本国民のために、
命をかけて憲法改正をやり遂げてください。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります











日韓は宣戦布告無き開戦  1月30日(水)


自民部会で岩屋毅防衛相は「日韓の防衛協力を未来志向で進めるよう真摯
に努力したい」と述べ、レーダー照射問題では「根底には信頼関係がある」と
答えています。

この人は全く現状が見えていない。安倍首相殿、岩屋防衛相を解任してく
ださい。日韓の未来志向の関係発展をうたった「日韓パートナーシップ宣
言」を小渕恵三首相と韓国の金大中大統領が平成10年に発表してから20
年となる。ただし、韓国は未だかって一度たりとも未来志向の行動を取った
ことがない。

竹島領有問題、慰安婦問題、徴用工、日本海呼称問題、自衛艦旗「旭日旗」
レーダー照射等、これら全ては韓国側による言いがかりである日本は100%
間違ったことをしたことがない。日本に際限なく賠償や補償を要求し続け
なおかつ国際的に日本を貶め、悪い国に見せるための手段です。

韓国が図に乗って次から次へと因縁をつけてくるのは岩屋防衛相のように、
「未来志向で進めるよう真摯に努力したい」とか、馬鹿にされているのに
「根底には信頼関係がある」などといえば韓国側はますます日本をなめて
きます。国益に反する防衛相の態度には迷惑千万です。岩屋防衛相は
日韓の過去をもっと勉強してください。

ほかにも韓国側の「過去志向」の動きは多い。日韓両政府は平成27年慰
安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」に合意し、国際社会で互いに非
難しないこととしたが、文在寅大統領は9月の国連総会で「韓国は日本軍の
慰安婦被害を直接経験した」と言及するなど嘘つきの詐欺師そのものです。

その他、元徴用工による訴訟など解決済みの戦後補償問題を蒸し返すなど
もってのほかです。また自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を求められたが、
韓国の要求は国際常識に照らせば「著しく礼を欠く行為」です。

日本の国民は、韓国の呆れた言動につくづく愛想が尽きたというより、
もっと激しい嫌韓や排韓の怒りが噴出しています。特に超党派の日韓議連
の売国連中が「もっと大人の対応」という発言には腸が煮えくりかえります。

最近米国では日本と同じく「韓国疲れ」「韓国にはうんざり」という声が広
がっています。文在寅政権に対する不信が米韓同盟の将来を疑うところま
で根深くなって来ています。(デイリー・ビースト新聞、カーク記者)

この記事でカーク記者は、文在寅大統領が金正恩政権への経済協力など融
和政策を進めており、その政策は北朝鮮の非核化を目指すトランプ政権の
政策を骨抜きにすることになると指摘しています。

このように文在寅は、非核化よりも北朝鮮との軍事緩和や経済交流を優先さ
せています。文正仁教授(延世大学)は、ウオール・ストリート・ジャーナ
ルの記者に「米韓同盟は長期的には解消すべきかもしれない」と発言して
います。またニューヨーク・タイムズに、文政権に近い「韓国Expose」が
「米韓同盟解消論」を論文として寄稿しています。

これではっきり韓国の本音が見えてきました。トランプも韓国が敵国であ
ることがはっきり分かったと思います。

韓国は、米国を離れて未来などありません。韓国民は馬鹿なリーダーを選
んだものです。文在寅大統領は本当に馬鹿です。

彼は、10日の記者会見で三権分立の原則を強調して「日本も同じでしょう」
と言い放った。しかし国内の司法の判断があれば国家が対外的に負う義務
が免除されると言うなら、国際法も国際秩序もあったものでない。こんなセリ
フを一国の大統領が言うとはあまりにもレベルが低すぎる。

しかも最高裁の長官は、文在寅が地方裁判所長から引っ張ってきた人物です。
つまり長官は文在寅の言いなりになるように仕組まれています。どこが三権
分立ですか!一国の大統領が三権分立の意味も知らないで偉そうに「日本
も同じでしょう」とは、彼の頭は幼稚園児なみか!

70数年前のしかも、国際法的にも道徳的にも全て解決済みの問題をむし返
して日本に賠償を要求してくるとは、まったく日本をナメ切っています。
韓国に対しては「目には目を」です。今後一切の配慮を捨てて、攻撃に転
ずるべきです。

このようなレベルの低いリーダーを持った韓国人は本当に不幸の極みです。




3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります








韓国文政権とは関わってはいけない  1月7日(月)

謹賀新年
今年は、新たな御代に変わる年です。しかし世界は激動の真っ只中。

明日の世界で何が起こるかを知る者こそは、明日の世界の勝利者となること
を約束される。これはビジネスの世界での鉄則です。ビジネスだけでなく、
戦争や外交の世界でも同じことです。ところが日本の政治家は全く明日が見
えていません。長年、悪魔の中国に手を貸し、嘘つきの人格障害者の韓国を
甘やかした結果、日本は無駄な苦労をさせられています。

それにしても日本の政治家の劣化ぶりには呆れてものも言えない。去年12
月、開く必要もない日韓議員連盟と韓日議員連盟との合同総会がソウルで開
かれた。額賀福志郎ら代表団はこの日、文在寅大統領と会談した。今問題に
なっている「個人請求権は消滅していない。両政府で解決の方法を話し合っ
ていきたい」という文在寅の話を全く反論もせずに有り難く拝聴して帰って
くるとは、ア~!このようなアホな政治家を国民の血税で養っているのです。

韓国の無軌道や横暴に日本人は堪忍袋の緒を切り、多くの日本人は嫌韓
感情が噴出しています。

韓国の嘘つき、居直りの態度は常軌を逸している。まるで小学生の言い訳
です。レーダー照射問題で、韓国側は最初「レーダー照射はしたけど発表し
ないでほしい」「悪天候、視界不良で、遭難船を捜索していた」「捜索中に
日本の哨戒機が威嚇して低空で上空に入ってきた」「やはりレーダー照射し
てない」と、二転三転するグダグダの反論を繰り返していました。

日本は韓国側のウソを暴くために動画を公開しました。それについて韓国は
あわてて「一方的な動画公開は深刻な外交的欠礼」と断じ、「安倍首相は国
内政治に利用しようとむしろ葛藤を煽ったのは嘆くしかない」と批判していま
す。防衛省はレーダー照射当時の映像を公開したことに関して、韓国国防省
は「威嚇的な低空飛行」をしたとして逆に謝罪を求める声明を発表しています。

28日昼のNHKニュースであたかも、韓国の発表どおりに「韓国海軍の上空
を海上自衛隊P1が低空飛行しているかのような写真を発表しています。
これは、明らかな合成写真です。そもそも哨戒中のP1哨戒機が車輪を出して
いるはずない。こんな韓国側の合成写真を使用したNHKはやっぱり在日に
乗っ取られている売国報道局です。

動画をみると、これまでの日本防衛省の説明とはまったく矛盾がない、韓国
の反論・説明がまったくデタラメだったことは明白です。

こういう時に、防衛省がマスコミを通さずにYouTubeで直接映像を公開す
るのはいい方法です。従来は役所の情報を独占することでマスコミは優位性
を保っていたが、このように役所が直接情報を発信するようになればNHKや
、左翼放送局のようなメディアはまったく用なしになる。

映像公開につい左翼マスコミは、「韓国が更に反発して、日韓関係が悪くな
ると岩屋穀防衛相や閣内で反対していたが安倍首相のゴリ押しで急きょき
まった。これでは日韓関係が更に泥沼化する恐れもある」など安倍首相を悪
く書いている左翼メディアは明らかに在日に乗っ取られている売国メディア
です。

さらに1月4日の記事によれば、レーダ照射という無礼を犯しているにもか
かわらず韓国は反論動画を公開した。それに対して自衛隊幹部は「何の新味
もない。映像のどの部分を根拠にPI哨戒機が韓国側の救難活動を妨害した
と主張しているかも不明だ」と指摘しています。

これら全ては過去やってもいないことに謝罪を繰り返し、穏便に済まそうと
韓国を甘やかした結果韓国をつけ上がらせてしまった。

2019年は、今までのような日本の弱腰の外交姿勢を安倍首相によって改
める事ができる最後のチャンスです。そのためには命をかけて憲法を改正
することを期待しています。

しかしいずれにしてもこのような嘘八百を並べる捏造大国韓国を、相手に
しては行けない。韓国に何を言っても無駄です、すべて関わらないことです。

バカらしくて、アホらしくて、もうこんなどうしょうもない国とは断交しま
しょう。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります



哀れな韓国人 12月12日(水)


韓国のブログを書くたびに気分が滅入ってしまいます。

徴用工訴訟問題で、韓国の民法は「被害者が損害を意識した日から3年、
不法行為があった時点から10年で損害賠償を請求できる権利が消滅する」
と法律で決めているにもかかわらず、控訴審の裁判所が「国家による強制労
働のような人権侵害に対しては時効を適用すべきでないという判断を提示し
た」

韓国には法律が決めたことでも政府の意向次第で「時効が過ぎていない」と
相反する判断を決められるなら、もはや法治国家ではありません。たんなる
未開の野蛮国家にすぎません。韓国に対しては正論や決められた法律など
意味をなしえません。

韓国とは今後一切交渉をしても意味がありません。彼らの主張するインネン
に対しては無視しましょう。

我々日本人は、韓国とは同盟国であると思っているから対等に付き合って来
ました。韓国が困ったときは多大の金銭援助や技術協力をしてきましたが、
恩を感じない獣の国には今後一切関わることをやめましょう。

過去30数年間の韓国大統領の対日発言は常に「過去は問わない」「未来志向」
と言いながら、任期の後半になると手のひらを返したように牙をむき出して
日本を攻撃します。

現在の文在寅大統領も未来志向を口で強調しながら、慰安婦や徴用工問題
の捏造した歴史で日本を攻撃するなど精神病理以外の何物でもない。未来
志向どころか過去に拘泥し、冷酷な殺人鬼・李承晩が作り上げたインチキ
歴史を信じている。

韓国の歴史教科書は学問ではない。ただのウリナラマンセーです。こんな
クズ教科書で洗脳教育行なっている無茶苦茶な国が日本に言いがかりを
付けてきます。

韓国という国は日本の協力なしでは成り立たない。「漢江の奇跡」からして、
日本からの資金と技術援助なしにはありえなかった。

竹島が領土問題化したのは、終戦直後の1952年。韓国の初代大統領李承晩
が日本海上の公海に「李承晩ライン」を一方的に引き「海洋主権宣言」を
発令してしまったことに端をはっします。

韓国は根拠のない李承晩ラインを制定するや近海に軍艦を派遣し、島に近づ
いた日本漁船を片っ端から拿捕するという暴挙にでます。善良なる日本の
漁船員3929人を逮捕投獄した。死傷者は44人にのぼり、65年の日韓条約
の交渉材料に使われた。しかし歴史上竹島が韓国の領土であった事は一度
もありません。竹島は1905年2月22日に島根県隠岐島の所管となり島根県に
編入しています。

韓国の小学校で一番初めに習うことは「竹島は日本が奪った島を奪い返した
島である」そして中学高校になると「朝鮮は日本に侵略された」「韓国は日本
に侵略された」「韓国は日本へ文化を伝えた」「親日的な発言をしてはいけな
い」「日本による近代化の恩恵は受けていない」など徹底した反日精神を教え
られます。

そして大人になってからも従軍慰安婦だ、強制連行だ、徴用工だと言い続け、
韓国を逃げ出し海外に移住した韓国同胞までも海外で、日本は謝罪も賠償も
しない非道な国だと宣伝して歩く始末。

韓国は国を挙げ、国民が一丸となって「反日無罪」と言ってよいほど、日本
に対する罵詈雑言ならウソでも典拠不明でも許されます。

経済的にみてもGDPの8割を財閥企業10社が占める異常でいびつな状況に
なっています。ここまで極端な国は韓国しかありません。もはや財閥にあら
ずんば、人のあらずといった様相を呈しています。韓国に脈々と受け継がれ
る自国民搾取の構造です。

2年ほど前、某代議士(派閥の親分)がBSテレビで「韓国はお隣の国です、
お隣とは仲良くしなければ、それに韓国は日本にとって重要な経済パートナ
ーです」と言っているのを見て、思わずバカチンと叫んだことがあります。

韓国とは数字上全く重要ではありません。経産省の調べによると韓国への
輸出総額は5兆9545億円で、対GDP比はわずか1・2%。また輸入
総額も3兆4500億円で同じく0.7%という極めて低い数値です。

言い換えれば、仮に韓国と断絶した場合、日本がこうむるデメリットは、
0.5の売上減に過ぎない。例えば年収400万円の会社員に例えた場合
年収の0.5,すなわち2万円だけ収入が減った計算になります。

しかし日本との貿易が止まると深刻なのは韓国です。韓国は日本から部品を
輸入し、それを組み込んだ半導体やスマホを輸出することで成立しています。
日本の部品は日本以外では出来ません。他国から仕入れすることは不可能
です。日本からの部品がストップすれば貿易依存度が9割をこえる韓国経済
は崩壊します。

韓国国民はこのような自国の経済を知らず、ウソの歴史で洗脳され何も
見えていません。歴史は韓国人の為だけに存在しているのではないことを
韓国人は理解するべきです。

また韓国では李完用の事を売国奴として教えられていますが、彼は朝鮮の
未来を考え、日本との併合を推進した多くの先人たち筆頭です。
今現在の韓国人がどう思うと、彼らは朝鮮の未来のために命を懸けて戦った
のです。

反日韓国人が人間として立ち直るためには、過去の歴史はどうしても避けて
通れない道です。であるなら、反日韓国人はどんなに聞きたくない事実で
あってもその事実に目を向け、そして立ち向かっていってください。

いつまでも、自らのアイデンティティーを反日に頼る姿は、愚かであり滑稽
であり、そして同時に哀れでしかありません。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります







著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/