文在寅を選んだ韓国の悲劇 6月12日(火) 


米朝首脳会談で金正恩ら北朝鮮代表団の宿泊費が外貨不足で支払いが出来
ないにもかかわらず、1泊65万円以上のスイ-トルームを希望とは、情けない
所詮恐喝犯罪国家だ!結局開催国のシンガポールが肩代わりを表明しました。

当初、米朝首脳会談の場所はトランプ氏の希望で板門店か、あるいは平壌で
開催すことを望んでいましたが、安倍首相の助言でシンガポールに決まった
ことで北朝鮮の窮状がはっきり見えてきました。流石に安倍首相はここまで
読んでいなかったと思われますが、大正解です。

日本の評論家の一部に北朝鮮に対する経済制裁は、目に見える成果はでて
いないという主張をしている人をテレビでよく見ますが、そんなことはな
い。北朝鮮は経済的に破綻寸前であることは間違いありません。

北が突然微笑み外交に切り替え、平昌オリンピックに参加、南北首脳会談を
持ちかけ、米朝首脳会談を希望したのも、北に対する制裁が効いてきたから
です。このままでは1年持つかどうかわからない状態にまで追い詰めたとい
うことです。

そこに救いの手を差し伸べたのが文在寅大統領です。あと1年、いや半年も
経済制裁を続ければ、北の体制は崩壊して、核の脅威も消滅したはずです。
しかし文在寅の悲願は、北が核を隠し持ったまま、南北の赤化統一です。
韓国の若者はとんでもない愚かな人物を選んだものです。

なぜ、韓国人は北朝鮮の傀儡である文在寅を選んだのか?
なぜ、韓国の多くの若者は誤った選択をしたのだろうか?
なぜ、文在寅の正体が見えなかったのだろうか?

文在寅は金大中、廬武鉉から引き継いだ「大韓民国転覆事業」を完成さす事
を目標に大統領になったのです。韓国民は誤ったトンデモナイ選択をしてし
まった。韓国ソウルで20数年間ビジネスをしてきた私にとって他人事とは思
えない。

自由民主主義と市場経済体制に基づき、アメリカ、日本と密接に交流し、それ
なりに繁栄している大韓民国という国家の継続性を彼は断ち切り、社会主義
独裁体制を維持し、いまなお人権を抑圧している中国や、飢餓に苦しむ北朝
鮮に近い国に作り替えようとしている。彼にあるものは何かといえば無知か
らくる善意、体系的な学問をしたことがないことによる単純な思考である。

北朝鮮が韓国に向けてどんなことをしてきたのか、文在寅にはそのような知
識は皆無、彼にあるのは「北朝鮮は同族ではないか」という情緒的な感覚だ
けであり、そこから善意をもってすれば北朝鮮もついてくるのではないかと
いう漠然とした愚かな期待で思考しています。

日本の左翼と同じで、無知の善意ほど怖いものはない。なにを守らねばなら
ないかを自覚してない文在寅は南北交渉で主導権を握れず、右往左往するし
まつ

彼が北の工作員である証拠は、盧武鉉政権時代の外務大臣が出した回顧録
の本に、盧武鉉政権が国連の北朝鮮人権決議に賛成か棄権するか揉めたと
き、当時秘書室長だった文在寅が北朝鮮に意向を聞いて棄権したということ
が書かれています。これによって彼は間違いなく北の工作員だとバレました。

それでは文在寅が北の工作員と分かっていながら、なぜ韓国の若者は彼を
選んだのか?てっとり早く言えば、韓国の若者は、彼の票を集めるための
空約束に引っかかった。

彼の公約は新しい雇用を公共部門で81万人、民間部門で50万人を生み出す、
さらに最低賃金も引き上げるとのこと、しかしどん底の韓国経済ではその資金
調達をどうするつもりなのか、国債発行を中心にしたものになるが、最後は借
金で首が回らなくなるのが落ちです。何故なら、今や、紙くず同然の韓国国債
など買う投資家や国など海外を含めて皆無です。ということは韓国中央銀行に
引き取らせてウオンを国内にばら撒く以外方法はない。つまりこのような事を
すれば超インフレにならざるを得ない。

公共部門で81万人の雇用はインフレ覚悟の政府の政策で、かろうじて実現でき
ても、民間部門での50万人の雇用など何処の国の政府でも100%不可能です。
その上彼は財閥をぶっ潰すと言っています。韓国経済というのはほとんど財閥
によって築きあげられています。韓国経済の基礎である財閥が衰退すれば
50万人の雇用どころか失業者が町に溢れます。
つまり文在寅の見識のない経済運用とは票を集めるための空約束に過ぎない。

まず若者の就職難、4年生大学生卒業者の就職率はなんと5割を切っています。
その上韓国大学の授業料の高さにびっくりします。1年間の授業料が約130
万円、4年間で520万円、日本人の平均所得の5割しかない韓国で学費の
負担の重さは想像を絶します。
そして韓国の国際収支、及び経済の数値がすべて悪化しています。簡単に
言えばいつ破綻してもおかしくない。

つまりこれらのストレスが文在寅の空約束に韓国民は引っかかったと思われ
ます。それではなぜ韓国民は文在寅の空約束を信じてしまったのか?
実際の歴史と韓国で教えられている虚偽の歴史には大きな差があり、それが
ひいては反日へと繋がり、文在寅の空約束を検証するだけの能力を身に着け
ることが出来なかった。

何故なら北朝鮮は社会主義という毒素を情緒的な「民族」という言葉で覆い
隠し、対南工作のプロパガンダには、必ず「民族」「民主」が頭に付いています。
つまり「民主主義民族統一」「民族民主主義戦線」など北の中身と全然違う
看板に騙されています。この正義風な看板に洗脳されたのが廬武鉉とその
秘書室長の文在寅です。

文在寅の支持率は今や70%台後半を記録しているという。この人気をテコに
大統領任期を現行の1期5年から最長2期8年とする憲法改正案を国会に提
出しました。実質3年間延長です。

北朝鮮の狙いは「米韓同盟の分断」「米国の先制攻撃阻止」「核・ミサイル開
発の時間稼ぎ」だが、文氏は北朝鮮が喜ぶように動いている。結果米国は激
怒。米軍内部からは「韓国の文政権は、北朝鮮の操り人形だ。敵対政権に
近い」という声まで吹き出しています。

アメリカに見捨てられ、中国、ロシアにいいように利用された韓国がこれか
ら迎える危機は、構造的で慢性的な非常に悲惨な危機です。そして世界から
の不信感により、国民に何倍もの苦痛と辱めを国民に強いることになります。

この結果一部の特権集団を除き、国民の多くが阿鼻叫喚の状況に叩き込まれ
ることになります。そして戦後李承晩が始めた反日洗脳教育の結果、染み付
いた傲慢な態度・行動が世界各国の良識ある人々から軽蔑されることは避け
れない。韓国の未来を考えるなら反日洗脳教育を止め、真実の歴史を知るべ
きです。

いつまでも日本の誠実な謝罪と膨大な賠償金支払いと真摯な技術支援を無
視する限り韓国の未来はありません。反日洗脳教育で、幼児段階から、恨み
憎しみを植え付け、道義心・良識を麻痺させてきた祟りです。

朝鮮族は民族の歴史が、どこで、どう誤ってしまったのか、勇気きを持って
歴史と直面しないかぎり、韓国の明日はない!

結局、韓国民が文在寅を選んだのも、目先のおいしい言葉に簡単に騙されて
真実を見る目を養って来なかったからです。真実の歴史を知らない韓国民の
悲劇です。いや喜劇かもしれない。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります







文在寅の悪だくみ 5月23日(水)


北朝鮮が米朝首脳会談にたいして再考すると言い出しました。

ボルトン米大統領補佐官は、北朝鮮に非核化の意思がないと判断した場合
は、「見返りを期待する北朝鮮との際限ない協議に引きずり込まれるという
過去の失敗は繰り返さない」と語り、いつでも交渉を打ち切る用意があると
強調しました。

ここに至ってボルトン大統領補佐官とポンぺオ国務長官というタカ派に替え
た事はトランプにとって、世界にとって大成功です。何故なら他の外交官な
ら融和ムードを作り出して北朝鮮を存続させる文在寅の戦略に陥ってしまう
からです。

文在寅は北朝鮮の核問題で一見米国と協力するかのような態度を示してい
るがトランプは文在寅の腹を読んでいます。金正恩は、同胞愛を強調する首
脳会談で金王朝の存続を韓国に約束させ、非核化の中身は懐に秘めたまま、
文在寅と示し合わせて、米国の攻撃を封印する腹です。

攻撃を封印するために、南北朝鮮は当事者が無条件で「不戦条約」をしてし
まった。もう戦わないと宣言することによってトランプが北を攻撃できる選
択肢の幅を狭めてしまった。

トランプの想定は米朝会談で「完全かつ検証可能で不可逆的な非核」を金正
恩は飲めないと踏んでいます。北朝鮮が会談を長引かせて結果的に非核化
の課題に取り組む気が無いのなら、米国は世界の世論を気にせず堂々と武
力攻撃が出来ます。

金正恩もトランプ大統領の本気度にきずき始めた。そこで金正恩は中国を
味方にすべくで習近平に会いに行った。後ろ盾を手に入れた金正恩は強気
な態度に豹変させた。

これに対してサンダース報道官は「会談したくないのなら、かまわない」と
突き放した。つまり攻撃のきっかけを探している米国にとって金正恩の国際
社会を欺く態度豹変は想定内です。

トランプ大統領は核のあるなしではなく、北朝鮮の政治体制こそが存在して
はならない最大の悪であるということがお勉強によって理解しています。
もちろん安倍首相の助言も聞いています。

金正恩は自分にとって不都合な幹部たちを100人近く処刑し、罪のない人民
20万人以上を苛酷な強制収容所に押し込め、また毎年20万人以上の人民
が餓死しています。この世の地獄を作り出している世界最悪の人権蹂躙国
家です。このような国は地球上に存在してはならない、最大の罪深い国家だ
ということをトランプ大統領は重々承知しています。

南北首脳会談の出来レースを察知したトランプ大統領は「完全かつ検証可
能で不可逆的な非核化」を北朝鮮に突き付けていく方針を変えることはあり
ません。

南北は、4月27日、首脳会談であまりにも世界に向けて仲が良いことを見せ
つけたことで出来レースの正体がばれてしまった。そこで核実験場廃棄の
式典に現地取材を許可するとしていた韓国記者団の取材を拒否することに
よってトランプの思考を攪乱させた。

文在寅と金正恩の共通の目的は、北朝鮮存続の保証をアメリカから取り
付け、時間をかけて韓国を赤化し、やがて統一することです。その赤化統一
が出来れば次に日本に刃を向けてきます。

核が無くても、生物兵器・化学兵器で日本を威嚇し、日本から金と技術を
奪い取ることが狙いです.

だから日本はその前に憲法を改正し、国軍を創設しなければならない。
憲法改正を思想や法律論だけで議論するのは愚かの極みです。
国家なくして、国家経営も国民も存在しない。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります





中朝韓は詐欺国家  「4月11日」


今回、私のメールに直接頂いたコメントについて説明したいと思います。

「金正恩は替玉だと言う下りはあまりにも根拠無き?飛躍した独断・想像
のように思え、他の面白ろ可笑しくオーバーに表現し、読ませんかなの
他の低レベルのネット記事と同じのように思えます。
ソースを示して裏打ちをしないと折角の好ブログの価値を貶めないかと危惧
しています」という親切なコメントを頂きました。

私のブログは主に常識では計れない中国・北朝鮮・韓国などを中心に書いて
います。歴史捏造、ごまかし、国同士の約束事をいとも簡単にホゴにしてし
まう不誠実な態度、無責任、告げ口、日本人が世界で最も実直な民族である
にたいして、中国人と朝鮮族は世界で最も詐欺的な民族です。

30年近く中韓でビジネスをしてきた私は、彼らの行動パターンを熟知して
います。だから今回の中朝韓の行動もそのような目でみています。

日本に生まれ住んでいますとつい常識の範ちゅうで物事を判断しがちで
すが、中朝韓という国を判断するときは日本の常識は全く通用しません。
表の見える部分だけでなく、真実が隠されている裏を読み解く力が必要です。
そして思考や推測の幅を広げないと常に間違った判断をしてしまいます。

中朝韓の三国は詐欺国家だと言っても過言では有りません。詐欺被害は甘言
を鵜呑みにし、その裏に存在する底意や意図を読めないから起こります。

金正恩が中国に電撃訪問する前に南鮮の特使が金正恩と会談し、金正恩か
ら「非核化」の言質を引き出し、板門店での南北首脳会談開催に合意したこと
で日本の左翼や韓国国民は平和が近づいたと喜んでいますが、北の指導者
が歴史的に詐欺の常習犯であることを忘れています。そして南の文在寅もペ
テン師です。
詐欺師相手に微笑みで握手をするペテン師たちの構図はまさにマンガチック
です。朝鮮族は裏切りの歴史です。少なくても日米にとって朝鮮・韓国は誠
実であった歴史はない。

さて前説はこれくらいにして私のブログ「電撃訪中した金正恩は影武者だ」
について説明します。

この替え玉疑惑を浮上させたのは、日本政府調査期間が脱北者から仕入れ
た情報で米にも分析を依頼しています。日本政府の調査機関は、影武者説
に対映像を解析したら、おかしな点が見つかったそうです。
父の金正日氏の葬儀の時に、写っている当時の金正恩氏の映像や幼い頃に、
撮影された写真と、比較をしてみても耳たぶの形や歯並びが同一の人物で
はないと判断したそうです。

また別の情報によれば金正恩氏は、父の金正日氏の後継者として公の場に
姿を表す前に、すでに死亡していたという説があります
若い頃から車やバイクが好きで、ハーレーダビットソンのバイクを乗り回し
ており父親の地位をいい事に、金正恩氏は、我が者顔で交通ルールなどの
無視してかなりのスピードをだして、走り回っていたそうです。
ある日、金正恩氏は、調子に乗ってぶっ飛ばしていたところ事故を起こして
しまい死亡したと脱北者は証言しているそうです。しかしこのような金正恩
死亡説の情報はあまり信用していません。

金正恩氏は、替え玉疑惑だけでなく影武者が15人も用意されているようです。
それぞれの違いは耳たぶを見れば明らかと言われています。だから28日にテ
レビに映った習近平と金正恩の会談のやり取りを凝視していました。

本来、最初の挨拶はハグするはずが、習近平と握手、その際のぎこちない
笑顔、習近平が発言する間、金が真剣にメモを取る姿、など明らかに本物の
金正恩だとは思えません。

どんな情報でも、こと国際政治に関する限りは一つや二つのソースから得た
だけでは、決して十分ではないことは理解していますが、しかし真実は当事
者しかわかりません。それ故過去の中韓の外交や、私の中韓におけるビジ
ネスを参考にして推測しています。

いずれにしましても、北朝鮮や韓国は中国に接近すればするほど、カモに
されています。朝鮮族は中国の千年属国に長く浸かっていたために、卑怯、
利己主義、事大主義をはびこらせ朝鮮族を転落させました。

1948年大韓民国が建国されたとき、反日主義を国是として、日本統治時代
の全てを悪と排して、歴史から真実を学ぼうとしません。だから韓国・朝鮮
人の思考は常にこま切れです。その場限りです。

韓国において政権が交替すると、新政権はつねに、前政権による業績を
全否定して、前大統領をお縄にします。つまり政権は継続性がない、まさに
全てにおいて、その場限りです。

今回一連の金正恩電撃訪中記事に中に「日本はアジアから孤立している」と
いう論調は一体何を根拠に言っているのか理解に苦しみます。

日本の評論家やキャスターたちは「日本は蚊帳の外」とか「日本は孤立して
いる」とか言っていますが、むしろ自分たちが孤立していることに気ついて
いないのが中国、韓国です。

アメリカと韓国は一応、同盟国ですが、アメリカは韓国を全く信用していま
せん、何故なら韓国は中国にすり寄り、アメリカから買った武器のブラック
ボックスを平然と開けたりします。またアメリカのイージス艦を買って一応
運用していますが、アメリカは一部のノウハウや情報を提供していません。

長くなりますので最後に米国国務次官シャーマンの韓国批判を書いてみます。
「政治指導者が過去の敵を非難することによって、安っぽい喝采を浴びるのは
難しいことではない。しかし、このような挑発は進展ではなく麻痺(まひ)をもた
らす」

[米国務次官の痛烈批判に韓国“錯乱状態”]との新聞報道に
溜飲が下がりました。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります


印象操作が得意な在日朝鮮   3月28日(水)


森友学園をめぐる財務省の決裁文書改ざん問題について新聞が連日大見
出し、在日テレビも、在日野党も明らかな証拠もなにもないのに、まるで
国家存亡の危機であるかのように騒ぎ立てるのは、安倍首相のイメージを
悪くして政権の崩壊を企てる在日朝鮮人・韓国人の陰謀です。

証拠もないのに騒ぎ立て、印象操作であり得ない疑惑を作るのが朝鮮・韓国
人の通常のやり口です。いつも無いことで日本に言いがかりをつけてくる
韓国のやり口にそっくりです。朝鮮半島に住んでいようと日本に住んでいようと
彼らのやり口は常に一緒です。
つまり嘘でも100回言えば真実になるということです。

そのもっともな例は、「慰安婦強制連行説」です。そもそも「慰安婦問題」など
存在しない。韓国人が「日本が強制的に拉致し、性奴隷とした」という主張す
る「慰安婦」なるものは作り話です。慰安婦のほとんどは朝鮮人の親が貧しさ
のため娘を売りとばしたのが真実です。

日本軍は彼女たちの性病の蔓延を防ぐために管理をしたのです。決して
虐待したり、性奴隷として扱った証拠は一切何も出てきません。その証拠に
彼女たちの稼ぎは日本軍将校の給料の数倍と言われていました.故郷に
家を建てた慰安婦もいました。

当時の京城の新聞に高級で女性を求むという新聞広告が数多く現在も残っ
ています。つまり売春婦という商売をしていたのです。

「従軍慰安婦」という作られたネタを利用して日本を貶めようとしたのは
91年当時はまだ弁護士だった福島瑞穂や高木健一などです。彼らは韓国に
行って被害者を募集。その結果、金学順なる女性が名乗り出ました。彼女の
証言は「親に売られてキーセン(妓生)になり、義父に連れられて日本軍の
慰安所にいった」というもので、金学順の目的は、敗戦で無効になった軍票
の分の給料を返してくれということでした。

彼女が示した通帳に残っていた残高は、2万5145円。陸軍大将の年棒が
7000円だった時代に、わずか3年でこれだけの貯金が出来たのです。
このことによって福島瑞穂の陰謀は金学順の証言で見事に崩れ去りました。

ところが在日朝日新聞はこの事実を無視して「日本軍に強制された」と書き
換えたうえ「日本軍に強制連行された従軍慰安婦が名乗りを上げた」と
スクープを報じました。朝日新聞がいかに嘘つき新聞あるかということが
分かっていただけたと思います。

韓国が主張するような従軍慰安婦だとしても1965年に「日韓基本条約」
が結ばれ、日本政府から韓国政府にたいして8億ドルぶんもの経済協力
をしています。したがって韓国が何を言おうと問題は全て解決しています。

日本は慰安婦強制連行は事実無根だといくら主張しても韓国は日本を
攻撃し続け、あまつさえ海外にまで広めています。
韓国はそれが事実であろうとなかろうと、声高に主張することによって、
日本の海外イメージを貶めるのが目的なら、日本も言い訳はやめて韓国の
嘘つきハレンチ悪行を世界に広める攻撃をすべしです。

幸いなことにイギリスでライダイハン問題について韓国政府に謝罪を要求
する民間団体が設立されたそうです。

ライダイハンとは
韓国のハンギョレ新聞社が発行する週刊誌に、ある地域で猛虎部隊(韓国
軍部隊)等による1か月間の作戦で1200名もの住民が虐殺されたという66年
当時のベトナム側の報告を紹介しながら、同時に生存者たちの証言に基づき
虐殺の様子を具体的に描いています。
例えば、生存者の証言からは韓国軍による民間人虐殺の方法にいくつか
共通した類型があったようだと、同記事には記されています。以下、その部分
を略して引用します
大部分が女性や老人、子供たちである住民を一か所に集め、機関銃を乱射。
子供の頭を割ったり首をはね、脚を切ったりして火に放り込む。
女性を強姦してから殺害。強姦しながら拷問。妊産婦の腹を、胎児が破れ
出るまで軍靴で踏み潰す。トンネルに追い詰めた村人を毒ガスで殺す等々」

この記事を書いたのは、韓国人歴史研究者のク・スジョン。彼女はベトナム戦
争の韓国軍の残虐行為が記されたベトナム側の資科を入手し、韓国の市民
団体の一行とともにベトナム現地で検証しました。

日本の「慰安婦強制連行」は全くの捏造で、証拠など一切ありません。
しかし韓国人がベトナム戦争に派遣された韓国軍兵士が現地女性を性的
暴行し、生まれた混血児は3万人にも上るといわれています。その証拠は
5万と有ります

韓国がベトナムで犯した罪を無視して、慰安婦問題でことさら日本だけを
非難する資格など全くありません。だから日本もベトナム戦争で彼らが犯し
た残虐な犯罪を攻撃しましょう。攻撃は最大の防御です。

日本人に一番欠けているのは嘘で攻撃されて、正論をいくら述べても、聞く
耳を持たない中国人や韓国人にとりあえず謝っておこう、そうすれば攻撃を
止めてくれると思ってしまうことです。このような行為ではウソが真実に
なってしまいます。

最近、文在寅大統領はライダイハン問題で世界から批判されると「ベトナ
ム虐殺は日本の責任だと」正式に発表しました。彼が言うには日本軍の教育
のせいだとは呆れてものも言えません。まさに怒髪天を衝くです。

朝鮮族は自らの犯罪を常に責任転嫁して逃げ切ります。このような国とは
国交を断絶して、付き合いをやめるべきです。

日本の優しい外交姿勢、弱者には手を差し伸べる日本の国民性、敵にまで
礼儀を尽くす武士道の精神、しかし人格障害の朝鮮族には通用しない、
彼らは恩を仇で返し、技術を盗み、努力せずにウソや小細工で勝ち組に
なれることに味を占めた民族に決して明るい未来は訪れない。

いつまでも、自らのアイデンティティを反日に頼る姿は、愚かであり滑稽で
あり、そして同時に哀れでしかない。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります




文在寅の仕掛けた「罠」 3月14日(水)


今回の北朝鮮軟化はいかにも北主導で動いているように見えるが、これは
文在寅と北の茶番劇です。北がオリンピック参加から文在寅の特使が金正
恩との会談、そして南北朝鮮の合意事項までのスピードを考えると文在寅と
金正恩の話し合いは去年に出来上がっていたと考えられます。

文在寅の策略は北を現在の体制のまま生かすことです。南北統一は何十年と
先の話として、まずアメリカに攻撃させない、そのために核廃棄、ミサイル
及び核実験を自制することをトランプに約束して納得させる。

文在寅の腹は、「同胞である北とは戦わないという態度を見せれば一番困る
のは日本である、日本は米韓が北と戦って、後ろからちょこっと応援をする
だけ、戦場は韓国で戦ってもらいたい、死ぬのは北と南の朝鮮族だけだと
日本人は思っている、だから北に非核化の意思を見せかけて、米朝首脳会
談を実現させ戦争の緊張を解いて、全て現状のまま凍結させる」

おそらく文在寅と金正恩はこの流れで了解したのではないかと推測されます。
だから金正恩は突然、文在寅のシナリオ通り「微笑外交」に切り替えたともの
と思われます。

つまり文在寅の目的は、北朝鮮の見せかけの非核化への意思表示をトラン
プに見せて朝鮮半島の緊張緩和を演出することによって中間選挙で苦戦し
ているトランプ氏に恩を売った。
単純なトランプ氏は10日記者団に対し、米朝首脳会談について「大いなる
成功を収めると思う」と述べ北朝鮮の非核化実現への自信を示しています。

人格障害である朝鮮族文在寅の行動原理からその真意を探ってみます。
「とりあえず核を放棄するような対話をして、経済協力と引き換えで話し合
いをする、南北統一の費用としてまず日本から5兆円くらいのカネを最初に
引っ張る、当然日本が拒否することは分かっているが、日本はアメリカの圧
力でしぶしぶ出すことになる。何故なら朝鮮半島が平和になることで一番得
をするのが日本だから金は日本が出すのが当然だとトランプを説得する。」

5兆円で全て収まると思ったら大間違い、もし南北統一で南が北に支配され
韓国が自由民主主義体制でなくなれば、これまで韓国が担ってきた「自由の
最前線」の防衛を日本が肩代わりしなければならなくなる。つまり社会主義
で統一され、核兵器とアメリカに届くミサイルを保有し、2百万人以上の大軍
を持つ韓半島と、9条で身動きが取れない日本は直接対峙することになる、

文在寅の戦略は、トランプに南は北を監視して、このような南北統一になら
ないように努力すると説得する。だから南北両方にたいして日本からの経済
援助が絶対的な条件である。日本は安全をカネで買うことになるとトランプに
説明をする。

しかし日本は金で安全と平和を買ったつもりでも彼ら朝鮮族は、こんな空約
束すぐ破る気満々だから、約束はいくらでもする、そして何回も何回も日本
から巨額なカネをせびり取る。

南北が統一するまでに日本をダシにして、北朝鮮と韓国が一致して連携を組
む、朝鮮族は平然と合意を破る事は外交の勝利だと思っています。そこには
道徳のかけらのいっぺんもありません。

文在寅の本性は、アメリカの圧力を利用して日本を締め上げ、金を吸い上げ、
徹底的に日本いじめをする。南北の利害が一致する戦略です。つまり日本を
打倒するためなら北と団結できる。将来、統一朝鮮の7千万人が核武装をし、
ミサイルを持ち憲法改正も出来ない日本を支配する。
これが文在寅の目的です。

南北はアメリカが「孤立主義」に行くのを待っています。アメリカが「孤立
主義」に行けば日米同盟も終わりになる、その前に「米韓同盟」が終わる。

双方の同盟が解消されれば、核を持った統一朝鮮は日本を攻撃する、その
際、既にテレビ、新聞、野党政治家、教育、役人等を支配している在日朝鮮・
韓国人が一致協力して韓国軍を迎え入れる。これで日本も終わる。「韓国
の時代」がやってくる。

このように文在寅は核を持った統一朝鮮で「日本を滅ぼすのが使命」だと
思っています。統一朝鮮という恐ろしいファシストの誕生です。

上記の文章をお読みになった方は「そんな大げさな、考えすぎ」だとお思い
でしょうが、長年韓国で商売してきた自分は、肌感覚で彼らの根性の曲がっ
ていることを良く知っています。一部の人だけではなくほとんどの韓国人は
人格障害だと言っても過言ではありません。

今日の韓国が病んでいるのは徹底した悪政を行なった李氏朝鮮が約500年
間も続いたからです。李氏朝鮮(1392~1910)がどのようにおぞましい社会
であったかを韓国歴学者の「崔基舗」からの一文を借りて書いてみます。

「李朝では民衆が生きるためには、人格や体面を考える余裕など、あるはず
が無かった。人は衣食たりて礼節も栄辱も知るものであって、このような無責
任な暴力集団とでも呼ぶべき政権の下では、強盗か、窃盗か,狡猾者か、卑
怯者しか、生存できなかった。民衆は自ら守るために、虚言と、裏切り、空理
空論、表裏不動、反社会的な利己心を組み合わせて、生きるほかなかった。
このような社会において、公共心が育つはずがなかった」

「この李氏朝鮮では法が軽んじられ、勝つことが正義となった。このような
仕組みの中で、勝ったものが法など無視して権力をふるったことから、人々
が不正蓄財や、賄賂のやり取りに長けるようになった。李氏朝鮮は500年
を通じて、腐敗社会の種を全国にわたって撒く一方、権力抗争の犠牲や、
搾取と収奪の対象にしかされなかった民衆の血を肥やしとして、歪み切った
社会を作り上げた」

韓国歴史学者の一文をお読みになって朝鮮族の本性が分かって頂けたと
思います。だから韓国歴代の大統領は権力を失った退任後、ほとんど不正
蓄財、汚職で逮捕されています。
また北朝鮮も金日成時代から平然と合意を破り、挑発行為を繰り返しては、
何回も援助をかすめ取ってきた約束破りの歴史をよく知れば、私の文章が
決して大袈裟でないことが分かって頂けたと思います。

在日左翼マスコミのこれで平和が訪れるかのような嘘を
日本人は決して信じてはいけない。
文在寅はトランプにたいして耳ざわりのいい言葉で語りつつ、
顔の皮の厚さは鋼鉄の如く、腹の黒さは炭のごとしです。

日本人は正直で、誠実な民族です。弱者にも手を差し伸べ、敵にまで
礼を尽くす武士道の精神、経済大国という余裕、この素晴らしい国民性を
韓国人だけには利用されてはいけない、

朝鮮族にとって日本人はネギを背負った鴨でしかないのです。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります








【“文在寅の仕掛けた「罠」 3月14日(水)”の続きを読む】

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/