トランプ大統領は神の使者 12月3日(木)


複数の米メディアによると、バー米司法長官は1日、大統領選に関し、バイ
デン次期大統領の勝利という結果を覆す不正の証拠は見つからなかった
と述べた。【ワシントン時事】

また産経新聞では「選挙不正があったなどと訴訟や再集計を求めた6つ
激戦州全てでバイデン氏の勝利が公認された。

トランプ氏の逆転勝利は一層厳しくなった。一部で訴訟や再集計が続くが、
結果が覆るとの見方はほぼない。これらのメディアの記事を見ると絶望的に
なるがSNS/WEB、ユーチューブ等を見ると逆にトランプ氏の勝利が確定した
したように見える。

11月18日の私のブログで「ドイツ政府の許可と協力を得て、米軍はドイツ・
フランクフルトにあるScytl社のサーバーを没収した。ドミニオンのサーバーを
通じて、トランプチームは、いつ投票集計が停止されたのか、誰が停止を命じ
たのか、誰が投票を入れ替えたのか、という直接的な証拠を手に入れること
ができた」と書きました。

これに対してこれらはフェイクニュースである。その他から「ドイツからドミニ
オンのサーバーを押収したとされる情報はガセのようです」と言われ自信が
揺らぎました。

しかし驚きの情報がもたらされていました。米軍特殊部隊がドミニオンの
フランクフルトサーバを押収する際にCIAとの銃撃戦になったというニュース
です。

これによりお互い犠牲者が出てしまったと米軍中将が証言しました。
CIAと米軍が銃撃戦をしたのです。アメリカは既に内戦状態に突入してい
ます。ドイツとアメリカが協力してドミニオンとCIAを掃討する作戦だという
追加情報が出てきました。

CIAがアメリカの組織だとは思えない。CIAもFBIも中国のカネに侵されて
いる。しかしアメリカの諜報部隊にはCIAとFBI以外に、米軍特殊部隊とNSA
が存在します。お陰でアメリカが乗っ取られる心配はない。

国民はテレビや新聞を無視するほうが世界が見えます。米軍とCIAが犠牲者
まで出たのに、マスメディアの報道が一切ないとは不思議なことです。来年
の1月20までに起こることは歴史的に見ても大変革です。

我々は時代が変わる入り口に立っています。しっかり目を凝らせばアメリカ
ではなく中国の崩壊が見えてきます。いつか遠からぬ日に、未来に向かって
走り出す中国国民を共産党は抑えきれなくなる。共産党支配に従いたくない
と思っている人たちが10億人はいる。いずれ政府と民衆はぶつかることに
なる。

中国は19世紀と20世紀にありとあらゆる地獄を舐めてきた。そのために
中国の時代を作り出すために各国のリーダーたちに惜しげもなく金を与えて
きた。

いつの日か中国が自分のものだと主張する地域から隣人を追い出し、アメリ
カを太平洋の向こう側へ押し出すつもりです。

どれほどの時間が中国に残されているのか共産党は半世紀に及ぶ支配に
失敗したため、もう先は長くない

神は中国崩壊のボタンを押す役目をトランプ大統領に託しました。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります





「トランプ氏政権を手放す考え」の大嘘 11月27日(金)


ロイター通信(26日)の偏向報道にはびっくりする。その内容とは「トランプ
大統領は、もしバイデンが選挙人団投票で大統領選挙の勝者として認めら
れれば、自分はホワイトハウスを去ると話した。

これまでの大統領選挙の結果を不服としてきたトランプ大統領の発言の中で、
最も敗北を認めるに近い発言だとロイター通信は評価した。

トランプ大統領が大統領選挙の敗北を認めていないが、ようやく政権移行
プロセスが始まり、ジョー・バイデン氏の次期大統領就任が確実になった。
彼は来年1月20日米国大統領に就任する予定である」(ロイター通信)

このロイター通信の報道ではまるでバイデン勝利が既定の事実のように書い
ているが、トランプ氏が言っているのは「それぞれの州で選挙人団の投票で
負ければの話」です。彼は選挙人団の投票では勝てると計算しているから
です。しかし脅迫・脅し、そして金をばら撒く民主党では何が起こるかわから
ない。安心は出来ない。トランプ氏は最後に最高裁判所で決着をつけるつも
りです。

バイデン陣営の選挙詐欺の証拠が相次ぎ暴露された後、民主党が管理す
る複数の州での投票機器の不正行為が暴露された。民主党所属のナンシ
ー・ペロシ下院議長も関わっている。バイデンチームのテキサス州責任者が
FBIに勾留された。

トランプ大統領は米企業や個人の、中国軍企業への投資を禁止する緊急執
行命令をだし、大勝負をしかけた。今日の選挙に向けての準備は、すでに
2018年から行われ、選挙に関する緊急執行命令は、選挙に干渉したこれら
の外国勢力に対抗できるようにするものだった。

この緊急執行命令では、米国の選挙における外国勢力の干渉に、直接また
は間接的に関与し、後援し、隠蔽し、またはその他の方法でその原因参加し
ているすべての事業体から、すべての資産を差し押さえると書かれています。

トランプ大統領と彼の陣営は大統領選挙の当初から、明確な目標を持って
いて、自分がどんな勢力に直面しているのか、相手がどれだけ強いのかを
知っていた。彼はそれに対処するために、あらゆる計画を立てていたに違い
ない

そしてついに最高裁判所が動き出した。トランプはアメリカ巡回控訴裁判所
の管轄を変えた。アメリカ再構成の判事がそれぞれの割り当てを変えた。

保守派のブレッド・カバノー判事は第6区担当でミシガン州は彼の担当です。
最近指名された保守派のバレット女性判事は第7区担当でウイスコンシン州
は彼女の受け持ちです。保守派のアリート判事は第3区受け持ちでペンシル
ベニアを担当します。保守派のトーマス判事は第11区担当でジョージア州は
彼の担当です。

どういうことかと申しますと保守派はもめている州を全て掌握したということで
す。これでいざ開戦したらバイデン側は一挙に壊滅します。相手が応戦でき
ないように各方面の準備が着々と進んでいます。

不正な証拠は続々と集まっています。ドミニオン事務所の社員は全て逃げて
しまった。これらの不正証拠は国家反逆罪であり国家転覆罪の重罪です。

これは紛れもないクーデターで、選挙制度を悪用した社会主義革命です。
これは嵐の前の静けさです。正義は必ず勝つ、信じましょう。




ffff ← クリックしてもらえると励みになります




トランプに勝利の風が吹き始めた 11月23日(月)


メディアが極端に偏向しています。今回のアメリカ大統領選挙を見ると
民主主義の崩壊を感じます。日本のマスコミも、左傾・リベラルの立場を取り
続けていますと国民は確実に情報源をSNS/WEBに頼ることになります。

さて元連邦検察官のシドニーパウエル弁護士は「複数州で選挙結果をひっ
くり返す準備ができている」また「公判が犯罪組織を暴く証拠を十分持って
いる。私は根拠のないコメントはしない」と述べています。

更に「統計集計ソフトがトランプ大統領の数百万の票がバイデン氏に移した」
と指摘しました。またシドニーパウエル弁護は「ドミニオン集計システムと
スマートマチック社やその他の選挙ソフトは選挙を不正操作するために設計
されたものであり、他の国でも同じようなことが起きているのを見たという
内部告発者がいる」と指摘しました

また同氏は「選挙不正と規則違反に関する証拠はたくさん持っている。そして
より多くの証拠はこれからもでてくる。彼らは投票機にUSBを差し込んだり、
インターネットに接続したり、さらにドイツやベネズエラからでもソフトウェア
をマシーンにアップロードすることもできると述べました」

「悪者たちは随時票を動かすことができる。我々は彼らが使用していたアル
ゴリズムを確定した。彼らは最初からトランプ氏の票をバイデン氏に移すこと
を計画した」と付け加えました。

パウエル弁護士はインタビューで「トランプ氏の地すべり勝利は反論の
余地は無いだろう」とのべました。またこれらの不正を手伝った全ての民主党
員を暴露する」と話しました。「ドミニオン投票システムが投票不正に協力した
内幕も公開する」とコメントしました。

同システムの開発は中国・ベネズエラ・キュバーによって資金提供されたと
いうことです。さらにパウエル弁護士はアメリカの愛国者たちは毎日のように
選挙不正について報告してくれている。

多数の票が操作されバイデン氏に投じられたという証拠がある。これは大手
企業、メディア組織、および民主党員らが結託して行った詐欺であるとの考
えを示しました。以上がインタビューで答えたパウエル弁護士のコメントです。

トランプ氏に対するメディアの攻撃は止みそうにありません。なぜならトランプ
氏の主張やパウエル弁護士の述べていることが正しいと証明されたら、多く
のバイデン側の人たちで刑務所が満杯になります。
16日米CNNがトランプ氏の不正の訴えを嘘の弾幕と断じています。

トランプ票を270万票も消去したほか43万5千票をトランプ票からバイデン
票に改変したと指摘された選挙システム会社ドミニオンの幹部たちは、さし
ずめ毎晩眠れない夜を過ごしていることでしょう。

それに78歳になったバイデン氏の認知症疑惑が消えそうにもありません。
バイデン側は「完全に無症状で治療を必要としない」と必死に疑いを晴らして
いますが、バイデンの記者会見や支持者集会でのやり取りで言葉があやふ
やになるなど「認知症疑惑』が常に付きまとっています。

それに不思議なことに9月下旬に発表されたバイデンの次男、ハンター氏に
絡む不正疑惑である。同氏が副大統領の父親の影響力を利用して中国や
ウクライナの問題の企業や人物と手を組み巨額の報酬を不当に得ていたと
される疑惑が共和党側から提起された。

当初民主党側は証拠がない「不当な攻撃」だと一蹴しましたが、ところが
10月中旬、修理に出したパソコンから同氏のこのウクライナや中国との
特殊なビジネスに関する数千通ものメール交信記録が発見された。

ジュリアーニ弁護士がFBI(連邦特別捜査班)に持ち込みましたが反応があり
ません、もみ消したようです。その後トランプ大統領はウイリアム・バー司法長
官に特別検察官を任命し、この疑惑を刑事事件として捜査することを指示しま
した。

だから今回の不正の証拠はバイデン側についたCIAやFBIに持ち込んでも効果
がありません。ヤクザが胸に金バッジをつけて歩いているようなものです。
アメリカとは誠に不思議な国です。アメリカと日本は運命共同体
などとのんきなことを言っていられません。

アメリカは大きな危機に直面しているにも関わらず、それに気づいてもいない。
偉大なアメリカは今回の事件で消えてしまうのか、多くの日本人の心にはいま
だかってのビッグ・ブラザー・アメリカの姿が焼き付いている。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります







最後に勝つのはトランプ大統領  11月18日(水)


ビジネスマンのトランプ氏は口も悪いし、態度も悪いが、やっている事は正しい
約束は実行する。同じビジネスマンとして日本からトランプ氏を常に応援してい
る。しかし私は周囲に正義が最後に勝つと言い切っている為に家族や友人達
から孤立しています。

トランプ大統領が「選挙に不正が有る」として敗北を受け入れないことに
大手の米メディアは証拠が提示されていないと無視していますが、ついに
最高の証拠が見つかった。

それはCIAが開発したドミニオンという統計集計ソフトです。同ソフトウェアに
ついてはツイッターやネットで多くの情報が出ている。ジュリアーニも、超や
り手パウエルさんもドミニオンに万人が納得する「エビデンス」があると言っ
ています。

ドミニオン集計システムの請負業者の一人は、新たな宣誓供述書で、投票
日にデトロイトの投票所で「不正行為が行われた」のを目撃したと述べてい
ます。

不正の手口が続々と明るみに出ています。12日、ある研究者が不正選挙
のあったことを示す10件以上の事例をまとめました。一人が複数回投票を
行った、死人が投票した、トランプ大統領に投じられた票がバイデン候補の
ものになった。

トランプ大統領は12日、不正な集計機によって自身に投じられた270万票が
バイデン候補のものになった疑いがあると指摘しています。この機械は全米
約30の州で使用されました。

トランプ大統領は12日にツイッターに、この集計機は自身に投じられた270万
票を削除して、ペンシルベニア州では自身に投じられた22万票余りをバイデ
ン候補の票にしたと指摘しています。

そしてドミニオン集計機は、民主党上層部や中共と密接に絡んでいることが
明るみに出ています

ジョージア州グイネット郡では登録有権者58万人のうち、投票したのは40万
人だったにもかかわらず、最終的な集計結果は81万人が投票を行ったことを
示していました。実際の投票者数を40万人も上回っており、単純計算すると
一人が2票投じたことになります。

ミシガン州ウェイン郡ではあるロットの投票用紙の60%の署名が同一のもの
でした。またミシガン州ウェイン郡では11月4日早朝、別の州のナンバープ
レートが付いたトラックから投票用紙4万票が運び込まれたことが明らかに
なっています。

目撃者は宣誓証書の中で、すべての投票用紙は口頭でカウントされ、しか
もそのすべてがバイデン候補に投じられたものだったと証言しています。
また多くの投票者の生年月日が1900年1月1日になっていました

米政府がドミニオンのサーバーが投票の変換(トランプ氏の票をバイデン氏に
変換した)に関与していると確定した後、情報機関がサーバーの調査を開始
し、そのサーバーがドイツに拠点を置いていることが判明したという。

トランプ大統領の法律団のトップシニアバリスターであるリン・ウッド氏も
13日、「バイデン氏と彼の犯罪者の親族は今夜眠れないだろう。バイデン氏
はScytlという名前を忘れているかもしれない。彼の共謀者は会社のことを
知っていた。彼らは10月20日にScytlを買収したParagon社のことも知ってい
る」と言っています。

またルイ・ゴーマート米下院議員は11月13日、ニュースマックスのインタビュ
ーで、ドイツからの情報によると、米軍は今週、選挙データを保管していた
フランクフルトのScytlというソフトウェア会社を捜査し、ドミニオンのサーバー
を没収したことで、バイデン陣営の選挙不正の直接的な証拠を獲得したと述
べています。

ドイツ政府の許可と協力を得て、米軍はドイツ・フランクフルトにあるScytl社
のサーバーを没収した。ドミニオンのサーバーを通じて、トランプチームは、
いつ投票集計が停止されたのか、誰が停止を命じたのか、誰が投票を入れ
替えたのか、という直接的な証拠を手に入れることができるた。

CIAはこの行動から完全に排除されたという。なぜならCIAはこのドミニオンを
使って各国の選挙に介入しているからです。

このように米大統領選挙での不正の告発が続いています。
マサチューセッツ工科大学博士で、米国で初めてEメールシステムの著作権
を取得した発明家でもある米国籍のインド系研究者、シヴァ・アヤドゥライ氏は
共和党支持率が20%を超えると自動的にトランプ大統領の得票を減らしており、
明らかに修正された形跡がみとめらると言っています。

トランプ大統領弁護団の元連邦検察官のシドニー・パウエル弁護士は11月1
5日、FOXニュースのインタビューで、「われわれは複数の州で選挙結果を覆
す準備ができており、また広範な犯罪捜査を開始するのに十分な証拠も
持っている。私は根拠のないコメントはしない」と述べています。

さらに、「投票集計ソフトがトランプ大統領の数百万の票を民主党大統領候補
のジョー・バイデン氏に移した」と指摘していまs

そしてドミニオン集計機は、民主党上層部や中共と密接に絡んでいることが
明るみに出ています

ジョージア州グイネット郡では登録有権者58万人のうち、投票したのは40万
人だったにもかかわらず、最終的な集計結果は81万人が投票を行ったことを
示していました。

実際の投票者数を40万人も上回っており、単純計算すると一人が2票投じた
ことになります。ミシガン州ウェイン郡ではあるロットの投票用紙の60%の署名
が同一のものでした。

また、ミシガン州ウェイン郡では11月4日早朝、別の州のナンバープレートが
付いたトラックから投票用紙4万票が運び込まれたことが明らかになっていま
す。目撃者は宣誓証書の中で、すべての投票用紙は口頭でカウントされ、
しかもそのすべてがバイデン候補に投じられたものだったと証言しています。
また多くの投票者の生年月日が1900年1月1日になっていました

米政府がドミニオンのサーバーが投票の変換(トランプ氏の票をバイデン氏に
変換した)に関与していると確定した後、情報機関がサーバーの調査を開始
し、そのサーバーがドイツに拠点を置いていることが判明したという。

トランプ大統領の法律団のトップシニアバリスターであるリン・ウッド氏も13日、
「バイデン氏と彼の犯罪者の親族は今夜眠れないだろう。バイデン氏はScytl
という名前を忘れているかもしれない。彼の共謀者は会社のことを知っていた
彼らは10月20日にScytlを買収したParagon社のことも知っている」と言って
います。

 またルイ・ゴーマート米下院議員は11月13日、ニュースマックスのインタ
ビューで、ドイツからの情報によると、米軍は今週、選挙データを保管してい
たフランクフルトのScytlというソフトウェア会社を捜査し、ドミニオンのサーバ
ーを没収したことで、バイデン陣営の選挙不正の直接的な証拠を獲得した
と述べています。

ドイツ政府の許可と協力を得て、米軍はドイツ・フランクフルトにあるScytl社
のサーバーを没収した。ドミニオンのサーバーを通じて、トランプチームは、
いつ投票集計が停止されたのか、誰が停止を命じたのか、誰が投票を入れ
替えたのか、という直接的な証拠を手に入れることができる

CIAはこの行動から完全に排除されたという。なぜならCIAはこのドミニオン
を使って各国の選挙に介入しているからです。このように米大統領選挙での
不正の告発が続いています。

トランプ大統領弁護団の元連邦検察官のシドニー・パウエル弁護士は11月
15日、FOXニュースのインタビューで、「われわれは複数の州で選挙結果を
覆す準備ができており、また広範な犯罪捜査を開始するのに十分な証拠も
持っている。私は根拠のないコメントはしない」と述べています。

さらに、「投票集計ソフトがトランプ大統領の数百万の票を民主党大統領候補
のジョー・バイデン氏に移した」と指摘した。

証拠は続々と出てきています。証拠をすべてを拾い出す事は出来ませんが、
トランプの勝利は目前です。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります


腐っている米大手メディア  11月12日(木)


アメリカのメディア各社が一斉にバイデン前副大統領の当確を発表した。
しかしトランプ氏は「選挙は決して終わってはいない」と声明を発表。

トランプ大統領はまだ敗北を認めていないにも関わらずバイデン氏は政権移行
に向けた取り組みを本格化させています。確かにトランプ氏が主張するとおり
各州政府は現在も開票作業を継続しており、過去の選挙と同様に正式な
選挙結果確定には時間を要する。多くは月末となる見通しです。

さらには州政府による結果認定後も、選挙人による投票、州政府による票の
連邦議会への提出、年明け1月6日の連邦議会での開票を経る必要があり、
次期大統領の選出プロセスは正式には当面続きます。

そして重要なことは上院司法委員会が大統領選挙における違法行為を徹底
的に調査すると述べたことです。

マスコミの印象操作を見てると共和党の中でももう諦めろムード満載でトランプ
だけが駄々こねてる印象だが、実際は違います。

米国では、金融エリートとマスコミとツイッターとフェイスブックが談合して、
郵便投票の不正を隠蔽している。そしてもっと恐ろしいことは米民主党は
中国共産党に乗っ取られていることです。

世界は一丸となって邪悪な中国共産党と戦うべき時です。バイデンに勝たせ
ることは中国共産党の勝利です。もしバイデンが刑務所に入りトランプが勝て
ば、日本の評論家も大学教授もメディアもバカ芸人も国民に謝って下さい。

今日の新聞を見れば「菅首相は当選確実となったバイデン氏と電話会談する
方向だ」と乗っていますが、まだバイデン氏の当選が確実になっていません。
なぜ中途半端の時に電話会談をするのですか?トランプが逆転すれば取り
返しがつきません。

菅首相はあまりも勘が悪すぎる。安倍元首相はどこの国より早くトランプに会い
に行きました。結果トランプ氏の信頼を得、日本の国益に大いに貢献しました。
それに比べ菅首相の勘の悪さは一国のリーダーとしては致命的です。
安倍元首相殿 もう一度復帰して下さい

トランプ氏よ頑張れ、
人間は負けたら終わりなのではない,止めたら終わりなのです。




ffff ← クリックしてもらえると励みになります





著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント