狂犬には棍棒が相応しい!    12月26日(月)


今日も最低な極悪人金正日のことを書いてみます。

日本人は北朝鮮と言えば拉致事件のことを考えてしまいますが、
彼の悪行は今も日本国内で着々と進行しています。
それは金正日の手足である朝鮮総連を使った日本解体作業です。

朝鮮学校や総連支部を日本全国に作り、工作員を養成し、日本を
動かすために、帰化申請して「なりすまし日本人」になり政治家や
教師、マスコミ、企業に入り込んで日本を解体しようと日夜暗躍して
います。

そして朝鮮人政権である民主党政権を誕生させ、ついに日本の首相
にまで在日朝鮮人がなってしまう有様。現在民主党には「なりすまし
日本人」が80名以上もいると言われています。日本国民は税金で
非道な北朝鮮人工作員を養ってきたのです。

前首相の菅直人などはその典型です。君が代・国旗掲揚に反対し、
日本人拉致実行犯の釈放要望書に署名し、在日韓国人から献金を受け、
北朝鮮関連団体に政党助成金であるお金を1億5千万円も日本の税金
を献金し、首相を辞める直前に朝鮮学校無償化審査再開の指示を出し
てやめるなど、どこから見ても日本人とは思えません。

現在も「人権侵害救済法」「外国人参政権付与」「恒久平和調査局設置」
「移民推進」「戸籍廃止」「夫婦別姓」「重国籍容認」などの悪法を
民主党は推し進めています。このようなとんでもない法案を通して
日本を解体して支配するように工作しているのです。

先日北朝鮮関連のテレビを見ていましたら、北の問題には必ず出てくる
某静岡大学教授は「金正日の死は拉致被害者の救出のチャンスである。
まず支援を再開して、国交正常化をすれば、拉致被害者は帰ってくる」と
言っていますが、建国以来国家犯罪を平気でしてきたような国と国交を
正常化するなど愚かしいことです。

この教授は北朝鮮の正体を正しく認識していない。金日成・金正日も
破廉恥きわまりない犯罪者であることが何故わからないのですか?
金父子が居なくなっても三代目の息子金正恩とそれを取り巻く幹部たち
は金父子のやり方を踏襲していきます。

この人間離れした金日成・金正日父子は国家と人民を自分たちの所有
物としただけでなしに、財産権も独占し経済と文化のすべてのものを
独占する前代未聞の略奪者となり、人民を自分たちに絶対服従する
奴隷に仕立て上げてきました。

その結果数百万人の人民を飢え死にさせ、国中を一つの巨大な監獄に
作り上げてきたのです。

金正日は、自分の父親の時期に建設した民族経済をことごとく滅ぼし
北朝鮮人民を今日の悲惨な状況に追い込んだ犯罪者でしかないのに、
「偉大な将軍様」だの「21世紀の太陽」と騒ぎたてるなど呆れかえる
ほどのお笑いです。

我々お人好し日本人は朝鮮・韓国民族や中国人の正体をよく知る必要
があります。彼らは想像を絶する虚偽と欺瞞が服を着た詐欺集団なの
です。

傷ついた虎を助けてやったからといって虎が恩返しをしないように
彼らを何回助けてやっても恩にきるどころか、隙あらば猛然と
襲い掛かってくる野獣民族なのです。

今後北朝鮮が生き残る道は改革開放以外にはないことは誰の目にも
明らかですが、それにもかかわらず北朝鮮統治者たちは改革開放には
向かわないと思います。

なぜなら改革開放に進めば金父子や幹部の犯した世界も驚愕する全て
の罪悪が白日のもとにさらされるからです。そうなれば人民大衆は
怒りに震え、復讐があることは疑う余地がありません。だから恐ろし
くて改革開放が出来ないのです。

それと改革開放をすれば彼らが享受している当方もない特権を失う
ことになります。

北朝鮮を改革に導くには、北朝鮮人民の覚醒が不可欠ですが、長年
飢餓状態が続いた国民にそのような気力があるとも思えません。

しかし一国の政治の変革はその国の人民によってしか成し遂げられな
いことは今までの歴史が証明しています。

金正日は死んでいるのか地下に潜ったのかわかりませんが、この男は
300万人もの人民を平然と餓死させ、日本人を拉致し、核を持って
恐喝するような大犯罪人です。その犯罪人の顔色をうかがい、刺激しな
いように食料や金を与えてきた日本の政治家の罪はとても許せません。

苦難の底でもがき苦しむ北朝鮮人民や日本の拉致被害者救うためには
北を崩壊させることしか救う道はありません。

そのためには一粒の米すら与えてはいけません。北を脱北した幹部の
黄長樺氏は「狂犬におびえるな」「狂犬には棍棒がふさわしい」と
言っています。日本の政治家は肝に銘じるべきです。




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

韓国 北朝鮮敵視せず     12月23日(金)


金総書記死去によって「北朝鮮 敵視せず」韓国大統領、融和へ転換
(12月23日付け 産経新聞)

北朝鮮敵視政策をとっていた李明博大統領が突然対北融和策に転換した
のはなにも金総書記の死去とは何の関係がありません。

李明博大統領は米国の国防総省の指示に従って、北朝鮮を敵視して
対立状況に持ち込み、一触即発の危機状態を作り国民を戦争の恐怖を
煽ることによって米韓軍事同盟を強化する対米従属策を米国の指令
通りにやってきました。

韓国は北朝鮮の南侵の脅威を常に感じている以上、米軍に頼らなければ
枕を高くして眠れません。李大統領は同盟国アメリカを甘えのきく親分
でその軍事的コミットメントは絶対と考えていました。

しかし李大統領は米韓FTAの毒素条約を無理やり飲まされた時から
韓国は米国にとっていつでも捨てることのできる便利な手駒に過ぎない
ことを思い知らされました。

もちろんこの毒素条約を締結するための条件として日韓スワップ条約で
日本から5兆円の担保を手に入れることができましたが、それも米国
企業が損をしないための資金であることが 徐々に分かってきました。

米国はウォー・エコノミー(戦争経済)を維持していくためには、北朝
鮮の脅威を煽る必要があります。しかしウォー・エコノミーを維持する
ためにはそれなりの状況がひつようです。

それ故米国は北朝鮮が崩壊するのは都合が悪い、だから金総書記死亡の
前の話ですが、北朝鮮への24万トンの食料支援を決めていたのです。

米国の指示通り北朝鮮敵視政策をとっていた李大統領は米国の信義の無
さに嫌気がさし、北融和策に切り替えたものと思われます。

それとハンナラ党内では、このまま来年の大統領選挙でも北敵視策をと
るより、国内世論に従って対北融和策に転換したほうが良いということ
になり、北融和策を主張している同じハンナラ党の人気者の朴大統領の
娘を再登板させることができると読んだようです。

ところが李大統領が北融和政策に切り替えても北朝鮮では金正恩氏の
体制を固めるために、あえて韓国との小さな武力衝突を起こして、国内
の結束を高める政策を取ると思われます。

北朝鮮内部では最近金総書記の妹である金敬姫を大将に昇進しています。
その夫がNO2の張成沢氏です。この二人が金正恩の後見人として北朝鮮
を運営していくものと思われます。

張成沢氏は経済改革の担当で、北朝鮮を中国型の「社会主義市場経済」
を取り入れない限り国民を飢餓から救えないと思っているまともな人
です。この夫婦は中国共産党からの支持も信頼もされています。

しかし軍は金総書記の先軍政治である「軍隊は党であり国家であり、
人民である」という軍事優先の思想に染まっています。

そこで金正日の死で当然のごとく権力闘争が起こってきます。

中国は密かに北朝鮮内部のトラブルを待っています。北朝鮮軍が動けば
即中国人民軍を投入して制圧します。星条旗が北でなびかないためにも
電光石火で動きます。北へ侵入した中国人民軍はそのまま居座って
北を支配していきます。

三代目である金正恩は長生きできない運命のようです。





ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

北朝鮮はさいとうたかおの描くコミック劇画   12月21日(水)


残忍きわまりない無法者金正日がついにこの世を去りました。
報道によれば現地指導のための移動中に心筋梗塞を起こして突然
亡くなったそうです。

しかし金正日は本当に亡くなったのでしょうか? 
死んだふりをして今後地下から息子の正恩氏に指令を出していく
ような気がしてなりません。

北朝鮮の中央テレビの画面をそのまま流している日本の各テレビを
観察していますと、疑問がうんかの如く湧いてきます。

移動中による突然の死(死亡は午前8時30分)、絶対的独裁者の
金正日がこんなに朝早く現地指導のために列車に乗るなど有り得ない。
過労のために走る列車内で心筋梗塞を起こし突然なくなるとの報道
も,強盛国家建設のため超強行軍の日々で国民のために一生懸命に
働いているという演出のような気がしています。

死んでから、まるで用意されていたかのようなテレビ画面、泣き
叫ぶ見苦しい国民の様子、花に囲まれて安置された遺体、中国から
花束を持って沈痛な表情で帰国を急ぐ国民などあまりにもテレビ画面
の手際が良すぎます。

以前雑誌で読んだ記憶ですが、彼は自分の身を守るために、平壌市内
に地下鉄より深い地下通路を網の目のように造り、平壌から40キロ
離れた慈母山まで地下通路が繋がっていて、慈母山には別宮が建設さ
れ飛行施設まであるそうです。

平壌には金正日の長寿問題を研究する最新設備を備えた大規模な「長
寿研究所」があり、研究結果に従って長寿食品を世界的範囲で調達
して、医療施設も最新鋭の設備を備え世界的な医師との契約もして
います。

常に暗殺を恐れていた金正日はそっくりな影武者を用意しています。
宮殿に安置された遺体は影武者の遺体かもしれません。

金正日が常に恐れていたことは、中東で崩壊中の独裁者の惨めな末路
や中国やCIAによる暗殺です。彼が恐れているのはアメリカではなく
中国からの圧力です。後継者問題においても中国は長男の金正男を
押していましたが、長男は中国語、フランス語、英語の喋れる近代的
な考えのできる切れ者です。

海外経験のない金総書記は長男とは合わないし、それとあまりにも
中国に取り込まれた長男は危険すぎる。金総書記は早く実権を握りた
くて親である金日成を暗殺(噂)したように長男を後継者に決めれば
自分も同じ目に会うと考えたかもしれません。

金総書記の究極の目的は南北統一でが、北朝鮮が南侵しても勝利する
可能性はなく、失敗すれば北朝鮮に星条旗がなびくことになり元も
子も失う結果を招くと中国は反対しています。

しかし金総書記は何回も中国に止められても南侵の可能性について
研究と機会を狙っています。中国は言うことを聞かない金総書記は
邪魔になって仕方がありません

以前移動中の列車が爆破され、かろうじて助かりましたが明らかに
中国の仕掛けです。金総書記はこのことを踏まえて急死を装って
地下に潜ったのです。

地下に潜ったということは密かに南侵を決意したと思われます。失敗
してもすでに死亡した自分を探しはしないし、殺されることもありま
せん。

南侵を成功させるキーポイントは電撃戦の方法で韓国全域を迅速に占領
し、そのあとアメリカが参戦できないような方法を考えることです。

在韓米軍は2004年時点で約3万7500人ですが3分の1に減らしに
掛かっています。危険を感じた韓国は在韓米軍の縮小に反対しています。

金総書記は在韓米軍が3分の1になった時がチャンスだと虎視眈々と
ねらっています。中国との戦争は極力避けたいアメリカはどう出るか
参戦か、話し合いか。いずれにしても金総書記は地下で息子を通じて
指揮を取るつもりです。

金正日が地下に潜ったことを知らされているのは息子とNO2の張成沢
と金正日の妹であり張成沢の妻である金敬姫と軍の一部の最高幹部だけ
だと推測されます。

地下に隠れた金正日は連日の日本の各テレビの過剰報道や世界の報道を
悦に入って見ています。特に日本の過大なニュースやコメンテーターの
解説を見て自分がいかに偉大な男であるかと錯覚しています。

自分の死によって各国の動きが分かり、また軍の批判者をあぶりだすこ
ともできます。まさに最高の作戦であると金正日の高笑いが聞こえて
きます。

この北朝鮮物語の最終章は来年中国の国家主席となる上海閥の習近平が
北朝鮮を支配します。彼は人民軍をバックにして権力を手に入れた男
です。北朝鮮が南侵の素振りを見せただけで即北朝鮮に侵入して制圧
してしまいます。

北朝鮮軍内部にはすでに習近平に篭絡された軍の幹部たちが情報を
流して、その時が来れば習近平の手足となって動けるように段取り
がされています。

そして面倒をみている長男の金正男氏を北朝鮮の最高指導者に祭り上げ
ます。これでアメリカも北に手を出すことができません。

長男の金正男は近代的な感覚の持ち主だけでなく、拉致を批判して
金総書記に嫌われた優しい男です。拉致の解決はこの金正男が北の
トップになるまで無理なようなきがしています。

それまで拉致家族の皆様が長生きしてくれることを祈るばかりです。

北朝鮮物語はまるで漫画チックで希望のない暴力的な劇画のようです。





ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

脱北者報道の怪       9月16日(金)


水曜日の朝「みのもんた朝ズバ」をコーヒを飲みながら見ていたら
能登半島沖の日本海で脱北者とみられる男女9人が保護された、責任
者を名乗る男性は「自分は朝鮮人民軍の部隊所属」と放映されていた。

産経新聞の報道によれば、「北朝鮮は食料難が続いており、配給に
頼っていた軍需工場の従業員や公務員の家族にしわ寄せがきている。
優先的に食料が回されてきた軍人の中でもここ1年で餓死者が確認さ
れた」と報道されています。

ところがこのTBSの朝ズバではわざわざ以前脱北した北朝鮮人を画面に
登場させ「脱北したのは自由が欲しかったからで、食料は十分あった」
と言わしています。

この白々さ、TBSの上層部も間違いなく「なりすまし日本人」に支配
されている事が歴然としています。

北朝鮮は建国63年周年を迎えた9日、金正日と後継者の正恩氏が観閲
する中軍事パレードをおこなった。来年は故金日成の誕生100周年で
あり、北朝鮮が「強盛大国」を開く年と位置づけています。

金王朝の磐石ぶりを内外に誇示しようと目論んでいる矢先に日本に流れ
着いた脱北者の中に朝鮮人民軍の軍人がいるということは非常にまずい。

何故なら北朝鮮でも恵まれている立場にいる軍人でも、命までかけて
逃げ出したくなるほど、食料事情が逼迫していることが世界中に
分かってしまうからです。

朝鮮日報によれば「北朝鮮とロシアが来年合同軍事演習を実施する」と
載っています。今回の軍事演習は北朝鮮側の求めによるものだと伝え、
主導しているのが総書記の息子である金正恩だと報じています。

ロシア紙のイズベスチヤは金正日が8月20日ロシアのシベリアを訪問に
際してロシア財務省の話として、北朝鮮が10年以上前に借り入れた債務
110億ドル(約8460億円)を事実上全額免除することをきめたと報じて
います。

北朝鮮がどのような餌でロシアを釣ったかわかりませんが、両国の
親密度が加速しています。

このように北朝鮮の思惑通り進んでいる状況下の中で、北朝鮮の軍人
が飢えで逃げ出したとなれば、金正日とってメンツ丸つぶれです。

そこでTBSの「なりすまし日本人」である上層部に北から司令を出し、
食料事情が逼迫していることを隠す目的で以前の脱北者をわざわざ
画面に登場させて「自由が欲しかったからで、食料は充分にあった」と
いう映像を流したと思われます。

翌日のNHKのニュースでは、一転してこの人民軍の兵士が「自分は軍
の資金獲得のために働いているタコ漁などをする漁師だ」という主旨の
説明があったと報道しています。

国連の人道機関の統計によりますと、北朝鮮の幼児の3人に1人は栄養
失調状態だと発表しています。いずれにしても一般市民だけでなく軍人
も相当生活が困窮していると思われます。

しかしこの国が目指している「強盛大国」になるためにどのような方策
があるのか見当もつきません。「ゆすり」「たかり」「詐欺行為」で
強盛大国になるつもりですか?

この国と貿易することは今や不可能です。国際的に北朝鮮との貿易に
全世界の国が保障はしていません。北朝鮮の民間貿易の取引は支払い
されないことが分かっているので当然保険はありません。

輸入はすべて現金前払いです。輸出は鉱物資源が豊富に埋蔵されてい
ますから将来現金は手に入りますが、鉱山、銅山、レアメタル、石油
などは中国が独占採掘権を取得しています。もちろんイギリスもロシア
も採掘権を狙って北朝鮮にさかんに近づいています。

北は現在食糧不足、オイル不足で中国に依存しなければ生きていけない
状態です。中国は北朝鮮の弱みにつけ込んで北を保護下に置き、植民
地化しようと画策しています。

プライドの高い金正日は、北を植民地化しようとする中国の意図を
察知して 牽制のためにロシアに近づいています。逆にロシアは北
の安い労働力を利用して、シベリアの木材伐採作業に大勢の北朝鮮
労働者を使っています。これは政府間の契約で、賃金は一括北朝鮮
政府に支払われています。

現金の足らない北は,羅律港の50年に亘る租借権を中国にうりました。
中国は将来日本を攻撃するために日本海への直接の出口を確保したこと
になります。

地下資源の切り売りで強盛大国になるなら問題はありませんが、麻薬
武器、偽札、偽タバコなどで金を稼ぐなら世界が迷惑します。

そういえば小宮山厚生大臣が就任早々自らの管轄でもないタバコ値上げ
論をぶちあげましたが、偽タバコ販売の北朝鮮にとっては営業がしや
すくなります。なにも日本製の偽タバコでなく、外国製の偽タバコを
作って第三国経由で日本に安く販売すれば大儲けできます。すでに
ネットでは「海外の激安タバコの個人輸入代行」が大流行です。

まさか小宮山氏が北と繋がっているとは思いたくありませんが、この
怪しげな女性議員は外国人参政権や夫婦別姓制度の導入に積極的です。

その上「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を
推進する議員連盟」に所属しており、国旗・国歌法に反対しています。

もっと怪しげなことは「恒久平和調査局設置」を求めています。この
法律の危険な所は自虐史観の事柄を「有った」と特定・固定化しそれ
以外の異論や言論を、政治による法制化によって禁じることです。

つまり「自虐史観」固定のための、言論の自由を封じる恐ろしい法案
です。このような法律で日本国を崩壊さすような人が純粋の日本人
でしょうか?

今日もどんどんあさってに飛んでいきます。怪しげな民主党議員を
我々の1票で早く排除しましょう。この美しい日本を守るために。

何もかも失われた時も、未来だけはまだのこっています。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

北朝鮮シンパの政治家   1月7日(金)


韓国事務所から新年の挨拶を兼ねたメールが入りました。
ソウルは30年ぶりの寒さで零下9度,漢江も凍ったそうです。

年末のテレビニュースを見ていますと海外旅行の1番は韓国です。
近くて安いということもありますが、北朝鮮砲撃で韓国は緊張状態
の中、なぜ韓国旅行なのか理解に苦しみます。

この人達は南北が戦争状態になっても日本の自衛隊機は助けにいけ
ない事が分かっているのでしょうか、

北朝鮮からソウルまでの距離はわずか50キロしかありません。北朝鮮
が地下に埋めたり、崖をくりぬいて設置した約1万門の大砲が数時間
以内に間違いなくソウルを廃墟にしてしまいます。

ソウルの防空壕は地下鉄を中心に市内の地下道が張りめぐらされ、街の
地下全体が防空壕となっており、ソウル市民の避難訓練まで日本の
テレビが報じていました。

それでも韓国の旅を楽しめるとはまさに平和ボケそのものです。
平和ボケは日本人だけではなく韓国人も平和ボケしています。ソウル
市民の約80%強が戦争にならないと断言しています。

その根拠を聞いたわけではありませんが、戦争になれば北朝鮮はアメ
リカによって消滅されてしまう。金正日はそのような自殺行為はしない
というのが根拠のような気がします。

ここで北朝鮮側に立って情報を分析してみます。北朝鮮が一番恐れて
いるのはアメリカではありません。中国です。

中国も実は北朝鮮を恐れています。相互の不信感はアメリカや日本が
考えている以上に悪化しています。

北朝鮮の核爆弾は太平洋の彼方のアメリカには無力な兵器でも中国に
とっては、現実に恐ろしい脅威なのです。

もちろん中国には北朝鮮の核など圧倒する核戦力もミサイルもある。
しかし北朝鮮は失うものが何も無いのに、中国には失うものがあり過ぎ
る。金正日と争って中国には何の得もない。

中国の狙いは北朝鮮をチベットやウイグルのように自治区にすること
です。その為に一部の北朝鮮人民軍を暴発させて治安維持を口実に
中国人民軍を平壌に入り北を占領することです。

ところが情報収集に携わっていた数多くのスパイが金正日によって摘発
され、銃殺されています。結果北朝鮮の情報収集も 軍を暴発させる
ことも出来なかった。

今回のヨンピョン島砲撃も中国を脅すことが目的です。なぜなら韓国と
全面戦争になれば当然アメリカの攻撃を受け結果として北朝鮮全土に
星条旗がなびくことになります。

中国が絶対に避けねばならない事態なのです。中国は北を自治区にする
ことによって北の豊富な地下資源を独り占めすることが真の目的なの
です。最近アメリカも中国の狙いは100も承知です。

北はウラン濃縮設備を米専門家に見せたことも,ヨンピョン島への砲撃
も全て中国を意識して行動しています。

中国は北を崩壊させることは簡単です。原油の供給をストップすれば
北の経済活動はもちろんのこと軍の戦力も極めて短期間に崩壊、消滅
させることが出来ます。

しかしそれをやれば北から核ミサイルが北京に向けて飛んできます。
金正日は生き残りを賭けて、必死で大国中国に刃向かっています。
北朝鮮の紛争はアメリカでも韓国でもありません.中朝間の抗争なの
です。


21世紀 北朝鮮が「テロ国家」の顔をあからさまに見せたことによって、
日本国内における北朝鮮の支援勢力はすべての分野において急速に衰退
する運命を迎えることになった。

日本には北朝鮮に買収されている一群の政治家が存在します。左翼陣営
に属する人たちだけではない、むしろ自民党の中にも北と深い関係を
持っている有力な政治家グループが存在しています。それが超党派で
結成された「日朝友好議員連盟」です。(すでにウイキペディアから
政治家たちの名前が消されています)

現在民主党内で朝鮮学校無償化で蠢いている議員たちは、間違いなく
北朝鮮に買収されています。

しかし幸いなことに目覚めた日本国民の多くは北に篭絡された政治家
に対する監視活動が厳しくなっています。

北朝鮮という国家が日本国民を拉致し、生き地獄に落としこむという
行為に間接的にこれらの政治家は加担したことになります。

拉致というテロを遂行するために必要な準備活動に朝鮮総連の多くの
メンバーが関与していたことも現在では常識として認識されています。

その朝鮮総連から資金と票を貰っていた売国政治家たちを我々日本人
は決して忘れてはいけません。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

著書

コラァ!中国、いい加減にしろ!

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/