菅首相殿、頼りにしてまっせ。  9月24日(木)


菅義偉首相は20夜、トランプ大統領と電話会談した。両首脳は日米同盟を
一層強化させていくことで一致した。安倍前首相が主導した「自由で開かれ
たインド太平洋」の実現に向けて連携することでも一致した。(21日産経新聞)

その上 トランプ氏は「24時間何時でも何かあったら電話してほしい」と言った
そうです。これらは安倍首相の最大の置き土産です。菅首相殿アメリカ大統領
がここまでいうことは安倍氏最大の功績です。その事を肝に銘じて政治を進め
て下さい。

大部分の国民は自分の身の回りのことしか考えないし、政治家は次の選挙と
派閥抗争しか頭にありません。日米関係がどうなるかなど大多数の国民も
政治家も深く考えることはありません。そういう愚かな人たちを引っ張って
いかなければなりません。

激動する世界において同盟国という言葉は本来の意味を失いつつあります。
トランプ大統領以前のアメリカは「反日」でした。その証拠はいろいろありま
すが、第二次政権発足から1年後の2013年12月26日に安倍首相は靖国
神社に電撃参拝した。中国や韓国は激しく反発しましたが、米国も「失望」
との声明を発表、米国が中国や韓国の発する日本の悪口を信じていたかが
よくわかりました。

欧米諸国では、中国の大嘘に気づいたのは実はそれほど前のことではない。
もともと中国に地理的に近い日本や周辺アジア諸国と欧米諸国では中国の
脅威の認識において大きな隔たりがあった。

ニクソン・キッシンジャー訪中以来続いてきた中国に宥和的な政策を米国が
転換したのは、実はトランプ大統領になってからです。そのきっかけは
コロナ禍を拡大させた事によって中国の独裁政権の体質を世界に強く印象
づけた事です

アメリカは安倍首相の努力と露骨な中国の覇権主義に気がついた為に日本
の価値が上がった。故に日米は本当の同盟関係になれたのです。

自国の利益と生存は自分の手で守り自分の手で保証していく、この
一見当たり前のことが日本人にどれだけ理解されているだろうか。
つまりこれまでのように米中双方にいい顔をしたり「安全保障は米国、
経済は中国」といった使い分けをしたりすることが許されない、

アメリカは世界各国に中国を選ぶかアメリカを選ぶかという踏み絵を踏ませて
いる。日本は常にアメリカ側にあるという立場を明確にしなければいけません。
これは自由と民主主義を支持するのか独裁を支持するのか、曖昧な立場は
国を滅ぼすだけです。菅首相殿このことをよく理解して下さい。

マスコミや経団連など中国との関係改善を求めているが、日本はあくまで
アメリカと同盟を結んでいる以上アメリ側なのです。

中国から撤退することの難しさはよく理解しています。「民事訴訟法231条」
という悪名高き法律が中国にあります。従業員から訴えられただけで、責任
者は日本への帰国すらできにくくなります。

同時に、資金の持ち出しも不可能です。たとえ帳簿上は利益が出ても、持ち
帰ることが出来ません。技術や知的財産権も同じです。つまり会社にとって
なんのメリットもない。こんなひどい国と付き合っても損をするだけです。

そのうえ勝手な法運用や解釈でルールを変えてしまう国とは付き合っては
いけない。私は15年以上前に、このような理不尽の国とは縁を切りましたが、
逃げ遅れた中小企業の仲間たちが頭を抱えています。

馬鹿な左翼や一部のメディアの言う「話し合えば上手くいく」とか「助けてあげ
ればきっと助けてくれる」とか甘い言葉に騙されてはいけない。
過去アメリカの中小企業も中国に技術と金を奪われ、ひどい目に合わされて
来ました。この現実を明確に認めたのがトランプです。

過去のアメリカは全て、中国の行為を看過してきた。しかし、そうした日々は
終わった。

菅首相にお願いしたい。コロナ禍が過ぎ去っても中国からのインバウンドに
期待してはいけない。彼らによって野蛮で調和の取れた日本文化が破壊され
ます。中国人観光客には経済力があっても文化力は無い、道に唾を吐く団体
客が傍若無人に闊歩しているだけです。

こんな事を言うと「中国は日本の先生」です。と言い返す人がいますが、我々
が勉強してきた中国人は2千年前にすでに絶滅しています。日本人が漢字
を使っているからといって中華圏の一員」だと妄想するのは、
勘違いも甚だしい。このことは以前のブログで何回も解説しています。

中国は近代化するどころか、ますます傍若無人さと暴虐さを増すばかりです。
台湾の蔡英文は「米・日・欧など価値を等しくする国々とのパートナーシップを
深めていく」と宣言し、中国と離れていくことを断言しました。

二階幹事長は習近平の国賓来日について「中国とは長い冬の時代もあった
が、今は誰が考えても春、訪問を穏やかな雰囲気の中で実現できることを
心からねがっている」と発言しました。中国のどこを見て「春」という認識
なのか、ネクタイを結んだバカを日本の中心に置いておく危険性を痛切に感じ
じています。

世界は中国排除に動きはじめているにも関わらず、このばかな幹事長を早く
引退に追い込まなければ、日本は世界からバカにされ 中国寄りと勘違いさ
れます。

菅首相殿、中国との関係改善を求める経団連や親中派の連中の圧力に
負けないように祈るばかりです。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります


安倍元首相殿ご苦労さまでした 9月19日(土曜日)


7年9ヶ月の安倍政権が終わった。本当にご苦労さまでした。私の評価は戦
後の首相の中でピカイチでした。彼の最大の功績は国際社会における日本
の復権だと思います。

つまり安全保障における集団自衛権の行使を可能にした事と 安全保障会議
(NSC)の創設です。

日本の安全は米国との同盟関係なしに成り立たない。しかし戦後の米国大
統領は、同盟関係にも関わらず日本を敵対し、日本を信用していなかった。

オバマ元大統領の前半まで、外交顧問として影響力を持っていたキッシンジャー
の助言で日本は完全になめられていた。彼は日本のことを常に貶め、ジャップ
と侮蔑していました。

キッシンジャーはアメリカより先に中国と国交回復した田中角栄を憎んでいまし
た。後年、田中角栄はロッキード事件でアメリカの罠にはまり、失脚します。

日本の歴代首相は、のんきに日本とアメリカは運命共同体で、しかもその関係
が未来永劫続くと考えていた。

だから過去アメリカは何回も日本に対して大きな罠を仕掛け、日本はその罠に
まんまとはまり込んで常に大きな国益を損したきた。しかし、大部分の日本人
はこれに気づいてもいない。それどころか同盟国であるアメリカがそんなことを
日本にたいしてするはずがないと頭から信じ込んでいました。このナイーブ性
こそ罠を仕掛けるうえでアメリカが最大に利用してきた一つです。

しかしここに至って事態は急変した。長い間アメリカが練ってきた対日戦略の
シナリオは完成し、それを実行に移す直前に大統領がトランプに変わった。
そして邪悪な中国の野望が見えてきた。

安倍氏はこの機会を逃さず就任前のトランプに会いに行きました。それ以降
も50回近くに及ぶ電話会談や実際の会談を含めて、中国の危険性や韓国
のウソや国際条約を守らないこと事を説明してきました。

世界の指導者が苦労する中、あの難しいトランプと強固な信頼関係を築いた
ことは安倍氏の最大の功績です。結果国際秩序の形成に日本がリーダー
シップを取ることになんの違和感も感じなくなりました。

平成27年に成立させた安全保障関連法によって日米同盟を深化させる
事によって日本の領土・領海・領空を断固として守るという決意を中国に
見せました。

このような日本にとって素晴らしいことをメディアは国民に教えませんでした。
それどころか安倍政権のやることなすこと「何でも反対」と新聞、テレビ局
野党などで、日本の宝である安倍首相を批判し続けてきました。

安倍首相が当初掲げた「憲法改正」「拉致問題解決」は実現しなかったが、
野党やマスコミのヒステリックまでの総攻撃されれば何も成立しない。
この人達は本当に日本人だろうか?日本国籍をとった在日集団だと
思えて仕方がない。

管義偉総裁殿、あなたの掲げた改革の旗は正しいですが、まずそれより
日本を悪くする在日集団を追い出す法案を作って下さい。
それをやらない限り日本は良くなりません。

安倍首相はまだ65歳、国民が要請すれば3度目の登板もありえます。
もう一度登板して下さい。神が与えた使命です。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります





ffff ← クリックしてもらえると励みになります





気持ち悪い石破茂


テレビのコメンテータはもっと知識を勉強してから発言してください。
メディアを含め評論家たちはなぜか、石破を応援しています。

党人参加の選挙で選べば、石破が総理になれそうなことを平気でコメントし
ています。過去首相が任期途中でやめた場合は党員投票はやっていないと
いうことを知っていますか?

彼は何故自民党内で嫌われるか、それは「裏切り者」「後ろから鉄砲を撃つ」
「言行不一致」など言われてきたからです。日本人は昔から卑怯者という
レッテルをはられることが一番屈辱でした。

彼の過去は裏切りの歴史です。その彼がマスコミの世論調査で第一位とは、
さすがにどう考えても、おかしい。 テレビしか見ないものと ネットをやって
いるものとの差が出たような気がしています。ということはテレビの報道は
真実を教えていないということです。

それでは石破茂の裏切りの歴史を書いてみます。
① 1981年、彼の父の葬儀に真っ先に駆けつけてくれた田中角栄氏を
裏切り中曽根派から立候補をする。

② 1993年自民党が野党に転落すると森喜朗幹事長に「私はね、政権与
党にいたいんです。自民党の歴史は終わった」と捨て台詞をはき離党する

③ 小沢一郎が新進党を結成するも、総選挙前に離党。小沢一郎を裏切る

④ 自民党に復党するも誰も相手にされず、伊吹文明氏が気の毒に思って
伊吹派の入れてあげるも、その後「派閥は旧態然としている」の捨て台詞で
伊吹派を離脱、恩のある伊吹氏を裏切る。

⑤ その後麻生政権の閣僚を努めるが、支持率低迷で総選挙が近づくと、
麻生おろしに加担、麻生太郎氏を裏切る。

⑥ 自民党総裁選で安倍晋三氏と総理を争い敗れる。気のいい安倍氏は
彼を幹事長に任命するが、何もしない幹事長のため地方選挙で連戦連敗、
自民党支持者を裏切る。

⑦ 安倍氏より安保関連法担当大臣を任せたいと言われるが、勉強するの
が面倒くさそうなので、断る、代わりに地方創生担当大臣を任命される。その
時 既得権益者から袖の下をもらい加計学園問題で地方見殺し、地方を
裏切る。

⑧ 自民党総裁任期延長問題で総務会で吠えまくるが、誰も相手にされず、
派閥政治を否定していたのに石破派の水月会を結成、

⑨ 森友問題や加計学園問題で自衛隊日報問題で新聞テレビに連日出演し
て、安倍政権と自民党を背後から撃つ発言をしまくり、マスコミの安倍おろしに
加担 安倍晋三首相を裏切る。

最後に裏をとれないので少し迷ったのですが、彼のハニートラップについて
書く必要があります。北朝鮮で石破茂は「女はいないのか?」・・・と要求まで
したとか… 。 「オネダリまでした!?石破茂」は、自民党総裁に相応しいのか?

拭いきれない「北朝鮮ハニートラップ説」と「国を売りかねない弱み」
このように裏切りの歴史を知れば自民党内では誰も支持しない。国民はこの
ようなことをもっと知る必要がある。石破を支持する人はテレビしか見ない、

石破が党内で嫌われる理由が分かっていただけたと思います。在日に支配
されているテレビはこのようなことは一言も言わない。
それと党員資格は2年間8000円を収めれば党員資格ができるそうです。
今や自民党の党員の半分強は在日だそうです‥クワバラ~クワバラ



ffff ← クリックしてもらえると励みになります




(ブログの曜日が変則になりましたが、明日から1週間
入院します。無事帰ってきたらまた続けます。)


安倍首相辞任表明「晴天の霹靂」  8月30日(日曜日)


安倍総理大臣は28日に記者会見し、持病の潰瘍性大腸炎が再発したことを
説明して辞任する意向を表明しました。

テレビを見ていますと目標だけで何も出来なかった総理大臣として功罪の
罪の部分だけを拡大して説明をしています。私は皆様がメディアに洗脳され
ないように功の部分をとりあげて見たいとおもいます。

2002年、小泉首相の北朝鮮訪問に随行し、小泉首相と金正日総書記との
首脳会談では「安易な妥協をするべきではない」と毅然とした対応で臨んだ。
拉致被害者5人の帰国は実現したものの内閣官房参与の中山恭子と共に
北朝鮮に対する経済制裁を主張し、拉致被害者を北朝鮮に一時帰国させる
方針にも中山と共に頑強に反対した。

対話路線などの慎重論を唱える議員が多かった中で、安倍氏の姿勢は強盗
集団の北朝鮮を許さないと首尾一貫していました..

このときから将来の日本の首相はこの人しかいないと固く信じていました。
私のブログは常に安倍晋三氏を応援してきました。特定疾患である「潰瘍性大
腸炎」で1年で退任して復活まで3年間、24年に発足した第二次安倍内閣ま
でジリジリしながら待っていました。

メディアは安倍首相の功罪として罪の部分ばかり大げさに取り上げます。
だから一般国民は安倍首相の功の部分をあまり知らない。まず1番の手柄は
集団的自衛権の限定行使を認めた安全保障関連を成立させた事です。これ
により、米国に頼るばかりの片務的な日米同盟関係はより対等に近づいた。

左翼たちの日米関係の偽善的な議論はもういい加減に止めよう。バカ野党の
「日本は平和憲法があるから専守防衛に徹し、米国に攻撃を任せる」という
のは、自分勝手すぎる。

米国が自分の土地でもないのに対処してほしいとお願いしても、日本が何も
しないくせに米国の兵隊を犠牲にするなど厚かましすぎる。米国にだって都
合や優先順位がある。自国を守るためには、覚悟を決めて攻撃力も持ておく
べきです。

それから機密を漏らした公務員らへの罰則を強める「特定秘密保護法」を成立
させた事です。これは各国との情報共有を進めるための法律です。
さらに韓国の陰謀で「慰安婦募集の強制性」を河野談話のいい加減な根拠で
作られたことを白日の下にさらした。

常に歪曲している朝日新聞も結局、慰安婦強制連行の誤りを認めざるを得な
かった。27年の韓国との間で慰安婦合意も米国を立会人にしてテレビカメラの
前で合意を発表した。

そしてさっさと10億円の拠出を済ませた。これは「最終的かつ不可逆的な解決」
のはずが、相変わらず約束を破る国で、慰安婦合意も事実上ほごにされていま
すが、そのために米国を立会人にしたお陰で、常に韓国が大嘘をついている
ことがわかり韓国の信用が無くなっています。

安倍氏の戦略の勝利です。元々慰安婦は連行されたのではなく個人の
ビジネスであったことを言っても埒が明かない、常に日本に因縁をつけて金を
むしり取ることしか考えてないヤクザの韓国とは縁を切りましょう。

韓国の宣伝で安倍首相のことを歴史修正主義者であるかのように言いふらし
ていたが韓国のウソが徐々にバレだしてアメリカだけでなく世界各国が韓国
を無視しだした。北朝鮮の金正恩すら文在寅大統領を信用しなくなった。

これまで日本は韓国に対して非常に甘い対応を繰り返してきた。竹島問題に
始まり、慰安婦問題、レーダー照射問題、徴用工問題など、日本政府は「遺
憾の意」を表明する程度で、実際の制裁には至らなかった。

しかし安倍首相はこれまでと異なる強い対応をおこなった。結果実施された
ッ化水素、レジスト、フッ化ポリイミドの3品目にたいする輸出規制、韓国を
「ホワイト国」から除外した。これは安倍首相はトランプ大統領と連携して
韓国に制裁を加えたのです。

安倍首相の辞任に対して各国の首脳などからこれまでの功績を称える言葉が
寄せられています。イギリスのジョンソン首相は、「安倍総理は日本や世界の
ために偉大な功績を残した。日英関係はより強固なものになった」と評価しま
した。

アメリカの政府高官は「長年の安倍総理によるリーダーシップに感謝する」と
述べた上で「トランプ大統領と安倍総理の関係によって日米関係はかってない
ほど強固になった」といっています。各国のテレビは安倍首相辞任の報を受け
て番組の途中にこのニュースを入れて報じています。いかに安倍首相が世界
の重要人物かを証明しています。左翼評論家が安倍氏をけなしても彼の偉大
さは変わりません。過去日本の首相でここまで世界の重要で著名なになった
人がいたでしょうか、

米国では安倍首相の以前までは非常にずるい国民だと誤解されていました。
それもキッシンジャーの洗脳でアメリカ高官たちは誠実で正直な日本を
まるで韓国人や中国人と同等のように感じていました。

日本が一番警戒しなければいけないのは、欧米をはじめ世界が日本を中国や
韓国と混同することである。彼らは日中韓の区別がつかない。しかし安倍首相
は世界中を回って日本を宣伝してきました

だから5年前キッシンジャーの洗脳が溶けたオバマ米大統領が、日米は単な
る同盟国ではなく真の「グローバル・パートナー」だと宣言してくれました。

世界情勢が混沌とする中で日本が唯一の同盟国であり米国とよく協力して
国の進路を切り開いて行くべきです。

日本を悪い方向に引導しているのは、媚中派の政治家と左翼評論家です。
同盟国の米国トランプは安倍首相の努力で既に覚醒している。

日本主導の中国潰しとアメリカの「統一戦線」が既にはじまっています。

次期日本の総理の第一の仕事は国難を招いた親中派の政治家や政党、
左翼評論家など引退勧告をして排除する努力をしてください。





ffff ← クリックしてもらえると励みになります





ガンバレ 安倍首相


「内閣支持急落36%」の記事を観て大変心配しています。それより次の
首相にふさわしい政治家について石破茂元幹事長が18.2%で安倍首相が
12.2%で6ポイント引き離されています。

安倍首相は、何故石破ごときに6ポイントも引き離されているか、真剣に
考えたことがあるのだろうか。記事によれば経済対策に対する不満や、コロ
ナに対する不安感が石破氏の支持を押し上げていると書かれています。

安倍首相殿、保守はなぜ貴方にイライラするか、それはコロナ対策や経済対
策のことではない、中国に対して優しすぎるからです。トランプは世界各国
をアメリカにつくか中国につくかを選別しています。日本はアメリカと日米同
盟を結んでいるから当然トランプと同じ考えをすべきです。
政治家とは「誰が敵で誰が味方かをはっきりする行為」です。今必要なのは
明確な国家間を持ち、敵味方を区別するのが指導者の役目です。

日本の経団連の連中は中国をサプライチェーンの重要な一角としており、あ
まりにも中国依存で今日まできてしまった。だから会社の富を失いたくない
から、安倍首相に圧力を掛け、中国の悪に目をつぶってきた。
観光業も中国頼みでコロナウイルスもろとも日本に呼び寄せてしまった。

コロナウイルス問題は我が国だけでなく世界全体が中国依存体質に陥って
いたことを暴き出した。ウイルス問題は公衆衛生ではなく、安全保障の根幹
を問う問題です。これまで日本の財界も政府も、日中関係を主に経済的視点
から見てきた。

しかしこれだけはっきりとコロナ禍で中国の正体が見えたにも関わらず、日
本電産は中国にEVモーター開発拠点を新設します。一時的に会社に利益を
もたらしたとしても、長い目で見れば大損を被ります。経済的な面だけでな
く何故中国に利益をもたらす設備投資をするのですか、日本電産の経営陣
は愛国心が無いのですか?

日米当局は昨年から供給網を中国から他国に移しています。安倍首相も
日本企業が生産拠点を中国から東南アジアに移す支援策として2400億円を
補正予算に計上しています。もう一度問う、日本電産よ、日本を裏切っても
利益を上げることがそんなに重要ですか?

世界の人々は中国共産党という巨悪な人殺しをはっきりと認識した。イタリ
アの悲劇は中国の「一帯一路」に踏み込み中国依存に溺れてしまったからで
す。ドイツはメルケル首相が就任して以来、12回も訪中して経済のかさ上げ
に成功したが、中国は微笑外交でドイツ企業の買収を急増させ、中国がまん
まと技術を取ってしまった。

08年の金融危機以降、英伊独仏などで約360社の欧州企業を買収している。
ドイツの有力政治家が思い余って「中国は欧州を敵にした」と叫びました。

中国を巨大なもうけ市場としか見なかった欧州も、企業買収の攻勢を受けて、
ようやく中国の危険性に目覚めた。

習近平には「悪の独裁者」として厳しい目が向けられています。特に習政権
による初動の隠蔽はもちろん告発者を黙らせ各国に粗悪な医療品を送りつ
ける「マスク外交」に辟易している。その上危機に乗じて南シナ海では軍事力
で威嚇する戦闘モードに入った。

日本では尖閣諸島周辺で繰り返される中国公船による領海侵入だけでなく
中国海警局の船が日本漁船を追い回す始末。安倍首相殿なぜ中国側への
毅然とした対応をしないのか、国際社会の理解を求めるための情報発信を
しないのか、理解出来ない。日本は間違いなく歴史に残る災禍のただ中にい
るにも関わらず安倍首相の危機意識の余りの希薄さに空恐ろしさを覚える。

しかし親中派が跋扈する日本国内で明確な国家観と外交方針を持ち、トラン
プと意思疎通ができる次期総裁は一体誰がおるか。残念ながら安倍総理し
かいない。

安倍首相殿、今年春に、習近平氏を国賓として招き、天皇陛下と同席させる
計画したものは一体誰だ!二階か、山口代表か、陛下はコロナのお陰で殺
人者との同席をしなくて本当に良かった。

公明党の山口代表は2日の記者会見で延期された習近平国家主席の国賓来
日について「信頼関係を整えた上で首脳の往来を完結する努力を行ってもらい
たい」と述べています。つまり秋には再び習近平を国賓として招くということです。
今日(6月6日)の新聞では「習主席来日 年内見送り」と出ています。
コロナウイルス万歳です。

習近平はチベット・ウイグルの多くの民族を強制収容し、非人道的な処遇を
していることは国際社会の周知の事実です。この様な殺人者を日本の国賓と
して招くということは、国際社会やトランプに対する裏切り行為です。
いや日本国民に対して最大の侮辱です。

アメリカが同盟国に「ファーウエイ排除」「中国離れ」という踏み絵を踏ませ
る中で、それを無視してファーウエイと取引するソフトバンクは日本の敵です。
習氏を日本に国賓として招く山口代表や二階幹事長は日本の敵です。

マスコミでは無視していますが、安倍首相は昨年11月に外為法を改正し今年
5月8日に施行した。つまり武器製造や原子力産業に関わる企業株が外国資本
によって購入されることを防ぐためです。このように我が国を取り巻く状況
は決して平穏なものでありません。安倍首相は一つ一つ国を守るために努力
しています。

しかし在日に支配されている野党やマスコミは安倍首相を退陣さすことばか
り考えて、この国難の時期に、足を引っ張っています。安倍首相について
なにか一つでも不正の影があったであろうか。モリカケ問題、桜を見る会、
今般発生した検察庁法改正騒動、全てメディアや在日議員や日本弱体化を
考えている野党議員たちの謀略です。

中国が主導するBRICS銀行、アジアインフラ投資銀行(AIIB)一帯一路、
国連15機関のうち4つが中国人トップ、南シナ海問題 尖閣諸島での領海
侵入、武漢ウイルス製造、これらはどれもアメリカの覇権を揺るがすための
道具であり、中国による世界支配のための戦略です。馬鹿な親中派の政治
家は、中国から仕掛けられるプロパガンダや戦術に簡単に引っかかる。

中国の未来はない。見かけの力とは裏腹に中国はもはや限界に達している。
しっかり目を凝らせば、中国の終わりを示すあらゆる前兆が見てとれる。
中国の終焉がおとずれても驚くにあたらないが、問題は共産党首脳陣はその
時、おとなしく退場しない。日本を道連れに国土を破壊されるかもしれない。
そうされない為に早急に憲法を改正してください。幸いにもトランプは日本
国憲法(9条)改正を提案してきました。安倍首相 最後のチャンスです。



☆↓ここをクリックするとクラウドファンディングの画面に入ります↓☆
https://readyfor.jp/projects/32837
ffff ← クリックしてもらえると励みになります

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント