安倍元総理と統一教会の嘘  8月16日(火)


岸田首相は9月に内閣改造をすることは周知の事実にも関わらず何故8月に
やったか、安倍総理が亡くなった途端に改造を8月に繰り上げしたのは何故
か、この事を解明したいと思います。

現在メディアで統一教会と政治家の関係が火を吹いている.岸田首相はこれ
を最大のチャンスと見て人事を断行した。岸田首相は記者会見で「有事に
対応する政策断行内閣だ。経験と実力を兼ね備えた閣僚を起用することに
した」と説明をした。

しかし岸田首相は安倍元総理の言に従って9月を予定していたが、もし健在
ならば真っ先に親中派とされる林芳正氏の外務起用に因縁をつけられていた。

いずれにしても思い道理の人事が出来ない、いまや最大派閥の安倍氏はい
ない、しかも安倍氏と統一教会の関係が取り沙汰されている上に安倍派の
面々が大打撃を受けている。

とりあえず保守派を納得さすために高市早苗氏を経済安全保障担当相に
起用し、政調会長に萩生田氏を登用し,西村康稔氏を経済相に起用して
安倍派を納得させる演出をしたが、支持率は下落傾向です。

我々がこの裏切り首相を信頼できないのは林外相と鈴木俊一財務相の
留任が真っ先に決まっていたからです。林外相は中国の操り人形です。
かれは閣僚になる前は中国に年8回も行き、ハニートラップの噂もある。
アメリカで演説したとき一回も中国の話をせず、ペロシ議長が台湾に行っ
た時、記者から意見を求められたが日本と関係がないと答えている。

このように中国に対して何も言えない外務大臣などいらない。林外相が
インドネシアに出張中にある議員から電話がかかってきた「安倍元総理が
暗殺された」との一報である。その時、彼は「やった!」叫んだそうです。

山口県で安倍家と対立していた林芳正大臣なら、さもありなんと思ってしま
います。裏が取れてないので真実は分かりませんが、もし本当なら人間
失格です。彼は安倍総理の国葬にも真っ先に反対したそうです。

辻元清美議員も国葬に反対し、功罪を検証すべきだと言っていますが、
呆れるしかない。そういうあなたは前科一犯ではないか。

それと先に留任が決まっていた鈴木俊一財務相について、彼は財務省から
の指示にしたがって文章を読むだけの人です。ということは財務省の支配下
に置かれるだけで緊縮財政です。

防衛大臣の浜田精一氏は同じ新国防族に分類される石破茂防衛庁長官の
下で副長官を務めた人で、石破氏と同じ考えなら防衛費増額はあまり期待
できませんがお手並み拝見でもう少し様子をみます。

岸田首相殿、この外務大臣と財務相では日本は終わりです。
最後にメディアが盛んに取り上げている安倍元総理と統一協会の関係ですが、
2013年の消費者裁判の特例法と2018年の消費者契約法の改正、この
2つで統一協会の霊感商法に徹底的に打撃を与えています。

一般の人ではなかなか訴える事ができないが、代わりに消費者団体が
代わって裁判をできるようにした。その上取り消しができるようにした。

これによって統一教会は霊感商法ができなくなった。つまり安倍元総理は
統一教会の息の根を留めた、最大の敵になった。

ところがメディアは全く逆に「安倍総理と統一教会、禁断の関係」と意図的
に報じだした。メディアは岸信介元首相まで遡って、安倍氏と旧統一協会を
必死につなげようとしている。

モリ・カケ問題でもわかるように、メディアは安倍氏に罪をなすりつけようとし
ている。朝日新聞を中心にした左翼の人たちの汚さは呆れてものも言えない。

安倍氏の献花の列に若者の姿が多かった、若い世代はテレビや新聞など
見向きもせずネット駆使して真実を知っている。

安倍氏がどれほど世界からたよりにされていたか、世界の首脳たちが寄せ
た追悼の辞は、いずれも称賛の嵐です。

親中派、媚中派の政治家に告ぐ、安倍氏は日本の政治家の中で、誰より
も中国の脅威を知っていた。日本人は中国人の残酷な本性を理解していま
せん。安倍氏を最も過小評価している国は日本人です。

親中派の政治家、評論家、その他一般の人よ安倍氏は邪悪な中国の権威
主義を止めようと必死でした。その一環が「安保ダイヤモンド構想」「自由で
開かれたインド太平洋」です。結果、安倍外交は世界秩序の枠組みを変え
てしまった。ここまで外交力を持った日本政治家は安倍氏が初めてです。
いや世界を見渡しても稀有な存在です。

何故朝日新聞はこの偉大な政治家を叩くのか、何もなくても「疑惑だ、疑
惑だ」と騒ぎまくるのか、しかしありがたいことに正常な日本国民はメディア
の発信を信用しなくなった。

この偉大な政治家の暗殺が今後の日本と世界に何をもたらすのか、という
格調高い記事を書かずに、統一協会にことさら焦点を当て三面記事レベル
並みにしてしまった、

統一協会ヘの絡みはカモフラージュで本当は別の目的があったのか!
朝日新聞よ、もうええ加減にこの偉大な安倍晋三元総理の尊厳を傷つ
けないでくれ!我々は安倍元総理の遺志を継ぐために、憲法改正の
早期実現に命をかけましょう。


ffff ← クリックしてもらえると励みになります


核兵器なき世界など絶対にありえない。 8月11日(木)


広島市長松井一実氏や長崎市長の田上富久氏の平和祈念式典の挨拶を
聞いてアホらしくて悲しくなりました。

「核保有国がとるべき行動は、核兵器のない世界を夢物語にすることなく、
その実現に向け、国家間に信頼の橋を架け、一歩を踏み出すことであるは
ずです」と言っていますが、全くの夢物語であり、千年立っても全ての国家
間に信頼関係を築くなど不可能です。

広島市長・松井一実氏は「どんなに険しくとも核兵器廃絶の実現を目指し
続ける」長崎市長・田上富久氏は[核をなくすことが人類の未来を守る唯一
の現実的な道だ]とは平和ボケの最たる人です

「核保有国がとるべき行動は、核兵器のない世界を夢物語にすることなく、
その実現に向け、国家間に信頼の橋を架け、一歩を踏み出すことであるは
ずです。そして、国民の生命と財産を守るためには、核兵器を無くすこと以外
に根本的な解決策は見いだせないことを確信していただきたい」トッホホ!

両市長が本気でそのように思っているなら、二人の頭の中はオカラです。
現在、日本が無事でおれるのはアメリカの核の傘におれるからです。

たとへ、プーチン、習近平、金正恩が亡くなっても国の体制が変わるとも
思えません。何年か先、両市長が思っていることが万が一実現できても
(そんな事は絶対にありえない)今度はテロの集団が持つことになります。

そのほうがもっと厄介です。両市長が考えるような世界的な平和のような夢
物語ではなく、いま日本が考えなければいけないことは、日本の安全です。

文藝春秋 2022年5月号に乗っていますが、世界的な歴史人口学者である
トッド氏は、「当面、日本の安全保障に日米同盟は不可欠だとしても、米国に
頼りきってよいのか。米国の行動はどこまで信頼できるのか。こうした疑いを
拭えない以上、日本は核を持つべきだと私は考えます」と、

このように米国の行動の“危うさ”は、日本にとって最大のリスクになるだろう
とトッド氏は指摘しています。もう一度言います。両市長や左翼のセリフはあく
までアメリカと同盟を結んでいる安心感から、言っています。情けないことです



ffff ← クリックしてもらえると励みになります






日本の敵は朝日を中心にした左翼ども、8月5日(金)


今日も安倍総理のことを書いてみたくなりました。
人間は生まれ育った環境がいかに大切か、安倍首相を知れば知るほど、政
治家になるべき人だということがわかります。安倍総理は世界のどのような
要人と会っても位負けせず、常に堂々たる振る舞いを見せました。

対象的なのが菅直人元首相です。管氏は当時の胡錦濤主席との会談で
彼は胡錦濤の前に萎縮してしまい手元のメモを読み上げるだけで終わって
しまった。日本国民はどれだけ恥ずかしい思いをしたか、それ以来中国は
日本を侮り軽く見始めました。安倍総理とは天と地ほどの差があります

安倍総理が真骨頂を発揮したのが外交でした。
先進国7カ国首脳会談では当時のトランプ大統領、メルケル首相、ジョン
ソン首相らに頼りにされていました。

安倍総理は岸信介元首相を祖父、佐藤栄作元首相を大叔父、安倍晋太郎
元外相を父に持つ政界のサラブレッドでした。幼い頃から帝王学を身に着け
ていました。幼い頃から鍛えられた一流スポーツ選手と同じです。

バイデン大統領やプーチン大統領、それにエリザベス女王からローマ法王ま
で、各国要人がこぞって安倍総理に弔意を表明しました。弔意の数もすごい。
259の国・地域や機関などから計1,700件以上にのぼっています。これほど
世界から尊敬された日本の政治家は過去いなかった。それにも関わらず
安倍総理を国葬にしないと,反対している左翼の評論家や野党のバカども
は世界の笑いものです。

しかし朝日新聞を筆頭に日本の左翼たちは安倍総理を最も過小評価して
いました。いままで欧州各国は遠いアジアのことは軽く考えていました。

安倍首相は欧州各国に中国の恐ろしさを解いて回りました。その一環が
「自由で開かれたインド太平洋」です。その結果国際的な安全保障のあり
方を変えてしまった。

国内的には安倍首相は決して外務省や財務省の意見を信用しなかった。
そして彼らの意見と全く正反対の「アベノミクス」の3本の矢を放った。
朝日新聞はアベノミクスは「インフレ目標2%達成していない、効果はなか
ったと言っていますが」しかし実際は株価を上げ、雇用を創出しています。

安倍政権は失業率の低下が1・5%で第1位になっています。その前の
民主党政権があまりにひどい経済政策をして円が70円台までになり、
株価も8千円台と落ち込んでいました。

岸田総理が財務省の指導に従って[消費増税は社会保障目的税である]と
いう財務省の罠にはまっています。岸田総理よ、安倍総理のようにもっと勉
強してください。

喜ばしいことに岸田総理が安倍氏の国葬を決断してくれました。しかし官邸
内に「前例がない」などの理由に反対論を唱える勢力がいたそうです。
その人達は官邸に反旗を掲げる事すら難色を示しました。

心配なのは外務省です。外務省は記者会見で、安倍氏の葬儀に参列した
台湾の賴清德副総裁を「ご指摘の人物」呼ばわりする始末ですから、まる
で犯罪者を指すような表現で失礼極まりない。外務省はいつも中国に気を
使って中国に過剰な配慮をします。

外務省はなぜ歴史の勉強をしないのですか、台湾は中国に一度も支配さ
れたことはありませんし、台湾は中国の一部ではありません。

3日のペロシ氏の台湾訪問に反発して、中国は台湾周辺での軍事面を含
む威嚇行動を始めた。貿易も一部、一時的に停止した。これについてバカ
左翼の評論家は戦争の危機であるとペロシ氏の台湾訪問は迷惑だと
評論しているが、台湾を第二の香港にしたいのですか!

米国は台湾を守る決意をしました。台湾はたとへ中国に攻撃されて国が
廃虚となっても屈することはありません。

日本政府のコメントは相変わらず「中国を必要以上に刺激したくない」と
弱腰外交。日本外務省のコメントは「基本的には米中の問題だ。第三国が
出しゃばってはいけない」と語っています。日本外務省は本当に馬鹿です。


ペロシ氏の訪台は米中の問題だけではありません。日本の問題でもありま
す。台湾有事は日米の危機と安倍元首相も言っていますように、中国の
報復など恐れてはいけません。強い言葉こそ最大の抑止力です


ffff ← クリックしてもらえると励みになります



宗教法人と政治家の癒着  7月30日(土)


安倍元首相が選挙演説中に銃撃され死亡した事件をきっかけに旧統一教会
=世界平和統一家庭連合と政治家との関係が注目されている。はたして、
議員たちへの“選挙支援”はどこまであったのか!

この旧統一教会と政治家の距離がこれほど近かったということは、私自身、
知らなかったので本当に驚いている。特に中央政界だけでなく、首長らも
選挙などを通じて旧統一教会からいろいろな協力を得ていたとは、政治家
の倫理を問われることだと思います。有権者もそこをきちんと見極めて
次回は投票しなければいけない。

いずれにしても宗教と政治は切り離せなければならない。今一番震えてい
るのは公明党です。自民党に深く潜入して影響を与えているのは旧統一
教会ではなく公明党です。公明党は「憲法改正の発義」や「核共有」など
日本を守るための抑止力をなし崩しに止めさしてきた。

公明党は[戦争はしない][平和の党]の一点張りで自民党の足を引っ張っ
てきた。自民党議員は公明党に遠慮して決して本音を吐かず、言わんと
する中心部分を絶対にはっきりと言葉に出来なかった。なぜなら選挙協力で
公明党から票をもらっているからです。宗教法人と政治を切り離すには
宗教法人を無税にすべきでない。思いっきり税を取るべきです。

統一教会とは、朝鮮人の考えたインチキ宗教です。日本人を騙して金を取り
その金を韓国に送り、一部を政治家に渡し繋がりを深めていく。なぜ信者に
なったかを聞いてアホらしくて笑ってしまった。韓国は善意の国、日本は悪
魔の国、だから日本は韓国に、謝り続けなければいけない。

日本の統治を受けずに朝鮮王朝が継続したならもっと今日の暮らしが良く
なっていたなど歴史を改ざんし大嘘をついてきた。韓国人が騙されるのは
勝手であるが日本人が騙されるのは日本左翼の自虐史観にだまされてい
るからです。歴史をもっと勉強してください。

日本が来る前の朝鮮は、あまりにも未開で悲惨だったという事実を知って
ください。日本が来る前の李氏朝鮮は約五百年間続き、乞食同然の暮らし
をしてきた。

民衆が生きるためには、人格や体面を考える余裕などあるはずがなかった。
民衆は、自らを守るために、虚言と、裏切り、空理空論、反社会的な利己心
を組み合わせて生きるほかなかった。韓国人はこの真実を隠して日本の
悪辣な植民地支配のせいということにしてしまった。

韓国人たちは全員が韓国政府が都合よく作り上げた国定教科書で勉強し
国民のほぼ全員がそれを信じている。これらの大嘘を日本人が信じてしま
った。つまり自虐史観である。旧統一協会は気のいい歴史を知らない日本
人を洗脳して、昔、酷いことをsされた韓国人を日本人が助けなければ貴方
の先祖が苦しむことになると言って信者にしてしまった。

これはもう日本からなにか言って治る程度の浅い「洗脳]ではない。だから
こそ日本人側が歴史を勉強して[彼らの言葉が嘘であることを]知っておか
ねばならない。さもなければ「日本人は歴史を知らない」と統一教会がした
り顔で勧誘する時いいように騙され、彼らの術中にハマることになる。

最後に日本に帰化した呉善花氏に一言、彼女は「韓国と日本は文化が違
いすぎる、だからお互い理解するのは難しい」と言っていますが、文化が
違いすぎるのではなく精神が違いすぎる、人格が違いすぎる、朝鮮には
文化というような物は何もない。

李氏朝鮮の500年間にもおよぶ乞食生活によって人間性を失ってしまった。
日本人の統治によって初めて文化が芽生えた。彼らは、この惨めな過去の
歴史を消し去りたかった。実際の歴史と韓国で語られる虚偽の歴史はあま
りにも差がありすぎてそれがひいては反日へとつながる要因でもある。

戦後、左翼史観で日本悪者論に仕立て上げた捻じ曲がった教科書で育った
人たちが統一教会のインチキ勧誘にころっと騙されてきました。日本は欧米
列強と一緒になってアジアを侵略した悪い国として教科書や歴史書に書か
れてきまた。

しかし日本が統治したのは韓国だけではありません。台湾も統治しました。
その台湾が近代化に導いてくれた日本を絶賛しています。韓国にも同じこと
をしました。その韓国は国定教科で事実を捻じ曲げて子どもたちを指導して
きました。その人達が日本にやってきて国籍を取り、政治家になり、公務員
になり、犯罪者になり、またインチキ新興宗教となって日本の秩序を壊して
きました。

当時のアジアの国際状況は欧米列強の草刈場と化していました。列強の
アジアでの植地政策は黄色人種を人間として扱わず、奴隷のように強制
労働をさせていました。日本が韓国を併合した事と、この欧米の悲惨な
植民地政策を同じ視点で論じるまちがいを正さなければならない。

韓国は自国の歴史を捏造して、その捏造された歴史を日本に強要し、
その上世界中に韓国の捏造歴史を宣伝し、日本の近現代史を朝鮮侵略史
として日本悪者論に仕立て上げています。最近やっと日本でも近現代史の
真実が見えてきたようです。

アメリカへ留学した韓国人が米教授から韓国の教科書の嘘を指摘されて
覚醒した話をよく聞きます。中国の千年属国としてあまりにも歪みきった
朝鮮民族の精神は、日本によって独立を得られた100年では矯正出来ない
かもしれない。

ひねくれた韓国人や統一教会の信者の精神を健全なものにするには、
まず最初の一歩として歴史の事実を知ることから始めなかればならない。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります



朝日新聞が主導した「反安倍」という病  7月25日(月)


安倍晋三元首相の死去を受け驚きと悲しみに包まれる中、与党自民党は
参院選を圧勝した。今後、岸田政権が安倍氏の第2次政権下で主導した
経済・財政政策「アベノミクス」との向き合い方だ。

先日朝日新聞が突然死去した安倍首相の功罪を発表をしていた。罪の部分
では「モリ・カケ問題」と「アベノミクス」と「戦後レジームからの脱却」を上げて
いた。朝日新聞が読むに耐えない新聞であることは保守層の間ではとうに
常識になっています。

モリ・カケ問題でいつまでも安倍氏を批判している方が多くいますが、安倍氏
は批判されるほどのことをしているのでしょうか?結局批判している朝日は
現実なんてどうでもいいんです。批判そのものが目的ですから。

既に森友の件に総理や夫人の関与が無かったこと、加計の獣医学部開設
要望を拾い上げたのが民主党政権だったことが明らかになっています。

それに「戦後レジームからの脱却」が不要になることなどあるはずもない。
だいたい拉致問題は解決せず、中国は益々軍事力の拡大を続け、教科書は
相変わらず日本を一方的に断罪するだけの自虐的な記述に満ちあふれてい
ます。朝日新聞は、印象操作を行うことで、ニュースを歪めて伝えています。

何が何でも安倍氏の罪をでっち上げたかったのです。朝日新聞のニュース
は国民の怒りを安倍氏に向け意図的で洪水のような報道はテレビなど他の
マスメディアを巻き込んでいっています。

次に朝日が罪に上げているアベノミクスについて述べてみます。アベノミクス
は三本の矢があり①は大胆な金融政策」②は「機動的な財政政策」③は
「民間投資を喚起する成長戦略」というアベノミクスの「3本の矢」です。

①の金融政策はなかなか理解しにくいが雇用政策だと考えていただければ
よくわかります。安倍元首相の在任中は失業率わずか1、5%でした。
最も深刻な経済的災難は、結局のところ失業である。仕事によって我々は
生活の糧を得ることができる。それがなければ、我々は、何も得られないし、
したがって存在そのものが否定される。成人たることの大きな印は彼らの
最初の性交体験ではなく、経済的な独立をもたらす仕事の獲得です。女性
も仕事を持つことによって、彼女たちの主体性を十分に実感できるように
なる。

政治家の悩みは、仕事の創出か、それとも財政赤字の削減か、です。個人
の借金と国の債務の区別が出来ない愚かな知識のない政治家は財政赤字
に対して赤字は削減されねばならぬという命題の無思慮に政治生命を賭け
てしまいます。

私たちは皆、個人のレベルでは債務は重荷と考えている。しかし日本政府
の債務が経済的苦境の物差しではないばかりか、それと何ら明確な関係も
ないということをはたして理解しているであろうか

「世界最大の債務国」という言葉は、日本が破産しつつあるという見通しを
国民一般に与えた。しかしながら、債務は結局のところ我が国の通貨建て
なのだから、このような見通しは無意味、日本政府は償還のためには、
いつでも自国の通貨を印刷できる。つまり日銀に貨幣を創出させうること
ができます。

多くの政治家や学者に「国の債務」とは、と質問してみたら、はたして何人
の人が正確に答えられるか、国の経済について多くの一般の理解は個人
のそれであって、経済全体についてのそれではないという点を認識しえな
いでいることから、ひどく混乱している。

私は無制限に国債を発行してもかまわないと言っているのではない。経済
の計測尺度には、経常的消費だけでなく、将来の消費への備え、つま
貯蓄もまた含めなければならない。

日本の個人貯蓄は今年2千兆円をすでに超えています。海外に進出した
企業の貯蓄は正確には分からないが、400兆円をはるかに超えています。
大手企業はほとんどドルで預金しています。一部ユーロでも貯蓄しています。
無理やり買わされているアメリカ国債も130兆円ぐらいあります。
米国債は簡単に売らしてもらえませんが、日本の資産であることは間違い
ありません。

それだけではなく日本には毎年10兆円前後の金が入ります。日本の特許
料や株式の配当その他アニメ使用料などいろいろです。はっきり言って
日本は世界一の大金持ちです。こんな事を書くと自分の財布を開けて
「どこが金持ちじゃ~」と叫ぶ人がいますが、日本人全てがお金持ちと
は限りません、不運な人もいますがそれが世の中です。

世界中の政治家は日本の実力を知りません。それ以上に日本政治家は
日本の事をまるでわかっていません。日本の実力を示すためにイギリスの
EU離脱の話をしてみます。

3~4年前イギリスがEUを離脱すると決めた時イギリスに進出している日本
企業はイギリスを離れる決心をしました。なぜならイギリスで作った日本
製品は欧州各国に無関税のまま輸出できる権限が無くなるからです。
政治家はイギリスを逃げ出す日本企業をあまり知りませんでした。ところが
わかった事はイギリスに進出した日本企業は大小合わせて約1200社
以上あります。そこで働く労働者は約80万人以上もいます。

国内総生産(GDP)の約8割をサービス産業が占めるイギリスにとって、
金融サービス、移動、安全保障、移民などについてばかり考えていました。
日本を知らないイギリスの政治家はドーヴァー税関を通る交通量は比較的
少ないはずだと考えていた。

製造業が衰退しているイギリスにとって進出している日本製造業の貿易を
無視していた。日本企業がイギリスを逃げ出したら関連企業も含めて大量
の失業者がでる

2016年の国民投票からブレグジット(イギリスのEU離脱)を推進してきた
ボリス・ジョンソン英首相は、イギリスが「自由を手にした」と祝い、国民投票
から4年半をかけて完了した離脱プロセスが終了した今、イギリスは「EUの
友人たちとは違うやり方が自由に選べるし、必要ならばもっと良いやり方が
できるようになった」と強調した。

彼はイギリスに進出した日本企業のことを全く知らなかった。役人から進出し
た日本企業の数字を見せられて青くなった。早速安倍首相にお願いの電話
をした。結果日本企業を引き止めるために従来通りEU市場で無関税のまま
で売れるように合意をした。安倍首相には合意の意味を次のように説明した。
「これはイギリスとEUの間の、カナダ式の包括的な合意だ。この国の雇用を
守り、イギリスの製品(日本製品)をEU市場で無関税のまま、数量制限も
なく売れるようにする合意だ」「この国の企業が今まで以上に欧州の友人た
ちと取引できるようにする合意だ」と安倍首相に説明した。

またヨーロッパ首脳とトランプ大統領が衝突したときには安倍首相がまとめ
役としてその存在感を発揮しています。メルケルがトランプと対立した時、
安倍首相がその間に立って落とし所へ誘導しています。

トランプ大統領の登場で危機に瀕したカナダでのサミットにおける共同宣言
つくりも、安倍首相のトランプをなだめたお陰で空中分解せずに無事終わっ
ています。

このような話は日本のマスメディアが全く取り上げなかったために多くの
人々は知りません。

数え上げたらきりがないが、世界が安倍首相を必要としていました。日本に、
このように世界をリードする首相が今までいたでしょうか!なのに国葬反対
という馬鹿な政治家が多くいます。

橋下徹・山本太郎・共産党・立憲民主党・辻元、その他自民党の中にも
反対派がいます世界中から安倍元首相の弔問希望が外務省に殺到して
います。

安倍さんの蒔いた種は皆さんの心の中にちゃんと育って居ます



ffff ← クリックしてもらえると励みになります



著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント