全てに感謝  令和2年1月1(水)


謹んで新春のお慶びを申し上げます。

旧年中の数々のコメントに感謝いたします。
本年も良い1年となりますように
皆様のご健康とご多幸を心より願っております。
本年もご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります











【“全てに感謝  令和2年1月1(水)”の続きを読む】

急げ憲法改正、残された時間は短い 12月25日(水)


今年最後のブログです。先日、仲間のお誘いで自民党第七選挙区のY代議
士の「憲法改正論議」の講習 に行ってきました。

非常によく分かる話でしたが、「国民の幅広い理解を得て、憲法改正を目指
します」とか「国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の3つの基本原理
は堅持しつつ、憲法改正をめざします」などという言葉は、眠たくなるだけ
で心に訴えるものが何もありません。

彼は、憲法の役割、憲法改正の要件など詳しく講義していましたが、この
ような話では人は動きません。なぜならこのような話では、現実の問題と
して何が何でも憲法を改定しなければならないという緊迫感がないからです。

Y代議士殿、国民に日本国が危機的状況であるということを、もっと説明を
すべきです。自民党も日米安保で日本が守られていると言うことを前提にし
て 議論しても無意味です。

現実の問題として表面的には、中国や北朝鮮が攻めてきて戦争状態に
なっていないからです。それは日米 同盟でアメリカに守られていると信じて
いるからです。

しかし4年前の韓国の議会で「日本は敵国である」とわざわざ決意表明をし
ています。その韓国が文在寅大統領によって北朝鮮との連邦制を目指して
左翼国家になろうとしています。すでに、連邦制が実現する前の段階で住民
の半分が北朝鮮に奪われています。

韓国は思想的な政治的な内戦状態になっています。38度線が戦場ではなく
韓国の中が2つに割れています。韓国という国家が国家反逆勢力に挑戦を
受けています。その反逆国家は非合理主義、非論理主義、非常識が全土
を覆っています。

韓国人は、投票によって政権交代が起きるということで民主国家だと一応
国民は思っていますが、しかしその結果が左傾民族主義、国家反逆勢力に
国が支配されていくとはあまりにも深刻です。

北と南が一体となって核を持った朝鮮半島と核を持った中国が日本を虎視
眈々た狙っています。日本に危機が迫ってきていることを国民にもっと知ら
せるべきです。でなければ人は動きません。 

貴方のような憲法改正論を何百回喋っても、国民は危機を意識出来ません。
どのように語れば国民は危機を意識して憲法改正は必要だと感じるかを
もっと勉強をしてください。       

中国は世界覇権の獲得を目指すために、まず海洋覇権を確立すべく南シナ
海の環礁を埋め立てて軍事基地化を行い、さらに中国は公船によって頻繁
に日本の領海を侵犯しています。その他ロシアも北朝鮮の周辺国のすべて
が核保有国です。日本が安心できる状況とはとても思えない。

現状の日米安保は、日本は単にアメリカに軍事基地を提供しているだけの
片務条約です。はっきり言うなら日本が他国から侵略された場合には
アメリカは日本を防衛しなければならないが、アメリカが侵略された場合は
日本にアメリカを防衛する義務はない。このような不公平な条約をアメリカ
国民はほとんど知らない。

このことを知ればアメリカの国内世論は日本防衛に反対する可能性は高い。
アメリカ世論を味方にするためには、まず早急に憲法を改正して、アメリカが
他国から攻撃を受けた場合、日本は いつでも同盟国アメリカを助けて敵国
と戦う意思があることを明確にしなければならない。

日本が 逃げ腰で、アメリカが攻撃を受けても、日本憲法が足かせで何もしな
ければアメリカ世論は許さない。 世論の支持がなければトランプといえども
軍を動かして日本を助けることが出来ない、この ことを日本人は理解しなけ
ればならない。

しかし残された時間は短く、一日も早く憲法改正を行わなければならない。
「自分の国は自分で守る」自主防衛能力を持つことは独立国の基本です。
自国の安全を他国に委ねて長く生き延びた国は歴史上一つもない

Y代議士殿、このことを肝に銘じて自主国家・重装備国家を目指さなけれ
ばならない事を国民に緊急に知らせるべきです。

現代日本は「平和主義」という麻薬の中毒症状にある。真の平和を保障す
る現実的な平和主義とは、自主防衛・重装備の充分な戦力を持ち、馬鹿げ
た制約に縛られることなく、必要ならばいつでも戦える国防体制を整備し、
その上で、あくまで平和主義の外交をやることです。

日本が将来とも生きていくには、戦前の軍事力・国防の気概と現在日本の
経済力と科学技術力をあわせて持つ国家を作ってください。

Y代議士殿、日本は憲法を改正し、自主防衛・重装備の「自分の国は自分
で 守る」国家のモラルと生存本能を備えた国家にすることを目標に努力
するこ とをお願い申し上げます。



(それでは、1年間お疲れ様でした。私の拙いブログに多くの素晴らしいコ
メントを寄せていただき感謝申し上げます。中国の大崩壊、そしてそれに引
きずられて韓国経済の破綻が目の前に迫っています。またEU諸国の凋落は
留まるところがなく、世界の混乱は続いていきます。結局世界を見渡しても、
世界経済を牽引する力と技術力を持っているのは日本とアメリカだけです。
日本人が持つ勤勉性と技術力、それが世界における日本の強さの源です
今世紀の世界は、世界各国が強すぎる日本にあおざめ、頼るしかないの
です。)

皆様にとって2020年は明るい1年になりますようお祈り申し
上げます。本当にありがとうございました。




3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります











日韓首脳会談3点セット  12月18日(水)


17日の新聞に「日韓首脳会談、3点セットで包括合意か!」と載っている。
3点セットとは、徴用工訴訟判決、日本の輸出管理強化、GSOMIAの延長
の3つの問題をセットで解決できるかというこらしい。

日本にとってこの3点セットは対等の立場で話し合うようなものではない。
「徴用工問題」は全く韓国の言いがかりであり、「輸出管理強化」は日本が
製造しているフッ化水素などの3品目が北朝鮮やイランに内緒に輸出され
生物化学兵器の製造に転用され安全保障上、看過できない問題であり、
「GSOMIA」はアメリカの脅しによって延長したにすぎない。

つまり韓国は徴用工問題で日本から金をむしり取り、輸出管理強化での
優遇対象国(ホワイト国)から除外したことで韓国の半導体産業は壊滅的な
打撃を受けるだけでなく、韓国の金融面での信用悪化が表面化しています。

韓国の金融は日本が裏支えしてきた側面が強く、日本市場へのアクセスが
困難になりつつあります。すでに韓国企業への調達金利が上昇し、通貨暴
落の煙が立っています。

GSOMIAにいたっては馬鹿な文在寅大統領は、日本にとって北方からの
安全保障上の脅威を韓国が防波堤に成って防いでいると主張いているが、
韓国が自由主義陣営から、離脱して、中国陣営に向かいつつあるというこ
とは、既にトランプも安倍首相も分かっていることです。

昔から韓国は北や中国からの防波堤になって防いでやっているという主張
で日本から多額の支援や協力を獲得してきた。しかし最近の韓国による
竹島防衛演習強化や自衛隊哨戒機への射撃レーダー照射、自衛艦隊
(旭日旗)の入港拒否、など、呆れるほど敵国化しています。

という事はこの3点セットは対等の会談ではなく韓国側が日本に頭を下げて
お願いする事項ばかりです。ところが日本のバカ国会議員たちは対等の
会談をセッティングして日韓の局長級会合にしています。

特に腹が立つのは韓国の分喜相国会議長案として、日韓両国の企業と個人
の自発的な寄付で基金を作ることに、一部の日本の国会議員が賛同している
ことです。このことで自民党の河村建夫は安倍首相に進めることをお願いした
ことです。また日本の財界も韓国との懇親会で文喜相議長の案に「日本企業
もカネを出してもいいのではないか」という意見も出たそうです。

国際法を知らない、事実を知らない、韓国の手の内に乗る河村建夫氏や日本
の財界のレベルの低さにただ呆れ果てます。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります

世界が安倍首相を必要としている  11月13日(水)


先日、某企業の社長さんと久しぶりにお茶を飲む機会があり、楽しい時間を
過ごしました。最初は、たわいもない話で盛り上がっていましたが、一転、
安倍首相の批判話が出たために、私は黙って聞くはめになり、自分の意見
を述べることはしませんでした。

某社長の思想は保守に違いありませんが、安倍首相に関しては「反安倍」で
「安倍一強では国を誤る、もっと野党が強くなければ」という理論でまくし
立てていました。またトランプと安倍氏の関係を親分子分の関係で言いなり
だと言っていました。

この社長を含めて多くの人たちは、メディアの偏向報道とそれによって出来
上がったイメージで安倍首相を批判しています。

メディアによって植え付けられたイメージを個人の主張で替えることは難し
いとわかっていましたのであえて反論をしませんでした。そこで私のブログ
で反論したいと思います。某社長はパソコンは苦手だと以前言っていました。
それ故、残念ながら私のブログを見ることもないと思いますが、とりあえず
反論したいと思います。

トランプと安倍総理の関係を「親分子分の関係で全て言いなりだ」と某社長
はいていましたが、事実を見ると安倍総理は、重要問題でしばしばトランプ
と正反対の立場をとっています。まずトランプはTPPから離脱、安倍総理
はTPPを推進、トランプはパリ協定から離脱を宣言、安倍総理はパリ協定を
支持、トランプはエルサレムをイスラエルの首都と認めたが、安倍総理はこ
れを無視するなどトランプの言いなりにはなっていません。

もちろんトランプと反対意見のとき、安倍総理はトランプに日本の立場を説
明するなど根回しをキッチリしています。

安倍政権発足当時、国際社会から「ジャパン・パッシングではなく、ジャパ
ン・ナッシング」と言われていました。

今では先進国首脳の中ではメルケル首相に次ぐ最古参となり、ヨーロッパ首
脳とトランプが衝突した時には安倍首相がまとめ役にならざるをえないほどの
存在感を発揮しています。ヨーロッパではメルケル首相が国内での政治的
立場の低下とトランプとの意思疎通の悪さから存在感が希薄になり、イギリ
スもEUからの離脱問題で混乱し、フランスのマクロン大統領はトランプと
政治的立場が違いすぎるため、トランプとの調整役に安倍首相を頼ってい
ます。このように今や世界は安倍首相を必要としています。

次に安倍総理の国内実績を見てみます。
マクロ経済面では2013年以降、16年を除けばインフレ率がプラスとなり、
デフレ状態を少し脱すことができました。13年から17年までのGDP成長率
は平均1.276%で、名目GDPは12年の494兆円から17年の546兆円に増えて
います。

成長政策の面では電力自由化、法人税減税、コーポレートガバナンス改革
などが実現しています。また、訪日外国人の拡大に努め、昨年はその数が
2860万人に上り、12年に比べ3兆円ほど経常収支の好転をもたらしている。

社会福祉・労働政策の面では労働時間に対する規制を強化し、従来は青
天井もあり得た残業時間に例外なき上限を設けた。また、労働力供給が
拡大し、政権発足後、17年7月までに就業者数は400万人増えました。

安全保障分野では国家安全保障会議(日本版NSC)の設置し、国としての安
全保障政策の立案能力を高める一方、15年に安保関連法制を成立させ、
一定の条件のもとで集団的自衛権の行使を可能にしました。

トランプが安倍首相をいちばん評価・信頼しているのは「特定秘密保護法案」
と「平和安全法制」を成立させたことです。この結果日米同盟を再構築し、
外交安全保障の立て直しをしました。トランプと安倍首相の緊密さだけで、
日米の同盟強化は出来ません。もし戦争が起きた時、お互いの協力をする
約束が必要だからです。

また北朝鮮の拉致問題はいっこうに進展していませんが、もともとこの問題
は憲法9条が壁になっていたがために北朝鮮に軽く見られてしまったのが原
因です。しかし安倍首相は万景峰入港禁止法案を議員立法でしました。北朝
鮮への送金を停止出来る法案も作りました。そしてトランプ大統領に金正恩
に3回も拉致問題について言及してもらっています。安倍首相がトランプに
お願いしたからです。以前のアメリカなら考えられなかったことです。

安倍首相はアメリカを上手に使っています。その一つに2015年慰安婦合意
を結んだことです。その際、韓国を全く信用していない安倍首相はアメリカ、
国務省に立ち会いのような形で承認してもらいましたが、10億だけ取って
反故にされるとは、やはり韓国は全く信用出来ません。このおかげで日本
政府だけでなく日本国民の殆どが韓国の正体がわかってきました。

さらに天皇陛下の生前退位を実現させ、韓国には毅然とした姿勢を貫き、
中国に対しては、日本を軽視すれば世界に相手にされないことを分からし
てきました。

軍事面では、護衛艦いずもの空母化、最新鋭のF35戦闘機の導入、中距離
射程の巡航ミサイルの購入決定など自衛力の強化は粛々と進んでいます。
日本を信用しない以前のアメリカはF35戦闘機の購入を拒否していました。

戦後の日本はたくさんの課題が山積しています。その中で私が希望するの
は在日朝鮮人のことです。通名問題を禁止しただけで、まだまだ問題が山積
しています。彼ら在日にこの素晴らしい日本を汚染されないために安倍首相
に頑張ってもらいたいと思っています。

まだまだ安倍首相の功績は、沢山あります。安倍首相が日米同盟を外交の
基軸としてすすめることは重要ですが、しかしアメリカと日本が運命共同体
で、しかもその関係が未来永劫続くなど思わないでください。国際情勢はつ
ねに変化しており、停止状態の時は決してありません。

過去のアメリカは常に日本に対して大きな罠を仕掛け、日本はその罠にま
んまとはまり込んで痛い目に合わされて来ました。だからといってアメリカを
攻めるのは筋違いというものです。

トランプを見ていますと同盟国という言葉は意味を失いつつあります。アメ
リカも自国の利益と生存を賭けて必死になっています。トランプはアメリカ
の利益と生存を脅かすものは、たとえ同盟といえども叩き落とします。
自国の利害に関係なく他国を助けるような国など、この世に存在しない。

だから日本は自国の利益と生存は自分の手で守り自分の手で保証していく
誰もかわりにやってくれない、そのためにも安倍首相は憲法改正を成し遂げ
ることです。日本弱体を常に工作している野党やメディアの攻撃は今後も
さらに続いていきますが、日本の未来のために命を賭けてください。

最後に、ポスト安倍の問題ですが、今、現在能力ある人材はほとんどいない。
安倍首相は7年もの安定と素晴らしい外交を実現してくれました。
トランプ大統領の再選は、ほぼ確実です。だったらポスト安倍は安倍しか
いない。

日米同盟が渾然一体となり、日米が世界を引っ張って行き、共通の立場に
たって、全世界的な経済・貿易の枠組みの創出と維持に務めなければなら
ない。

日本は世界に対する責任もまた、日本の歴史上、重大なものになってきます。
必然と偶然のあやなす歴史の局面において世界における日本の役割を安倍
首相は理解し、その意志を示さなければいけません。




3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります



日本は神の国   10月30日(水)


天皇陛下が内外に即位を宣明される「即位礼正殿の儀」をテレビ中継で
拝見しました。「謹んでお祝い申し上げます」

194カ国を招待、そのうち183カ国が出席しました。183カ国のうち、
本国から元首らが出席するのは156カ国で27カ国は駐日大使らが参列
しました。日本に集まる世界のVIPを見ることで日本の実力をはっきり
あらためて知ることが出来ました。

世界中から注目された「即位礼正殿の儀」。海外のメディアはこの日本の
伝統儀式を 高い関心を持って伝えました。

タイのニュース番組では、この日が日本だけでなく世界の国々にとっても
歴史的な日になったと報じ、映像を使って陛下の装束などを説明しました。

またCNNでは「私達は日本の歴史を、垣間見ています。これは1200年
に及ぶ血統が紡いだ遺産で100年前の人たちには見ることの叶わなかった
光景です。簡素な式典は上品で洗練されているように見えます。まさに
日本の伝統的な「おもてなし」の精神です。

また中国TVでは「徳仁天皇は初めての大学院学歴と留学経験をもつ天皇
陛下です」と伝えています。国営新華社通信(英語版)は22日、即位礼
正殿の儀について「古式ゆかしく高度に儀式化されている」と言及。ネット
上では「伝統を感じる」「5千年の歴史を持つ中国は伝統文化をとうに失っ
てしまった」とうらやむ声もみられた。

英国では、英BBC放送(電子版)は22日、朝からの激しい風雨が即位
礼正殿の儀が始まるころに収まったと報道。「東京の空に虹が現れた」と
する会員制交流サイト(SNS)の投稿写真や、皇居周辺に駆けつけた
男性の「歴代の天皇陛下よりも身近に感じる」という声を紹介しながら、
祝賀ムードを伝えました。

仏紙ルモンド(電子版)は22日、「いくつもの言葉を話す天皇、皇后両
陛下は初めてだ」と報道。上皇陛下と同様に平和を希求される一方、「現代
的で国民と打ち解けたスタイル」をお持ちのようだと評した。仏国営テレ
ビは即位礼正殿の儀について、東京から「厳かな式典が行われた」と伝え、
天皇陛下が憲法にのっとり「日本国民統合の象徴としての務めを果たす」
と宣明された事を強調しました。

また一方、参列するために来日した韓国の李洛淵首相が、羽田空港で
専用機から降りる際、突然激しい風雨で傘がひっくり返り、雨に濡れなが
らタラップを降りなければならなくなったことが、 中国メディアの
環球網は22日付の記事で、「日本の天気は韓国の首相に優しくなかった…」
との見出しをつけてこの様子を動画で紹介しました。フッフッ

天照大御神に即位を報告した後に雨が止み、即位礼正殿の儀直前に皇居
周辺に虹が出る。 天皇陛下万歳、日本に生まれたことに誇りを持ったこの
日,やっぱり日本は神の国です。

国民の幸せと世界平和を常に願う天皇陛下のお言葉に、世界における
日本の役割、さらに世界をそのようにもっていくための日本の決意を持つこ
とで日本は令和以降、自信を持って「世界をリードする国」になっていきます。


「令和の御代が幾久しく平和で、希望に満ちあふれた幸多き時代であり
ますよう御祈念申しあげますとともに、天皇皇后両陛下の末永い御健勝と
皇室の弥栄を心からお祈り申し上げます」





3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります




著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント