河野太郎外相は信じていいのか? 6月27日(水)


前回、河野洋平氏について少し触れました。河野洋平氏といえば「河野談話」
です。河野談話とは第二次世界大戦の際に日本が韓国に対して「従軍慰安婦
の強制連行」を行ったことを認めた談話ですが、これには全く根拠がなかっ
たことが今日では証明されています。

戦後の朝日新聞に代表される反日偏向報道によって、この慰安婦問題を巡る
誤報は、天文学的な国益の損失を招き、日本人の名誉を著しく傷つけました。

ところが米国立公文書館に保管されている「戦時日本人捕虜尋問報告朝鮮人
慰安婦20名」が公表されました。この調書によれば「慰安婦たちは高額の
給料を貰い、街に出かけて化粧品や洋服などの買い物もし、兵士達とスポー
ツやピクニック、宴会をして楽しんでいた、さらに借金の返済が終われば国
に帰ることもでき、中には日本兵と結婚する慰安婦もいた」と書かれていま
した。

朝鮮半島で慰安婦狩リをしたという吉田清治氏の証言が嘘であることは、
二十数年前に明らかになっているにも関わらず、朝日新聞は訂正しなかった。
しかし米によって真実が公表されると、朝日新聞は致し方なく検証記事を出
して誤報を認めました、だが河野洋平は今に至るまで訂正し謝った形跡があ
りません。

だから河野洋平氏はてっきり在日だと信じていました。という事は息子の
河野太郎外相も在日ということになります。しかし安倍首相が彼を外務大臣
に起用した時は、本当にびっくりしました。

ところが河野太郎外相は過去の何れの外務大臣より優秀で、なぜ今までこの
ような気骨のある外相がでなかったのか不思議です。今では安心して彼の言
動や行動を評価しています。

河野外相が外交デビューとなった、ASEAN関連外相会合で中国が南シナ海
で進めている軍事拠点化に河野外相は懸念を表明しました。それに対して
中国の王殻外相は「あなたの発言を聞き我々は非常に失望した。まるであな
たはアメリカに言われた任務を果たそうとしているようだ」との中国外相の
強気の発言に対して河野外相は1歩も引かなかったそうです。

またマニラを訪問中の河野太郎外相は、中国の王殻外相と約50分間会談。
その際、中国の王殻外相は歴史問題を持ち出しねちねちと説教調で攻めまし
た。過去の日本の外相は何も反論出来なかったことを知っていたからです。
しかし河野外相は外務省事務方の用意した文言を無視して、王氏に「中国は
大国としての振る舞い方を身につけていただく必要がある」と反論しました。

この新聞記事を見てから河野太郎外相は、在日ではない紛れもなく日本人だ、
と安心しています、が!

2017年8月の内閣改造で、安倍首相は河野太郎を外相に起用しました。
その際側近は「本当に河野太郎さんが外相でいいんですか?」と意を決して
進言しましたが、安倍首相は耳を貸さなかった。「大丈夫だ。彼は父親とは
違う、国際感覚は豊かだし、心配ない」といったそうです。

河野太郎外相は外務省で開かれた新旧大臣交代式で「職員の皆さんの中に
は父の河野洋平外相と一緒に仕事をした経験がある人もいると思うが、河野
洋平と河野太郎は人間性も考え方も全く違う」と述べ「当時の経験は横に置い
て、河野太郎とお付き合いしていただきたい」と挨拶しました。

就任1ヶ月後の産経ニュースによれば「あの男は大化けする」」河野太郎外相
異端児から現実派に一変、評価うなぎ上り」と絶賛しています。が!

しかし6月22日の産経の社説によれば、日韓両政府は「国連など国際社会」
では、慰安婦問題について「互いに非難・批判することは控える」と合意し
ているにもかかわらず、韓国は「慰安婦問題を「戦時の性暴力という深刻な
人権問題として国際社会で定着させる」と韓国の康京和外相は記者会見で
語っています。

当初は不快感を示していた河野外相は「韓国から丁寧な説明してもらった」
と問題視しない立場に転じた。と書かれています。これによって疑惑の雲が
際限なく広がった。韓国の二枚舌に簡単に騙されるとは、過去の日本の
政治家とくに外務省の連中と同じではないか。

まともだと思っていた河野太郎外相が韓国の二枚舌に簡単に納得するとは、
疑惑の黒い雲が際限なく広がっていきます。

韓国人は他人を騙すことで自分が有利になることが善だと思っている性悪の
人種だとなぜ河野氏はわからないのだろうか?

韓国の嘘つき体質はいまに始まったことではない。明治の傑出した知識人、
福澤諭吉は当時すでにそのことを看破し. 「韓国の約束は無効と覚悟せよ」
と 韓国の本質を見抜いていました。

以下は福沢諭吉の言葉です。
「朝鮮人に対して如何なる約束を結ぶも、背信違約は彼等の持前にして毫も
意に介することなし。既に従来の国交際上にも屡ば実験したる所なれば、
朝鮮人を相手の約束ならば最初より無効のものと覚悟して、事実上に自ら
実を収むるの外なきのみ」(『時事新報』明治三十年十月七日)

彼は有名な脱亜論でも「近代文明や国際法について知りながら、過去のこ
だわり続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。国際的紛争の場面
でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。もはやこの二国が
国際的な常識を身につけることを期待してはならない。日本人の不幸は中国
と朝鮮半島である」まさに現在の日韓関係の本質を言い当てています。

韓国堕落の2000年史の著者である加耶大学教授の崔 基鎬はこう述べて
います。「今日の韓国の繁栄は、日韓併合によって持たされた。李朝による
518年間に亘る凄惨を極めた権力の奪い合いによって、人命も道徳も顧るこ
とがなかった。民衆は生き延びるために、偽ることが日常の習性となった」

河野外相殿、民衆は、暴力集団とでも呼ぶべき政権のもとでは、強盗か、
窃盗か、狡猾者か、卑怯者しか生存できなかった。そして自らを守るために、
虚言と裏切り、空理空論、表裏不同、反社会的な利己心を組み合わせて生き
るほかなかったのです。それが生存するための条件でした。

このような社会が500年間も続けば公共心や道徳など育つはずもありません。
このことを肝に銘じて韓国とお付き合いください。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります






コメント

私も河野太郎氏を洋平氏のご子息という事で疑ってかかり、
その後の外交姿勢を評価出来ると考えている一人です。

6月22日の産経社説を読みましたが、
私は韓国側は紛争地域での女性への性暴力根絶の計画であり、
慰安婦問題とはあくまで無関係だと言い張っているように読み取りました。
日本側としては慰安婦問題と無関係と言い張るようであれば問題には出来ないのかと思います。

ただ慰安婦団体の代表が数名参加している事から動き出せば議題として挙げる事はまず間違いなく、
菅官房長官が今後の動向を注視するとも言っていますのでその際に初めて問題とするよう政府内で一致させているのかと思っております。

河野太郎外相に関して思う処としては、徹底して日本の国益に沿って責務を果たすシナリオ通りの言動を執っている、と捉えています。
敵陣に最後まで擬態して、残留するには他の同胞を仇として攻撃する言動で敵を信用且つ安心させながら、敵地での地位すらも上げていく。
ずっと眠ったふりの潜在菌のように擬態を保持しながら。
ひょっとしたら、近い将来首相の座も夢ではなくなる次元まで、徹底して潜む。その時が確実になるまでは、決して日本人を敵に回さない。
そんな兵法があったような気がします。
かなり厳しめな視点ですが、相手が相手ですからね。

更新有難うございます。

 本当に、ここは論客が豊富で楽しい。

 さて、河野外相の事であるが、まぁ無難にこなしていると私は思う。外交は、相手国から何かこちらの意に沿はない事を言われたら、一発言葉で言い返すことが大切なのだが、河野はそれを実行しているように見える。

 今までの日本の政治家、および、外務省官僚は相手国に何か言われたら、まず最初に相手の意に沿う形でいけるかどうか、頭にそれが浮かぶのが常であった。日本特有の「こちらが誠意をみせれば・・」というやつである。

 そのようなやり方は外国には通用しないと、頭では理解していても、日本人の多い性格上、配慮が働き、はっきりとした拒絶やクレームができない、あいまいな行動に為りがちなのである。

 外交はまず言葉上の殴り合いから始まるといっても過言ではない。河野は今回の案件についてクレームをはっきり伝えている。
騙されたかどうかは、次のステップである。騙されたとはっきりした時点で倍返しをすれば良いであろう。江戸の敵を長崎でってことである。今回の韓国との案件はそんな程度のものであろう。

 問題はポスト安倍問題である。総裁選で3選の可能性が高いと思うが、来年の消費税アップで間違いなく失政となり、早期退陣に追い込まれるであろう。安倍政権は日本人国民にとってはぬるま湯的な所もあるが、野党が政権を取ったら、即タヒの状況になる。いや、石破や進次郎がなっても同じようなものである。

 岸田は旧自民そのものであり、冷水風呂にわが国民は追いやられる。それほど、どの政党も政治屋ばかりで、自分が可愛いか、特亜三国の下邊ばかりなのだ。

 あぁぁ 誰かいないか! 日本は世界のリーダーとなるチャンスなのだが・・・。

河野太郎外相評とポスト安倍

>ブログ主様 今週も更新有難うございます。
>>河野太郎外相評とポスト安倍
 先ず、河野太郎外相は、ブログ主の評価通り、外相として、正に打ってつけで有り、安倍さんのキャスティングのうまさを感じます。太郎さんの発言は、一時、自民党議員ナノ? と疑う様な面がありましたからね、お疑いが解けない方が居るのも、判ります。 

 まぁ、安倍さんもミスキャストも、あちこち在りますが、大体は、昔で言う「陣笠」代議士で、当選回数を重ねて大臣にして貰い、故郷に錦を飾る心算の志の低いGGY共が多く、在任中は、官僚が書いた答弁書を読むだけしか仕事が出来ない癖に、失言や金の処理で、マスメディアに斬り込まれると、簡単に馬脚を現す人が多いのは、自民党が、未だ派閥政治を引き摺って居るのだから、仕方がない。 世には、如何に凡俗の輩が多いかですね。

 唯、河野さんが、本物かドゥかは、寧ろ難しい、この後の国際情勢の処理に懸って居ると思います。 特にロシアとのラブロフ外相との交渉は、彼が難物だけに、試金石となりましょう。

 シナも米国との貿易戦争が激化して行けば、本当にドンパチ始めるのではないかと、危惧しますが、シナは所詮、強大な購買力の有る米国市場なしには、経済を保っていけません。現在の外相の王毅は、前政権の李肇星の後継で、ブログ主のご紹介の様に、太郎さんとは既に面識がありますが、日本には強くても、米国にはあまり受けが良くありません。 米国との貿易戦争の進捗次第では、外相を外される可能性もありますね。

 シナは外相を余り変えないし、専門畑以外の分野に人材を振る事もありません。 例えば、李克強等は経済担当ですが、習政権で経済担当を外された後も、首相のママで、経済部門に居残っている様です、多分、経済部門の渉外担当なのでしょう。

 余談ですが、是は、米国でも同じで、スぺシャリストを、任命して行くやり方で、政権単位の人事方式だと思いますね。 ダカラ、政権が代わると、顔触れも変わり、新たな対応が必要になる。 一方日本では、人材を育てて行くやり方を、昔はして居た様です。 然し、90年代から、短期政権が多く、随い、大臣人事も付け焼刃で、勢い、答弁書を書く官僚が勉強して行き、強くなっていたのでしょう。

 安倍政権の前は、民主党政権ですので、ちゃんとした後継が育って居ません。と言うか、あの節目に、強引な、世代交代が行われましたね。 当然、総裁だった谷垣氏が、首班指名を受けるべきなのに、何故石破と石原なのでしょうか。 あの時、自民党の中は未だに安倍さん達の敵だらけの状態なのだと感じましたね。 こんな中から、河野さんを見出したのは、非常に面白い現象だと思います。

 当然ながら、太郎さんは無派閥の筈です。今は、総裁候補処か、現実には、三期目の安倍政権で、再び外相として登用されるかどうかも分りません。

 ですが、将来の総理大臣を目指すのなら、この国際情勢が緊迫している現在に、現役の外相を続けてやる事は、政治家として大きなプラスになります。問題は安倍さんや麻生さんが、彼をどのように評価しているかですが、岸田の後の外相に、若手のホープとして期待されている荻生田を登用せず、河野外相だったのは、何か腹心算が有るのかなと思います。

 そう言う意味では、石原は兎も角、石破は阿呆ですね。大体、彼が、この程度の人材が、何故総裁候補だったのかと言う疑問もあるわけですが、マスコミの倒閣運動が始まって、直ぐに、「あぁ此奴が総理大臣にならずに良かったなぁ」と管いました。 味方を背中から撃つ奴は、国際的にも、絶対に信用されませんからね。

 ポスト安倍を挙げよと言うなら、TPP交渉で骨を折られた甘利さんは、外交交渉の経験は豊富だし、人品骨柄申し分ないと思いますが、如何せん、安倍さんより遥かに年上で、舌癌になったと一時噂になって、健康不安説もある様です。

 まぁ、誰でもいいですが、総理大臣を目指すなら、安倍政権で外相でもやって、顔を各国首脳に売って、外交感覚をちゃんと磨いて措かないと、いつぞやのサミットに出席した菅直人の様に、各国首脳から、「あの人誰?」と言った、冷たい扱いを受ける事になるんですよ。(嗤)

 民主政権時の大臣の様に、大臣になるのがゴールの様に考えて居るカラ、ダメなんですね。大臣になって何をするのか、と言う目標が無ければ、大臣に推すのも周りが躊躇して終うし、大臣になった時点で目標達成して終わりでは、前述の陣笠代議士と同じですね。

 国政の場は、自己実現の場ではありません。自分の為でも、後援者の為でも、党の為でも無く、国民の為に何が出きるのかを問うべきです。

 石破には、そう言う滅私奉公の気構えが一向に感じられないのは、石破が売国的な程、クリスチャンだからでしょうね。祖の心が私にはドゥしても分りません。 過去には、大平さんや麻生さんも、熱心なクリスチャンなんですが、ちゃんと慰霊際には、出席して居ます。

 何より、戦後進駐軍の中カラ、靖国隠者を爆破する計画を立てた兵士が居たそうですが、猛烈に反対したのは、牧師だったと言いますからね。 先人の慰霊に、宗教の別は関係ないのですよ。 神罰を懼れて居るなら、自分の為に他人の事を祈れない人だと言う事になりますがねぇ、www

言動の大事さ分かる人が何処にどれだけいるのか?
この上特アと呼ばれた地域の国にも言動の責任というものを求めるのか?差別なく求める事が人としての正義なのか?ほんと疑問だ。
外交って外国、日本以外の価値観と触れる場所でしょ。
特アがまだあるように、白人主義国も今だに強くて。
5色赤青黄白黒と世界の人種は別れてるけど、この将来が興味深い。

私はシナ朝鮮の反日は、日本が悪いと言うスタンスです。いちいち相手にするから悪い。歴史問題の政治的利用をするなら、我が国への明確な挑発行為と捉える、と一言言えばすむこと。その上で改めないのなら、経済制裁で締め上げればいい。両国とも日本の資本財を止められたら、経済が立ち行かないのですから。

毅然とした態度を取らず、何度でも交渉のテーブルにつく日本の甘い態度が悪い。

河野太郎氏の件

父上と同じ流れです。
東日本大震災のとき東京電力が原発事故を起こしましたが、河野太郎さんは東京電力の責任だけを追及して、問題の解決よりも責任の所在が大切だという立場を貫きました。
判官びいきの日本人がすることではありません。

河野太郎

きりっとした眉と顔のつくりは売国奴のオヤジの影を引きずっているようで不安だ。

岸田のあのポケーとした寝起きの顔は二度と見たくない。

宰相候補として望まれる人間像とは

>江の川さん ソロです。 お久しぶり。
>>河野太郎の顔つきが親父に似ている点
 そりゃあ、或る程度は、仕方ないでしょうww でも、確かに太郎さんも「猫を被っている」可能性は有りますよね。 唯、では安倍さんが、日本に取って理想の宰相なのか、と言えば、必ずしも、そうでは無いと思います。

 例えば、現実重視派なのかと思ったら、財務省内の「財政健全化優先」派の意向を汲む様な事を、未だ言って居るし、現実的では無いので、看過して居ますが、移民問題にも上辺的には寛容ですしね。 この辺り、ちゃんと監視しておかないと危ないと思います。

 安倍さんでもそうなんですから、100%信じられる政治家なんか多分いないと、残念ながら、私は思いますね。

 況してや、G勢力と言う良く分らない要素が、安倍政権の支えになっている現実、その方針転換が、現在の左翼退潮現象を齎して居ると言う事を考えれば、シナの崩壊が起こった後には、一体極東には、何が起こるのか、或いは米国の支配は何時まで続くのか等です。

 この先20~50年位先の話かもしれませんか、そう言う環境中で、日本を切り盛りしてくれる、リーダーとなる器を持つ政治家なら、今の評価はドゥでも、期待したいですね。 個人的な感想で言えば、私も岸田文雄は、官僚の言い形になる、はっきりした自己主張のない政治家だと思って居ますので、総理候補からは、外して居ます。云い形になっている様に見せて、ちゃんと自己主張が出来る、才覚と運が必要ですからね。

 現在10~30代の人に、「日本を、世界の中でどんな国にしたいのか?」と言う事を基本にして、時々の状況変化に将来の国民の事を考えて、対応できる考えを形成して行って貰いたいですね。

2015年日韓慰安婦合意を大切に

外務大臣になってからの河野太郎外相は、父親の河野洋平氏と比較するのが失礼な位に、良くやってこられたと思います。
今では、日本の政治家に数少ないタイプとして捉えられており、新しい大物政治家として、こんな人を待っていたと考えても良い位だと思いました。

ただ、数年前に河野太郎氏のHPを見たときには、そのようなイメージを感じませんでした。
どちらかと言うと、父親を守りつつ主張していると思ったのです。
そして、氏のブログカテゴリーに慰安婦問題は、タイトルとしては掲載されていないのですが、何故かと思います。

河野太郎氏には、親が河野洋平氏だから、このタイトルは必要だと思うのです。
勿論、政治家としての一個人で政治をするのですから、こんな何癖を付けることは無礼なのかも知れませんが、親の河野洋平氏は、日本を余りにも世界に対して貶めたと思うのです。

河野太郎氏は、親の洋平氏が肝臓を悪くしたときに、肝臓移植で洋平氏の命を助けた親孝行な人ですから、人柄も決して悪くないと思うのですが、政治家は親子愛よりも国をどれだけ愛するかが、基本として大切だと思うのです。

申し訳ないが、河野談話は慰安婦問題について、日本を泥沼に導いたのですから、それに対する自己の考え方を明確にして欲しいのです。
日本の外務大臣というのは、それが必要な職責だと思います。

日本の国は、日本の弁護士連合会が派遣した弁護士が「慰安婦を性奴隷として扱った」と、主張するすることを許している国です。
その国の外務大臣が、慰安婦に対して「慰安婦は、慰安婦としての職業を全うしたからこれに敬意を払うが、日本は性奴隷という人権を無視した扱いをしたことはない。」として、日本兵に対する擁護をしていただかないと、日本は慰安婦を性奴隷として扱った極悪非道な民族との評価を変えることが出来ません。

慰安婦の立場を明確にして、日本兵の名誉のために戦っていただかないと、2015年日韓合意が気が付けば元の木阿弥になってしますような気がします。

欺したら、欺したところが出発点というような民族に、欺されないように朝鮮半島とは付き合っていただきたいし、欺されることが目的だったのなら、父親と同じメンタリティだと言うことになると思います。

上海

上海きっての名門小学校・世界外国語小学付近で無差別に下校時の児童を襲った殺人事件が発生。
4年生の児童2人が亡くなった。中国ママグループチャットに現場の動画や写真が上げられた。
https://twitter.com/axin_sh/status/1012207343688298498

【東京発信・cool eyes】第一回 国際政治学者・藤井厳喜 トランプ政権と東亜情勢 20170518

【東京発信・cool eyes】第一回 国際政治学者・藤井厳喜 トランプ政権と東亜情勢 20170518

https://youtu.be/ZJfWvPw3zW4?list=PLxejGDsVviQiL30myzoOUo5iogXWXLb6i

反日売国テレビ局・マスコミの報道しない自由を嫌悪する日本人視聴者
有権者が何も出来ない事を見かねた台湾の親日勢力が作成した
番組です。

何も出来ない貴方にもこの記事を友人、知人に見てもらい
正しい歴史認識を持ってもらう事ができます。

詳細は
【書籍街の掲示板】第3巻
http://www.aixin.jp/gktj/sss/sss.cgi

NHKの番組作り「日本人のお名前」

今日、6月28日19時30分からNHKで放送しました「日本人のお名前」で「○村」の番組作りが余りにも酷いので、頭に来ています。

番組に粗筋は、「○村」という名字の付け方の根拠について、掘り下げる物で、これをドラマ仕立てにしていたものです。

その問題点ですが、ドラマで背景で、鎌倉時代の農家が放送されたとたんになんじゃこれ、農家はベニヤの掘っ立て小屋で広さは2~3坪、これは縄文時代の建物よりも貧相です。服装はぼろ義のような物です。
これは、時代考証と言えるようなものではなく、貧しいと言うことを強調しているだけです。

農地は地主から借りて、年貢を返すのに取り立てが厳しいとしていましたが、鎌倉時代に地主はいません。
守護・地頭の時代ですが、これには全く触れずに、取り立てを厳しくしてるだけでした。
面白可笑しくする前に、いない地主を出してどうするのかです。
そして、鉄製の農機具が出来たことから、収穫が大きくなる目処を説明していましたが、日本はその時代に、そこまで鉄製の農具がなかったと思いません。

その前に、農地は平安時代に、荘園の制度がありました。
もし、年貢が厳しい場合には、公家か貴族に寄付をする形にして、楽になるような工夫をしていたと思うのです。

それに、農民に名字を付けたのは、日本は明治になってからで、それまでは農民には名字はなかったのです。それが、何故全員に名字があるのかと、番組の目的が名字の謂われを研究するにしても、不自然な物でした。

そして、「木村」の名字の謂われは、「紀伊」から出ているとしたのですが、「紀伊」という豪族の荘園が全国に散らばっているというならば理解できたのですが、「紀伊」という名字の人が全国に散らばっていたとの解釈でした。

これが、名字の散らばった理由だというのは、余りにも珍説に過ぎます。
この番組の製作スタッフは、日本の歴史を知っている、または習っているとは考えられない、メンタリティの持ち主だと思いました。
これから数年したときに、日本人の名字の分布は、このようなものである。テレビで放送したから間違いないのだと、なったらどうするのかとの恐怖心を持ちました。

テレビは所詮テレビで、ただのバラエティでしか有りません。作成スタッフがべらぼうな給与をもらっていても、まともな研究をしたとは考えない方が良いし、時間潰しに電波を垂れ流しにしているだけのものだと、改めて思いました。

しかし、吉本喜劇の木村祐一氏が、木村姓の代表者として出演していましたが、出演者の皆さんはこんな番組に出ていて、恥ずかしくないのかなと言うことが、印象に残りました。

太郎氏、不文の法

ブログ主様、更新有難うございます。

2週続けて河野家アピールという事は、相当に気懸りとなされておると察します。
無理もありません。父ありきの神奈川県からの出馬。
確か祖父である河野一郎氏は当時の建設大臣在任時に竹島密約として知られる
「解決せざるを以って、解決とみなす。」
と、竹島問題を先送りにした表向きの首謀者ですよね?
更に、この密約書簡を持たせた輩が、極短期政権やハニートラップに引掛ったパイオニア的存在で御馴染みの「宇野宗佑(元)」だったと聞かされた覚えがあります。が、此方は定かではありません。

首脳クラスを何人も輩出している米国のジョージタウン大学や、ポーランドの大学等で経済学を専攻したりしていたりしているようで、此の背景からなのか物怖じせず、竹を割ったような立ち振る舞いが安倍首相の目に留まったのかもしれませんし、俗にいう2世、3世議員として親近感を感じたのか、或いは2世会みたいな老害を憂いている議員や官僚の個人的な義勇会があるのか。スポンサーの出自が一緒なのか…は考えたくはありません。勿論、自分の後援会や支持層の意向を代弁するのは致し方ない事です。
「蛙の子は蛙」と一括りにするのは簡単ですが、壱個人として長所を発見するのは中々に難しい事です。

又、「イギリスの大使に匹敵する」と謂われるほどの英語が堪能だとか。
意思表示の不得手というか、外国人からしたら曖昧で解り辛い日本語独特の言い回しを、通訳を通さずに直接自分の意思を伝えられるというのが、一番の強味かと思われます。

安倍首相も尽力されておる印象ではありますが、立場上からなのか、発言や詰めの甘さは感じる部分も多々あります。是は私感ではありますが、2014年~2015年に起きたISILによる邦人拉致事件が少なからず影響しているのかとも思いますが。

シナの王殻に対しての発信には拍手です。奴等には「喧嘩もできない小人である相手とは交渉する価値は無い」というものが根底にあるのです。此奴等からするとシナは父であるという自負があるのです。身構える事をせずに薄笑みを浮かべ近寄ってくる人間は絶対に信用されないのです。又、祖国を売るような輩も絶対に信用されないのです。

南鮮に対しては下手打った残念形です。祖父や父が当時交渉の船頭役をしていた背景とは違えど、結果が同じです。
密約は「ダメ。絶対!」
此方は堂々と表立って憮然とした態度で接すれば良いのです。歴史の無い奴等に歴史認識を求めても鼻糞ほどにも感じません。野生の獣に対峙したら、目を逸らしたり背中を見せたら襲ってくるのですよ。在日鮮人帰国令を早急に実施するのなら、この限りではありませんが。

何れにせよ、元首を対外にはっきりと示せず領土を侵されても何もできず、トラの威を借りても殴り合いできない飾りの国防とは何をか云わんや、です。
此の立場で太郎氏に強気な外交しろ、というのも少々酷なハナシというのも一理あるとは思います。利己の政治屋としてではなく、国益に邁進する政治家として尽力なされる事に期待したいですね。

国内では、来年早々に今上陛下の御聖断にて生前譲位なされます。
我が国では元来、「皇室典範」或いは「日本国の皇室の家法」が定める是等の法は、我が国に於ける「最上位の法」であり、法の支配に従い、是に違背する憲法の規定は全て無効となります。故に国家の存続を図る「不文の上位の法」に対して、明文憲法は其れに拘束されるのは自明の理で有り、我が国に於ける正当な解釈なのです。
ポツダム宣言受諾は、一般国民がタヒに至る本土決戦により、国家滅亡から国家と国民を救出する「不文の上位の法」に則った、昭和天皇の御聖断であります。
1952年4月28日に主権を回復した以上、日本国憲法は改正せずとも、主権国家の「不文の上位の法」の効力が復活した事に成り是に則らなければならぬのが正当な解釈で有り、125代に亘る男子直系とした天皇の皇位継承の歴史と伝統に依拠した我が国に於ける一般規則なのです。
つまり、現行の日本国憲法は、”明文憲法としての最高法規”であり、最上位にあたる「不文の法」に従うのは自明以前の話なのです。
是を日本国民は何人たりとも侵してはならぬのです。亦是を貶めようとする事は言語道断。日本国民に非ずが語るは論外。ましてや政治家が勝手に決められる事ではありません。越権行為も甚だしい。

苗字の話

>ポッポさん ソロです。
>>日本人の姓の話
 のっけから指摘では不作法ですが、ポッポさんも一つ事実認識が不足して居る処が有ります。 其れは、「昔は農民には姓無かった」と言う処です。

 先ず、農民と言う身分が出来たのが、江戸時代なんです。徳川幕府が、租税を確定する為に、太閤検地のデータを基にして、田んぼあたりの年貢の多寡を決めたのですが、生産民である農民は、田んぼ以上に、コメの生産手段として必須のものですから、勝手な移動は、原則禁止にして、年貢の台帳として戸籍「=人別帖」を作ったのです。 

 で、苗字の話ですが、人口が未だ多くなかった頃は、「何々村の誰それ」と言う狭い地域なら通じる、個人特定法だったのですが、平安時代の荘園を管理する地頭の配下で警護役だった、後の武士に雇われると、村の名前を苗字にする様になっていました。 ですから飽く迄個人を特定する意味だけですが、苗字と言うものはあったのです。 処が、江戸時代になって政策で、移動しない農民には苗字は必要ないと言う判断(混乱の素になると考えたのでしょう)して、苗字は武士階級と、名目上の戸籍管理者である領主から、特別に許されたモノ以外は、苗字は名乗れなくなったのですが、江戸期までに、百姓でも、広い田畑を有しているのも拘わらず、身分は百姓のままと言う人も居て、そう言う人は、自分の家の苗字を代々持って居ましたが、混乱を避けて、明治時代まで隠して居た例も少なからずある様です。

 ~村とか、~田とか、苗字に村の名前や場所、地名が多いのは、苗字自体が、その人の出自を表していたからで、是は流れ的にも無理のない話です。 苗字が復活した明治にも、同じ手法を援用したのが、田舎に行くと良く分ります。

 私の郷里の鹿児島は、珍しい苗字の多い処ですが、地元では地名なので、全く珍しいと言う感覚は有りません。 大中小、上中下が頭に着く苗字は、続く、地名の地に住んで居た人でしょう。 亦鹿児島は、全県的に~薗と言う苗字も多い処で、荘園の名前の名残理と思われます。 逆に、其処を支配して居た豪族の名前が地名になっているケースも多いです、祁答院、伊集院、喜入や指宿、山川、秋元、頴娃、知覧等(全部私の郷里の近くの地名ですがww)

 因みに私の苗字は、鹿児島には元々無いものでしたので、文献を探したら、石川県の出だと言う事が分りその名前を冠した地名もありました。 良く有りそうな苗字なのに、日本中に1万人程度しかいないそうです。 処が、女房の実家は琉球の出で、保元平治の乱で敗けた方にいた豪傑、源八郎為朝の末裔だと言って居ますが、為朝は、伊豆大島に流罪になって子を成したが、その子供共々、頼朝に攻め滅ぼされたと正史には有りますので、事の真偽は定かではありません。 

 その苗字も少ないのですが、文献によると私の苗字より名乗って居る人の数が多くなって居るので、おかしいなぁと思って居ます。w

 どの途、NHKの歴史ものは、大河ドラマを含めて、端なる娯楽作品だと思って看なければ、TVが何台あっても足りませんww 家柄や由緒で、苗字に拘る人は多いですからね。でも、例えば、同じ源氏なのに、有名な処でも、多田、佐々木。武田、上杉、松平、嶋津・・と沢山あり、平氏も、織田や北条と一時は天下を壟断した氏族も居るワケで、苗字等、仕える領主から、「お前は明日から~と名乗れ」と言われたら、その通りにする他は無かったのですから、出自が苗字で分るのは、百姓ダケで十分だと私は思いますがね。

 唯、半島や大陸からの渡来人は、苗字には苦労した様です。 一時、半島で名乗って居た姓を一字入れて金〇とか、〇金とか、名乗って居る在日が多かったですが、直ぐに、朝鮮族とバレるので、日本人の奥さん方の名前にしたり、何の脈絡もない苗字にしたりして、出自を隠す様にして居ますので、判別が難しくなっています。通名は個人を特定しにくく、犯罪にも利用されて居ますので、 少なくとも日本政府は、在日に通名を使用させるのは止めさせなければイケません。 在日朝鮮族側も、自分が在日である証拠に、実名を名乗るべきです、帰化しないのは、自分の国に誇りを持って居るからだと言うなら尚の事ね。

網野善彦(1928~2004)、日本史学を革新したその理論は、かっての、「百姓」を農民と同一視し,江戸期以前の人[の9割を定住稲作農民が占めるという通念に依拠していた歴史観を一新した事。網野はアジールや山野河海を遍歴する漂泊民の研究から百姓の中に農民ではない「非農業民」が存在することを明らかにし,百姓と農民は同義ではなく農民は人口の3~4割程度を占めるに過ぎないことを示した。
http://kampo-seishinka.com/pdf/profile_okumura10.pdf
江戸時代、百姓とは「百の姓を持つ庶民」、支配階級である武士以外の農民を含む被支配階級と云う意味でした。 ...... が切れた「自由」を保証する場所(中世西欧における「アジール(避難場所)」)とし、「公界」の寺の僧はそれにふさわしい能力=「芸能」を身に付ける必要がありました。

LINEは危険、登録情報、通信内容、会話やメールが筒ぬけ

LINEは危険、登録情報、通信内容、会話やメールが筒ぬけ

https://twitter.com/search?q=LINE%20aixin&src=typd

LINEは危険、LINEを普及させたのは安倍晋三総理

【関連情報】
● LINE、大株主は韓国人、役員も韓国人・韓国政府はLINEを傍受し情報収集・赤字でも日米上場

【情報・通信の掲示板】マイナンバー登録情報は韓国の国家情報院(旧KCIA)に筒抜け

危険なLINEを推奨しているのは安倍自民創価学会公明党内閣(国)

ネットで検索LINEはこんなに危険

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi

銀河英雄伝説の「衆愚政治」と「日本の政治」が略イコールな件

この動画は非常に出来が良い
現実の政治とここまでこの物語がシンクロするとは
https://www.youtube.com/watch?v=6Js0XE9_w-o

網野善彦先生

↑の網野善彦さんは、私が一時、彼の著作を漁って夢中になって読んだ歴史家です。 百姓と言いう呼称の起こりや、農民との違い等、認識を新たにさせられました。 恩人の一人だと思って居ます。

 でもただ一点、疑問と言うか納得出来ない事が有りました。 其れは、この世代の方に特有のマルクス史観の様な、「古代は近代に比べて格段に劣って居た」と言うベクトルの視点です。 

 私はそうでは無く、その時々に併せた、現実的な手段で事を平和に解決してきたのが事実で有って、急激な変化が見られる場合は、例えば、外国から新制度を移入し、是を日本に合う様に試行錯誤を交えて実施したのが、現実では無かったかと思うのです。 ですから、詳細な史実に拘るよりも、厳しく変化に富んだ日本列島の風土で生きて行くのに、為政者と民との間に永く結ばれた信頼関係の連続だ、と捉えれば、縄文の平和が説明できるのではないかと思います。

 確かに、日本の古代(BC20~30世紀)には、シナ大陸から、移住/逃散して来た長江民が2種類いて、亦、固より、その遥か前にシベリアから列島に渡り来て棲みついていた民族が1種類いました。 

 網野さんの時代には、長江文明は未だ発見されても、研究・解明が為されて居ず、詳細が分らない状態だったので、彼の研究には出てきませんが、この発見はシナの歴史を根底からひっくり返す様な出来事なのです。

 前者の新たな移民の裡、海洋民が交易を行い、あちこちの海岸の入り江の後背地を干拓、開拓して、住処として居ましたが、モゥ一種類の人々は焼畑耕作民でした。 彼らは、長江の上流域から、川に流れに沿って下って来たのですが、中流域で、1万6千~8千年前稲作を始め、下流域でBC50~70世紀に、さらに水耕稲作法を完成、大水田地帯を作って長江文明として栄えました。(良渚遺跡他)
 
 彼らは、山岳を渡り歩き、平地を見つけると火をはなって、耕地にして暮らす、と言う生活をして居ましたから、火の扱いに習熟していたので、他にも、鉱山の掘削~金属の精錬、土器の制作、漆の発見、木工技術の開拓、亦、薬草や麻薬の調合など、多彩な文化を持った民族で、是を南蛮族とシナ人は呼びます(朝鮮では、火田民と呼びます)。

 然し、シナ大陸の様な平地なら、燃えるに任せて居れば、燃えるものが無くなった順に消えて行きますが、日本の山がちな処でそれをやると、思ってもみなかったた処迄火が周り、亦、山の上ですから水が届かず消せない事態が起こりました。 すると、先住民の狩猟採集民の生活圏を犯したので対立が起こり、元より非定住或いは半定住の、焼畑農民は列島から殆ど居なくなりました。

 網野さんの記述は斯うした事実をなぞって居るようにおもいますね。 私が思うに彼の史観に欠けて居たのは、戦前の皇国史観では無いもっと科学的な、物証に基づいた日本の歴史で、亦、長江文明と言う大きなファクターを考慮出来無かった点にある、と思って居ます。 もぅ15年位、永生きしてほしかったですね。

追記:
河野太郎氏が、即座に的確に辛辣に言葉を返すことができるという事は、敵が怖くない、つまり敵方から個人的報復がされない、との確証があっての事か、と勘繰ることもできます。他の大臣の方々も探られたくない腹をお持ちの方も多々いらっしゃるかもしれませんが、そのような方は裏からの暴露行為や進路を断たれるような事は避けたいでしょうから、強い口調で断言する行為を避けるように推察します。まぁ、河野太郎氏が聖人君子のような方なら別ですが、たとえそうであっても、無いことない事を捏造変造してでも、足を引っ張る連中が敵方には大勢入らっしゃいますので、少々不思議に感じもします。当方の存じない処で中傷話が河野太郎氏に向けられていたとしたら、感想は違ってきますが。 重箱の隅を突っついてみました。

朝鮮人は夫婦別姓

ソロさんへ  ポッポです。

>>それに、農民に名字を付けたのは、日本は明治になってからで、それまでは農民には名字はなかったのです。
>農民と言う身分が出来たのが、江戸時代なんです。

ありがとうございます。
普段なら分かっていることでしたが、頭に来ていたので間違って終いました。

しかし、あの番組作りは、余りにも酷かったです。
幾ら番組作成の都合で予算的な制約があったとしても、日本は歴史のある国でそれぞれの時代には、それに応じた時代考証が出来るのですから、最低限の時代考証に応じたものにしませんと、視聴者を勘違いさせます。
これは、場合によって視聴者を、誤った方向へ誘導することになることを忘れてはいけないと思います。私のように、鎌倉時代との説明なのに、映っている画面は縄文時代のようにしか思えない人もいるのです。

それから、日本の隣の国は映画を作れば、これは史実だと主張するところが有るのですから、映画やテレビは放送されたばあいには、その後の影響も考えなければならないと思います。


半島や大陸からの渡来人は、名字に苦労をしたと思います。
しかし、日本が朝鮮を併合していたときの創氏改名は、、本籍地を朝鮮に有する朝鮮人に対し、新たに「氏」を創設させ、また「名」を改めることを許可した政策です。

個々の判断で決めた新たな「氏」において約8割が日本風の「姓」で「氏」を創設しましたが、金や朴など従来の「姓」を「氏」とすることが出来ましたから、難しいものではありません。

また、「改名」は任意の申請制であり、希望する「氏」を許可期間中に届け出をしない場合は、自動的に従来の「姓」が一家の「氏」となりましたから、放っておけば元のままなのです。

実例として、陸軍中将洪思翊などは、元の「姓」である「洪」を「氏」にしましたが、改名はしていないのです。

ただ問題なのは、朝鮮は儒教文化のために、女性は結婚後も他所者として夫や子供の「姓」に加われない文化がありました。
これを、日本は夫婦の一致として義務づけたのです(夫のでも、妻のでも、どちらでも良かったのです。)。
このために、届け出を放っておきますと、自動的に夫の姓が選択されて一家の「氏」なったとのことです。

朝鮮の文化ですから、日本人にとってはどうでも良いことですが、日本式に夫婦の姓を一つとすることは、朝鮮文化ではなかったのですが、これは妻の地位を一段低く見て、夫の戸籍に入れない習慣があったと考えます。

ところで、近年、日本において夫婦別姓を推進している気がします。
これは、朝鮮の夫婦別姓の習慣を、日本に定着させようとしている勢力の行動だと思います。

日本人の新しもの好きや、過度に夫婦同権を唱える人達が、この夫婦別姓を選択する可能性があります。
これが朝鮮の習俗であり、女性を男性の戸籍に入れないためのものだと、認識した上で賛成するのは個人の自由ですが、このことを考えずに、進歩的な人が言っているから正しいのだろうと考えているのなら、頭を冷やした方が良いと思います。

理由は、生まれてきた子供は、親の姓のどちらを名乗るのか分かりませんし、他の多くの子供は両親が一つの姓を選択していますから、自分の姓に疑問を持つことにあります。

NHK改革の必要性と韓国の捏造歴史

>ポッポさん ソロです。
>>夫婦別姓は、共産主義者の陰謀=ジェンダーフリー
 朝鮮の風習で、妻の姓が夫の姓にならないのは、朝鮮の「同姓を娶らず異姓を養わず」という風習「=社会常識」から来て居るもので、ポッポさんは、柔らかく「妻の地位を一段低く・・」と、書いておられますが、トンデモナイ、朝鮮では、女性は家具・道具の一種であり、随い、売り買いの対象だし「試し腹」と言って兄弟や父親が「子供が生めるか試して」から、嫁に出したという因習があったのですし、そも、名前が無かったのです。

 例えば、有名な反日王妃の閔妃も、出自は「閔氏の女」でしか無く名前が有りません。 つまりm人間扱いでは無く家畜同然だったので、是は、黒船のペリー提督の証言から、シナも伝統的に同じの様です。

 ジェンダーフリーで、夫婦別姓をやって居る連中は、斯う言う正しい歴史を知らないでやって居る、アンポンタンばかりで、良く自分の旧姓を夫の姓と並べて書くバカ女が居ますが、無知蒙昧と言う他は無く、実は、恥かしい限りなんですがね。

 キット、ジェンダーフリーを指導している、大学の「女性学」の教授辺りが、煽り立てた結果だと思いますが、WGIPもㇷ゚レス・ラジオ・コードも無い時代に、良く恥ずかしくも無くやって居るなぁと思うし、其れを許して居る文科省の官僚はの脳みそは、全員腐って居るなぁと感じますね。ww 此方も大改革が必要です。

 朝鮮人は、自分達の正史の惨憺たる内容に背を向けて、李承晩が書いたと言われる妄想の歴史を正史だ、と言って居るのですが、正史と辻褄が合わなくなると、正史の方が間違って居るとか言いだす始末で、ではその証拠はと言うと何も出てこない。と言うアホなパターンを繰り返して、世界から哄笑されているのですが、一向に平気な様子なので、放置するのが正解なんですね。

 NHKのいい加減な時代考証の件は、斯う言う朝鮮人のいい加減な歴史に対する姿勢から生まれたものだと、断言できます。 一昔前は、大河「ドラマ」なのに、時代考証が確りして居て、ドラマの中での小さな変化を歴史の専門かが見逃さず、真剣に話し合って居たと言う話を聞いた記憶が、有りますからね。 

 韓流時代劇と変わらないレベルの時代考証をやって居る連中に、時代考証を任せて居る、今のNHKの製作スタッフには、かなりの数の女性スタッフが含まれていますよね。 NHKもこんな真似をして居れば、放送法が改正されて、NHK改革~解体となれば、多くの女性スタッフや朝鮮人スタッフがが職を失う事でしょうね。 

 韓流ドラマの時代劇の様な、「あり得ない服装」や「あり得ない町の風景」「ありえない女性への処遇」を作って居た連中は、時代考証の重要さが丸で分って居ないのでしょう。

 韓国では、そう言う謂い加減な考証の画面を見ても、苦々しく思う人はわずかに居ても、文句迄言う人は多分いませんからね。 自分の国の歴史の惨憺たる様は、出来れば見たくないでしょう。でもNHKは、其れを日本でやらしては、イケナイですよねぇ、NHK改革は、急いでもらいたいですね。

北朝鮮の人権に対する姿勢

昨年2月13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港でころさらた金正男氏の裁判で、さつじん罪に問われた女性2名が検察側は2名にさついがあり、さつじんざいが立証できたとする意見陳述書を提出したそうです。裁判で有罪になりますと、し刑になります。

この2名は、北朝鮮の支持役からいたずらビデオの計画に仕事として勧誘されて応じたもので、さつじんを起こす意図はなかったと思いますが、世界の国にはそれぞれ法律があり、気が付けば犯罪者にされることもありますから、海外では自分の行動に注意しませんと、いつ犯罪に巻き込まれるか分からないものと思います。

そして、今年の6月12日に、北朝鮮の金正恩氏は米国のトランプ大統領と会談して、その後は平和が訪れる、ノーベル賞だと浮かれている人が沢山います。

でも、金正恩氏が強大である金正男氏のさつがいを、指示したのは間違いないし、北朝鮮ではその他にも多くの人を粛正したことも間違いないことだと思います(中には、銃さつではなく、砲さつもありました)。

また、今月27日、ジュネーブで開催中の国連人権理事会で、北朝鮮は在日稜線人が差別されていると日本を批判しました。日本はこれに対して、事実無根と反論する一方で、相互不信を克服する用意があると北朝鮮に対話を呼びかける場面もあったそうです。

冗談ではありません。
在日朝鮮人は言いたい放題なのに、日本人は一言言えばヘイトと捉える状態だと思います。
2016年6月5日の川崎デモのビデオを見れば、どちらが隙にしているのかがよく分かると思います。
あのビデオを米国やジュネーブに持って行って放送すれば、国連人権理事会の説明資料になると思いますが、杉田水脈氏は衆議院議員になってしまったから、大幅な戦力ダウンになったのでしょうか。

以前は、国連人権理事会への政府対応を消極的な姿勢だったと思いますが、現在の政府はこれに真面目に対応していると考えます。
願わくば、拉致だけではなく、過去の暴動や朝鮮総連の行ってきた事実(これにも拉致への協力が含まれます。)を関連づけていただきたいと思いますし、在日・反日勢力のデモでは、安倍首相の人形を重機で踏潰していたことも忘れてはならないと思います。

北朝鮮でデモをして、金正恩氏の人形を重機で踏みつぶしたらどうなるかを、想像して欲しいと思うのです。

日本人は、日本人の枠でしか考えないのは当たり前ですが、世界では日本人の枠は通用しません。
日本は日本の中でのことで、北朝鮮への反論をしています。
それなら、拉致をされた人が北朝鮮で日本に対して、その存在を全く表現できないことをどう考えるのか、北朝鮮に旅行に行った日本人は、北朝鮮で日本の常識を発表をすることが出来るのか。
これが出来るようにしなければならないと思います。

もう、何年前になるでしょうか。
日本から北朝鮮への帰還事業で、北朝鮮へ向かった女性が、脱北で日本に逃げ帰っていたのに、(北朝鮮の圧力があったと思いますけど)再度北朝鮮へ渡航しなければならなくなったときの報道で、「北朝鮮万歳」と悲しげに叫んで両手を上げていた放送シーンを、私は今でも覚えています。

オーストラリアで、中国をはじめとした外国による政治的影響力の拡大に懸念が高まる中、
外国の利益を代弁して行う政治活動には事前の届け出を義務づけるなど不当な内政干渉を受けにくくするための法案が、議会の上下両院で可決されました。
オーストラリアでは、中国系企業から資金提供を受けていた元議員が、中国と周辺国などとの間で領有権問題を抱える南シナ海をめぐって中国寄りの発言をしたことが明らかになるなど、外国による政治的な影響力の拡大に懸念が高まっています。

こうした中、オーストラリア議会の上下両院では、28日までに外国による不当な内政干渉を受けにくくするための法案が可決されました。
法案では、外国の利益を代弁してオーストラリア国内で政治活動をするすべての人について、
その国との関係や活動内容などを事前に届け出るよう義務づけています。
また、オーストラリア議会では、外国政府に代わって企業機密を盗むことなどを新たにスパイ行為とみなし、
罰則の対象とするなどとした法案も可決しました。

これを受けて、ポーター司法長官は「オーストラリアの安全保障を脅かす行為を阻止するため、
われわれが必要な手段をとり続けるという強いメッセージを送るものだ」とする声明を発表しました。
オーストラリア政府は、外国人からの政治献金を禁止する法案も年内の成立を目指すなど、
今後も外国からの内政干渉には断固とした措置をとる構えです。

オーストラリア政府を見習ってほしいのですが、
日本でこんな法案通そうとすると、
立憲民主党、 社民、共産あたりは当たり前で、ひょっとすると自民党内でも大反対する
議員が出て切るかもしれもせん。
日本に日中議員連盟、日韓議員連盟が超党派で存在してる時点で無理な話かもしれませんね。

日本での平和主義運動では日本は戦争するしか無くなる

>ポッポさん ソロです。
>>マスコミが伝えた米朝会談の虚構を信じるお花畑
 私が米朝会談の前に、「米国が採らねばなら無い措置は、決まって居る、其れを行わなければ、米国が滅亡する。」事を述べてきました。 然し、マスコミや一部の「平和主義な方」は、ポッポさんが仰る通り、「是で平和になる、正恩とトランプはノーベル平和賞ものだ」と囃してていましたが、朝鮮側は、核放棄も拉致問題に対する取り組みも、「やる振りをして居るダケで、実際は、何もして居ません、寧ろ、制裁解除の隙を狙って、ミサイルを発射できる態勢を復元しようとしている様に見えます。

 オソラク朝鮮に足りないモノは、兵器の燃料でしょうから、韓国やシナがやって居る「主に、海上での制裁破りの行為は、世界の平和を危うくする行為」だと言えましょう。此の件に着いての、シナや韓国に対する制裁は、とても厳しいものになると思って居ます。

 朝鮮が、国連で日本の在日朝鮮人の被差別を心配して見せて居る様ですが、「他人から自分がどう見られているのか」と言う事を全く意識して居ない発言で、眞に朝鮮人らしく、思わず嗤って終いました。

 よく「国連の方から来た、人権監視委員会の云々」と言う名の、似非ジャーナリストが、ネットで人権問題やマスコミに対する政府の姿勢を批判して居ましたが、実は国連と名がついて居るダケで、国連とは何の関係も無い団体です。

 それに、嗤ったのは、そのジャーナリストが放送法4条の改正で「政府は、報道の自由を制限しようとしているのはケシカラン」とか息巻いて見せましたが、事実はその逆で、政府は「報道の自由を束縛している現在の4条を無くそう」として居ると言う指摘を受けてから、沈黙して居ますねww

 世界とか国連とか言っても、左翼ジャーナリストって、所詮この程度なのです。ですから、このレベルの批判は無視しても一向に差し支えない、条約の様な実効性があるワケでも、況や、彼らの言って居る事に、国連の強制力が付随して居るワケけでも無い。

 何故なら、国連とは、国際連合軍と言う軍隊の略称なのですから、軍事以外の事は、国連にはなにも関係が無いのです。是は、ユネスコでもお亡いです、世界遺産なんて、元々日国連団体のフェイクなんですが、観光資源になるからと、元は、欧州でも運動だったのを、世界的に拡大して、日本の民間や地方の公的機関が乗ったダケの話でしょう。 ミシュランやギネスブックと大差ないと思いますね。

 日本人の宗教的なメンタリティは、基本的に、神道と仏教で出来て居ます。「俺は無宗教Dから」と言う人が、初詣に行ったり、クリスマスを祝ったり、お盆や正月を祝ったり、もっと言えば、葬式にいって手を合わせて居るのはどういうわけなのでしょうか? 日本人の宗教心は習俗化して居るが、顕在化して居ないだけで、寧ろ、日本人で有る事で、亦は、日本で暮らして居る事で、集団的無意識の中に自分が居る事を自然に感じているのではないでしょうかね。 日本人の「見え無いものの力」を信じる心=宗教心は、自然体なダケで、宗教国の敬虔な信者と変わらないと思いますね。

 それが分るのは海外に出かけて行ったり、外国人と一緒に仕事をしたりして、その価値観の違いを、発見した時に分る事だと思います。 日本人は、基本「仕事を愉しもうとします」が、彼らに取って仕事とは、金を稼ぐ手段でしか無く、賃金を貰えない仕事は、ボランティア出ない限り、ペナルティだとしか思いません。私は経験から言って居るのですが、譬え、その仕事をした結果自分達が、危機を脱したり、不自由をしなくても済んだりする事が分って居てもです。 彼らは本来、しなければならない無償の仕事は、「神の目を懼れて」仕事をして居ますから、無信仰だと言う日本人の勤勉さが、理解できないのです。

 是だけ、感覚に開きがあると、彼らに利益が齎せられる場合は、何とか理解を得られる事も可能ですが、彼らに関係のない話なら、ガン無視されます。ですが、日本人は「皆もそう思って居るだろう=性善説」と言う思い込みでやって居るので、多くは期待を裏切られる事になるのですが、我々の先人は、其れでも、自分に課せられた義務、否、使命であると解釈して、やり遂げて居ます。

 我々、先人に続かねばならない世代は、世界で日本人が為した事績を出来るだけ多く知って「至誠は天に通ず」つまり、「誠意に溢れた仕事は、神様が良く分って居らっしゃる」と言う事を信じて、基本、無償の心で、頑張って行きたいですね。

 我々日本人は、日本に生まれたから、自由な言論空間で、生まれの貧富の如何に拘わらず、努力すればちゃんとした仕事について、人並みの生活が営める社会に居ますが、不幸にして朝鮮やシナの下層民に生まれたら、人間らしい生活が営めたかも疑問です。 私もあの朝鮮に逆戻りさせられる朝鮮人のお婆さんの悲しい万歳を見ましたが、日本で平和運動や人権運動をやって居る連中の言うジンケンって、こんなお婆さん一人引き止められないのかと。ほとほと、悲しくなりました。 彼らは、一体何の為に、活動しているのか、人が流す涙のワケを、何故考えてやれないのだろうか、と思いました。
 
 でもこの頃、共産主義者は、「自分では、物を考える習慣が無い」ので、「人間らしい感情も無い」のだと言う事が、判り始めて居ます。 序に「人間としての恥も知らない」のだと、確信して居ます。

 結論として、斯う言う連中が提起する平和運動なんて、全くに嘘っぱちなので、寧ろ、日本人は、軍備を固めて戦争に備えなくては、国が守れない事に気が着くと思います。 周りで軍拡をやって、ドンドン危険な状態になっているのに、「武器を捨てよ、武器を持って居るカラ攻撃されるのだ」とは、小学生でも分る嘘ですからね。 彼らの陰謀に気付いて、そうならない様に変えて行けば、自然に軍備を固めて、戦争に備える形になって終うのですから、彼らのやって居るのは反平和運動なのでしょうね。ww 

北朝鮮は6月12日も核兵器を生産していた?

ソロさんへ  ポッポです。

>私が米朝会談の前に、「米国が採らねばなら無い措置は、決まって居る、其れを行わなければ、米国が滅亡する。」事を述べてきました。

こんなニュースがありました。
北朝鮮が過去数か月間に国内の複数の秘密施設で、核兵器に使用する核燃料を増産していると米情報機関が分析していると報じた。12日の米朝首脳会談に向けた交渉中も燃料を生産していたとみられ、米当局者は「北朝鮮は米国を欺こうとしている」と警戒感を強めている。
この他にも、12日の燃料を生産してるとか、北西部寧辺にプルトニウムや高濃縮ウランを製造する施設のあることが知られています。

北朝鮮は拉致被害者を返還するつもりも、核兵器の製造を止める気もないことが明らかです。核兵器以外でも、燃料の瀬取りを止める気もありません。
6月12日の米朝会談は、相も変わらず米国の強攻策を引き延ばすものでしかなかったのです。

トランプ米国大統領とマティス国防長官は、かねて予想していた通りに欺かれたことになります。
従って、米朝会談に基づくのならば、今後は朝鮮半島の非核化の工程表を作る作業に対する打ち合わせだったのですが、まだ1ヶ月にもならない間の裏切り行為ですから、トランプ大統領とマティス国防長官は赤恥を搔かされたので、強攻策に切り替えても不思議はないし、何もしなければ、朝鮮が米国を侮ることになります。

日本は憲法では全く何も出来ないことになっていますが、国の防衛は自然権ですから、専守防衛を基本としていると思いますが、米朝が有事になった場合には、米国部隊の護衛と日本国内の便衣兵の取り締まりが最優先事項になるでしょう。
朝鮮総連の本部以下各地の事務所は、家宅捜査の対象です。
これに妨害をするなら、逮捕拘禁の対象です。

今の日本人は、生まれたときから自由な言論空間で育っているのですが、これからの子供達はヘイト防止法で過度に抑制されることもあり得ますので、学校教育に対する注意を、道徳教育の行方と共に注意することが必要になるかも知れません。

平和運動は、口で唱えるだけで実際のものになるわけではなく、その後ろには実力部隊がいるから、相手はこの後ろを見て平和にするか、別の方法をとるのかの判断をするのです。
それを口で唱えていれば大丈夫だというのは、虎の威を借る狐のようなもので後ろにいる自衛隊と米軍を忘れて、平和を唱えていれば万全と言っているのだと思います。

戦後の総理大臣は日本人か。

ずっと気になっていた噂。戦後の総理大臣で日本人ルーツは、田中角栄と小渕恵三の二人だけと言う噂。そんなバカな。先日、尊敬する先輩から噂は本当だと聞かされました。

山口県熊毛郡田布施町(在日朝鮮人村)をルーツとする政治家は、岸、佐藤、福田、小泉、安倍。安倍総理は統一教会に祝電を送り、昭恵夫人はやたらと韓国と仲が良い。私は30年ほど前に、安倍晋太郎が実は在日だとカミングアウトしたのを聞きました。

ある保守仲間から私も聞いたと連絡がありました。しかし、竹下の実家は、昔ながらのお酒の麹を扱っている歴史ある店の子息なのに、在日であるはずがない。お前は何てことを言うのかと保守仲間から批判されます。私は戸籍を見れないので反論できません。

これまで中韓に対してまともな反論をしてこなかった政府を見ると、やはり噂は本当だと思えてなりません。

福田元首相が「南京だい虐○記念館」を訪問

第1次安倍政権の後、政権を作った福田康夫元首相が6月24日に訪中し、「南京だい虐○記念館」を訪問しました。
福田氏は「南京大虐殺の犠牲者を深く哀悼する」と書かれた花輪を供え、同行者らとともに黙祷。「過去の事実を正確に理解しなければならない。もっと多くの日本人が記念館を参観すべきだ」と記者団に語ったそうです。

過去の事実を正確に理解することは、日本として当然のことであり、これについて調査した結果を、事実の資料として世界に情報提供した上で、これを歴史として認識しなければならないと思います。


南京攻略戦は、1937年7月7日に支那共産党によって計画された盧溝橋事件から、7月25日の国民党軍による廊坊事件、7月26日の国民党軍による天安門事件、7月29日の冀東防共自治政府保安隊(中国人部隊)が、抗日側に転じて、日本人・朝鮮人居留民に対して大量虐さつを実施した通州事件、8月9日の大山事件等の後に、国民党軍が日本軍を纏めて殲滅を図った8月13日からの第2次上海事変に失敗して、南京城に逃げ込んだことから起こった12月4日頃からの南京攻略戦での出来事です。
この時、国民党軍は蒋介石総統は12月7日に南京を脱出、唐生智首都衛戍軍司令官は12月12日に戦場から逃走しています。そして南京が陥落したのは12月13日ですが、戦闘期間が長いことと、指揮官が逃げ出しては、後の兵隊は混乱しますし、国民党軍の兵隊は統制が取れなかったために、民間人を略奪・攻撃したり、督戦部隊との戦闘をしたり、戦場放棄で逃げ出したり、便衣兵になったりですり減ったと考えられます。
それでも、南京避難安全区は、比較的平穏に保たれていたと思います。(多少は国民党軍の敗残将兵が潜んで、民間人を略奪・暴行しています。)

これを、日本軍が大量のさつりくを行ったというのには無理があります。
福田という首相は、どうも親子そろって一国の宰相としては適正がないようで、親は「人の命は地球よりも重い」と言って、テロの要求にあっさりと応じて世界から顰蹙を買いましたし、子供はこれですから、日本の国のことをどう考えての行動かと思います。

福田親子はこれですが、河野親子には親はともかく、子供だけでも日本の国のための行動をして欲しいと思います。

田中角栄と小渕恵三以外は朝鮮人

>立ち上がれ大和さん ソロです。
>>戦後の。日本人の総理大臣は田中角栄と小渕恵三の二人だけ
 大きな間違いです。 私は、朝鮮人を大別して、戦前から日本に居る朝鮮人と戦後に日本に難民として密入国した朝鮮人と2つあると思って居ますが、貴方が挙げられた、岸・佐藤・安倍は血族なので、確かに誰かが、朝鮮人なら全部そうだと言う事になりますね。

 然し、岸さんは、戦前の内閣の商工大臣を務めたていたので、GHQから公職追放令を受けて居たのですが、GHQ民政局が立ち上げた社会党政権が、皆政治の素人ばかりで、官僚を使いこなせないので、民政局のコミンテルン細胞を追い出した。ドッジ大将が、命じて、復籍させた人です。

 もし岸さんが朝鮮人なら、李承晩があれほどの反日を揮うでしょうかね、但し、朝鮮戦争で危うくなった時に、李承晩は山口に亡命政府を作る心算だった様ですから、山口県=長州内には、親朝鮮の集団が居たのかもしれませんね。

 それと、統一教会の文鮮明師と、岸さんは戦後知り合った様ですが、戦前朝鮮は、日本と同君合邦の関係に有りましたから、岸さんは、戦前の大臣と言う事で、文鮮明師の方から近づいたものと思われます。 韓国の反日は、狂信的反日の李承晩の創作ですので、過度に、戦前の朝鮮人を、悪く思っていると間違えます。

 安倍さんのお父さんの安倍晋太郎氏ですが、彼は山口の出身でしょうが、田布施出身ではありませんし、彼の遺体を看て、「是は日本人の体つきでは無い」tp老婆が言った事を根拠にして居る様ですが、長州は元々、半島南部の漁民が、その気になれば、海流に乗って容易く来れる処ですから、国境をうるさく言わなかった江戸期以前なら、半島人は多かったでしょう。でも、其れって、今から350年以上も前「=74~75世代」も前に、端を発する話ですよ。 日本人って、そんなに純血度合いが高い民族ですか?

 其れと小泉純一郎は、元厚生臣の小泉純也の息子ですが、純也さんの旧姓が、鮫島と言って、鹿児島の加世田の人で、前掲の山口田布施の出身ではありませ。 大正期に朝鮮から移住して来て、鮫島家に養子として入り込み、更に、上京して小泉家の婿養子になった方だと思いますが、優秀な方だったから、そう言うコースを歩めたのだと思いますね。 バカでは、大臣にはなれません。

 逆に、竹下登や福田赳夫は分りますが、、三木赳夫、鈴木善幸せ、池田隼人、吉田茂、羽田孜、海部・・迄、総理大臣は沢山いるのに、残り全部が朝鮮族だとはさ流石思えませんね・

 只、竹下氏が、島根の造り酒屋の息子だと言って居ますが、彼自身の「言語明瞭なれど意味不明」と言う人物評や、組んで居た、金丸や小沢が朝鮮族なのは確定的ですからね、血筋は兎も角、中身は、朝鮮人そのものだと思います。

 福田父の方は。東大開校以来の大秀才と言われた明晰な頭脳の割に、人望が無かった様ですね。 それに福田、と言う苗字も疑われる原因になっているのではと主思います。 是は金丸氏も同じです。 戦前から日本に居る朝鮮族は、彼らが出自を隠す工作をして居るので、今では、苗字位では見分けがつきませんからね。

 結論から言うと。出自が何であろうと、日本の国家や国民に害をなす外来人は、要りませんが、日本人として日本の為に尽くすのなら、何人でも構わないと私は思って居ます。 譬え、難題も前から日本人でも、大江健三郎の様な売国奴も確かに居るワケでね。

An

河野太郎外相を過大評価し過ぎているようで笑えます。
ただし、「過去の外務大臣と比較して」という文言が入っているのでその点で・・・・ 確かに・・ とは思いますが。

まあ外務大臣としてこの程度当たり前にやってしかるべきというものでしょう。
今の日本の状況からいえばまだまだ不足していますし、まして外務大臣経験者は将来の首相候補とも言えるわけですから。

この人物、河野太郎。
何かとテレビで英語を話しているところを取り上げられたいという面が見受けれそれが嫌らしさに繋がっています。
また何故に河野洋平という日本国最悪の売国奴への批判がないのか?
親と子は違うは良いでしょう。
だから親の罪を子が償う必要はないでしょう。
しかしいい年をした外務大臣が過去及び現在の日本国に最大の損益を与え続けているその親批判さえ出来ないという情けなさ。

考えるに先々の遺産を考えてか?
と疑ってしまいます。

くれぐれも河野太郎、このアバタ眉毛を過大評価しない方が良いと存じます。

売国奴って遺伝するの?

>↑の投稿者さん ソロです。
 貴方の投稿の内容からは、「河野太郎は、河野洋平の息子でいけ好かない」としか読めないんですが、まぁ、無理もない話ですがね。 私も同じ様な危惧は持って居ます。

 ダケド、安倍さんだって最初は、「祖父の岸さんが、統一教会の文鮮明と親しかったカラ、安倍さんも統一教会の定例行事に、祝電を打つから、朝鮮人に違いない。否、父親の晋太郎も出自が怪しい、田布施町出身は、朝鮮族だらけだ」なんて、根も葉もない、馬鹿らしい噂が飛び交います。 でも、是って、朝鮮族が騒いでいるとしたら辻褄が合いませんか?

 田布施町は、私が出た商船学校の対岸の街ですので、その土地の出身者を沢山知って居ますが、朝鮮人臭い連中は一人も居ませんでしたよ。 日本海側の長州には、元は半島からの潜入民の子孫と思しき人も、多いですが、田布施は瀬戸内の中に有る安芸の国境で、周防の国ですからね。

 岸さんと文鮮明が、会った時期には、統一教会なんて、未だ小さな新興の異端のキリスト教にしか過ぎなかった。 是から信者を増やそうと言う立場にある人が、公職追放令を受けた戦前の商工大臣なのに、復活した岸さんは、逆に復興日本の期待の象徴ですから、彼を表敬訪問するのは普通の話です。

 政治家が、宗教団体の信者が集まる定例行事に、祝電を打つのも、名前を読み上げられるだけで効果が有るので、普通の事です。
 死んだ野中さんから「貴方の様な恥ずべき変節漢」と言われた、石井一なんて、私が属する教団の幹部の筈なのに、あちこちに祝電は勿論、創価学会にも立正佼成会にも、出入りしたり、しているって聞きました。

 安倍さん等は、その私が属している宗教団体の一員で有るとともに、定例の祭り(集会)では、幾度も演説をしてます。印象に残って居るのは、平成12年の11月度大祭で、「モゥ直ぐ、衆院が解散になって総選挙が有りますが、私は其処で、総理大臣として日本の復活を行いたいと思います」と、演説の中でおっしゃったことでした。 彼の日本国に対する思いは、ステディなものを感じて居ます、彼の「お導き」で信者になった国会議員も、結構いる様ですよ。

 殆ど序だと思うのですが、奥さんの昭恵さんが、韓流ファンだと、鬼の首を取ったかのように騒ぎ立てる。 時代遅れの韓流ファンなら裡の女房も一緒ですが、良く考えれば、日本の汚鮮度合が高いドラマを見て腹を立てるのと、端から朝鮮ドラマと思って似て居る/看ないとでは、どっちもどっちでしょう。

 目に着いた現象だけで、決め付けて物を言うのを差別主義者と言うのですがね。 まぁ、下から見上げられる位置に居るものは、余程言動に注意しないと、あらぬ疑いや決め付けをされて、妄想だけで人物像が描き出されて終いますが、是を国民に利0-苦しているのも、在日・反日の反安倍マスコミだと言う事は、お忘れなく。

 太郎さんや安倍さんの話は、犯罪者の息子は犯罪者と、決め付ける様なものです。 それって、ホントですか? 殺人を犯したものの家族は皆、人コロしですか? ダカラ、太郎さんは「俺は親父では無い」と何べんも公的な席で言って居ます。

 余計な事は考えずに、外務大臣としての働きぶりを看て居ればいいので反りませんか? 例えば、旧民主党の岡田も前原も外務大臣をやりましたが、本当にお飾りでいてくれや、と言いたくなる様な、国益を毀損する事しかしませんでしたね。あのt期に、民主党は反日本を良くする事なんか考えて居ないんだ、つまりは、反国民的な政党なのだ」と確信しましたね。

 政治家って、何党であろうが、どんな学歴だろうが、どんなに高い能力を持って居ようが、「国民目線を外れた発言、国益を損じる行動」をすれば、支持を失うのが当たり前なんです。 ダカラ、太郎さんの言動にもし、そう言う成分が見えたら、その時は、「あぁ、やっぱり売国奴河野洋平の息子だなぁ」と、大いに叩き捲りましょうww

朝鮮を相手にするのは大変です。

①7月1日、文正仁大統領統一・外交・安保特別補佐官は「紙切れに過ぎない条約や協定より、平壌をはじめ北朝鮮の主要都市にマクドナルドの店舗が開設され、スターバックスが入って米国と日本、ヨーロッパの観光客数万人が北朝鮮を旅行する状態がはるかに戦争を予防して平和を保障してくれるだろう」と話した。

②7月1日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が6月19、20日に北京で習近平中国国家主席と会談した際、「経済制裁で大きな苦痛を受けている。米朝首脳会談を成功裏に終わらせたのだから、制裁の早期解除に努めてほしい」と協力を要請していたことがわかった。習氏は「最大限努力する」と応じたという。


北朝鮮に絡む2件の記事です。
①は、韓国から米朝会談後について、具体的な方針が決まる前に北朝鮮に米国の企業が開設されたら、北朝鮮は米国から攻撃をされないとの確証を得られるというものですが、北朝鮮が核装備の放棄をすることの確証は何もありません。

それよりも、韓国は紙切れである条約や協定が、国家の権威で裏付けされるものであることを知らないようです。
目の前の商品につられて、前後のことを考えない。
前後のことを後で指摘されたら、無視すればそれで良いとの凡そ国家というものを理解していない民族性がよく出ていますから、やはり条約・協定の大切さは鞭でしばかないと理解できないのでしょう(条約・協定には、関係国の権利と義務が記載されており、自国の権利だけが守られるものではないのです。)。


②は北朝鮮は米朝会談をしたのだから、経済制裁を止めて欲しいとの希望です。
米朝会談によって北朝鮮が非核化を約束するだけでなく、これを実際にしなければ経済制裁は解除されないし、その前に安倍首相と会談を行って、日本の拉致被害者を返還することと、非核化の検証方法を協議しなければ、何も動かないとトランプ大統領から言われたことを忘れているのです。

北朝鮮は、会談中から時期核兵器の燃料の抽出をしているとのニュースがありますから、2003年の6者会議後に使わなくなった北朝鮮が寧辺の黒鉛減速炉の冷却塔を爆破した程度の姿勢を見せれば、米国は納得するだろうと考えていたと思います。
北朝鮮は、拉致問題でも横田めぐみさんの遺骨だと言う偽物を日本に送ってきましたが、他国に対しての扱いが話にならない程にぞんざいです。

米朝会談の重みについて、米国はトランプ大統領の内容に奥深いものがありましたが、金正恩委員長の内容は上っ面で、他国と話したからそれで全てが終わった気になっているのです。

文正仁氏と金正恩委員長は会談や条約・協定のことを同じレベルに捉えていることで共通しており、やることは形だけで、実態は空っぽで良く、会談をやったら後は自国の思っていることを好きなようにやるとしか考えていないのです。
二つの国ではありますけども、同じ民族の国の高官と責任者が同じ様に相手国には無責任であるのですから、発言や条約・協定を締結しても信頼性や信用については全くないと表明していると考えても良いように思います。

安倍首相はこんな連中を相手にしなければならないので、大変だろうと思います。

安倍政権の是からの体制づくり

>ポッポさん ソロです。
>>安倍首相はこんな連中を相手にしなければならないので大変
 ダカラ、ちゃんと自分の意見を言える外務大臣の人材が欲しかったのですよ。 安倍さんも国民もそれが、売国奴の息子だったので、少なからず驚き、信頼できる/出来無いで分れているのですが、ポッポさんが挙げた朝鮮高官の精神障碍者同士の妄想話なら、私でも大臣が務まります。 一切話を聞かねば良いだけですから。

 唯、日本の外交で、喫緊で問題なのは背後で米国と貿易戦争を始めて終った、シナの扱いでしょうし、それ以上に、ロシアも警戒しておかねばなりませんから、放送法改正と言う重要案件を内政に抱えて居る、安倍さん一人では、明らかに手が回りません。 ですから、岸田の様に承るダケで帰って来るしか任せられない人材では、困るんですね。 必要な時は、安倍さんに代わって、ポイントになる事を発言して、日本の国益を護れる人材で無きゃね。

 但し、内政の方は、必死で抵抗するであろう、枝野が国民民主党の大塚共同代表に非常識にも、電話をかけ来て、云いたい事を云った後、ガチャ切りしたという、幼稚園児並みの感情コントロール力しか、持ち合わせて居ない事が分りましたので、今後も、徹底無視で十分です。 あの様子で、国民の支持が回復するとはとても思えませんし、減りつつある、左翼の支持も回復するとは思えません。

「放送法改正法案」は、上梓~審議~可決通過~施行開始迄半年位、出来たら新元号と共に施行してほしいですね。 其れだけNHKを始めとするTV業界の偏向ぶりは酷く、新聞界は勿論、TV界も、芸能界も、この事実「=マスコミの世論形成力の滅失」を認め、対応を始めて居る様に感じます。 NHK 解体~大規模改革、電波オークションの実施は、必須ですね。

忖度で、政権は倒れません。

ソロさんへ  ポッポです。

>ダカラ、ちゃんと自分の意見を言える外務大臣の人材が欲しかったのですよ。

河野太郎外務大臣はその能力と適性について、個人的に十分な能力があるという意見は理解しています。
ただ、河野洋平元官房長官に対する部分で、大きな負債を負っていると言うことです。この負債は、安倍首相が籠池問題で夫人に苦労していることより大きいものだと思います。

河野洋平氏は今でも時に発言しますと、昔と変わらないと言うより、自分の存在感を出したいように見えるのです(マスコミもそれを待っています。)。
子供のさらなる飛躍を望むのなら、黙っているか、河野談話やそれに付随する発言を自分で訂正していただきたいと思います。
しかし、妙に大物との自負がありますから、それはしないでしょう。

だったら、河野太郎氏は「河野洋平と河野太郎は人間性も考え方も全く違う」と言っているのですから、一度だけでも慰安婦問題に対する発言をして、御自分の立ち位置を明確にしていただきたいと思うのです。
こうしておけば、特亜の国が河野太郎氏に対して、何事かを言ってきたときに、身をかわすことが出来ると思います。

何分にも、条約・協定を紙切れという国が相手なのですから、河野洋平氏には頑張っていただきたいと思っています。


野党の動きですが、枝野立憲民主党代表は今後もモリカケで頑張ると思うのですが、国民はモリカケなど何時までやっているのかと馬鹿にしています。

忖度なんて、政権に疑問を持つものではなく、忖度されたのは天下りの前川喜平氏であり、忖度したのは、豊中市の野田中央公園を理由なく安くさせた辻元議員ではないでしょうか。
籠池氏はタダの詐欺師です。

サッカーW杯ロシア大会

 ソロです。
 サッカーW杯、決勝トーナメント、ベスト8を争うベルギー戦で、昨夜、日本は、2-3と惜敗し終戦しました。

 試合は、日本が2-0と先行する展開でしたが追い付かれ、終了間際に逆転されました。

 私は是は、ベルギーの190cmの中心選手を、徹底マークする事で、シュートを打たせない展開にして、ベルギーの攻撃パターンを潰した成果だと思います。 然し、ベルギーはチームの体制を素早く立て直し、逆にその中心選手で引きつけて周辺の選手が、得点したと言う展開だったと思います。 すると、選手の走り負けの部分が有るのカモしれないなぁ、と思います。 マークの仕方や、基礎体力の向上が必要ですね。

 然し、進化も見られました。 何時ものセットプレーでの得点では無く、ミドルレンジからのシュートを決めて居たのは、チームの総合な力は、確実に上がって居ると思います。

 何れにしても、決勝Tで試合を出来たのは、西野監督の非難覚悟の「10分間のボール回し」で、賭けに勝った成果でしょう。 是はルールに則った形で行われた「戦い続ける為の、選択」だったのですから、一部の知識の無いTV観衆から、批判が上がって居ましたが、「監督の権限を犯す」失礼で蒙昧な意見だと思いますね。然も、日本がセネガルを上回ったのは、「ファウルの数が、全参加チームの下から2番目だった=フェアな戦いをした」からなので、胸を張っていい話です。

 4年後の22年はカタールらしいですが、後に続く日本選手は、今回の試合を糧にして、次はベスト8以上を目指してほしいですね。 やっぱり、負けると悔しいわwww

 

W杯ロシア大会、ご苦労様でした。

W杯のサッカーについて、前回のブラジルでは大敗しましたが、今回のロシアではリーグ戦を乗り切って、監督が直前に替わったことから心配された日本チームは好調であることを示しました。
しかし、ベスト8を目指したベルギー戦では初めは上手く行ったのですが、残念ながら最終的には逆転されて敗れました。

これについて、敗れたことは悔しいのですが、選手達は勝てるという気持ちを持っていたと思いますし、何故負けたという悔しさは言葉に表せない位だと思います。
この気持ちは大きいです。
日本のチームは、これからのW杯において自分たちは勝つとの意識で、戦っていきます。


選手はよく頑張ったと思いますが、急に監督を引き受けた西野朗監督はそれ以上に大変だったと思います。
監督も選手の皆さんもご苦労様でした。

日本チーム取り分け西野監督は、ポーランドとの対戦において0-1で敗れましたが、この試合では日本対ポーランド戦と平行して、コロンビア対セネガル戦が行われました。

日本は、リーグ戦から勝ち上がるために、グループ2位に入らなければならなかったので、ポーランドに負けた場合、得失点差がセネガルと同じになった場合には、フェアプレイポイントは日本がセネガルよりも2ポイント有利であることからこれに賭けて、ポーランドにこれ以上の得点をさせないことにし、10分の間のパス回しすることを選択しました。
これについて、ポーランドのファンやセネガルのファン、日本のファンからもブーイングが大きかったとされています。

でも、日本のチームの目的はベスト16になることで、トーナメントに出場し、それ以上の結果を出すことであり、優勝を狙っていたのです。
それなら、その目的に対して邁進すれば良いのです。
勿論、ポーランドに勝てるのなら、勝つに越したことはありません。
しかし、残念ながら日本の戦力は、選手がめいっぱいの努力をしてもぎりぎりでした。余裕のある戦力なら、ロシア大会の始まる直前に監督を交替するなんて、リスクのあることはしなかったでしょう。

西野監督は、大会直前に監督に選任されたのですが、日本に余裕を持って勝ち進む程の選手達はいなかったのです。
監督は、その中で作戦を立て、試合をしなければならなかったのです。コロンビアに勝ったと言っても、その後も勝てるという保証はなかったし、相手は格上のチームであることに変わりはなかったのですから、試合に勝つためには、ルールを守っていればそれで良かったのです。

それよりも、セネガルがコロンビアに勝つか引き分けの場合には、日本はベスト16になれなかったのですから、この作戦に賭けた気持ちは、本当に大変だったと思います。
重ね重ね、西野朗監督と共に戦った選手の皆さんにはご苦労様と、感謝したいと思います。


ところで、今回のロシアW杯において、日本のスターティング・メンバーが漏出する事件がありました。

これは、コロンビア戦ではなかったようですが、セネガル戦とポーランド戦で見られたもので、ポーランド戦の前に本田選手が、非公開練習の情報漏らさないで欲しいと、長友選手に至っては「力を貸して欲しい」という懇願に近いものだったそうです。
こんなことは、選手ではなく広報担当者が言うことです。
それを、チームの選手が取材記者にお願いしているのです。こんなことを言われる取材記者は、恥ずかしくないのでしょうか。それとも、犯罪被害者やその家族に対して、普段からやってる非人間的な特ダネ報道を取るためだけで、その影響を何も考えないアホさが出てくるのか、その情報を得ることで利益を得る連中に頼まれているのか、私には分かりません。

そして、日本代表の練習は、コロンビア、セネガル、ポーランド、ベルギーよりも公開されており、取材者は恵まれていたとのことですが、取材者がこれを外部に漏らせば、試合をする日本のチームは確実に不利な状況になるのです。
日本の情報は、振り返れば、西野ジャパンは最初から情報がダダ漏れで、メンバー選考に関しての海外組への招集レター、突然の3バック情報などどんなサッカーをするのかわかるくらいに漏れていた。とのことですから、これでは取材者はチームの応援だと言っているだけで、実際は敵でしかありません。

日本のチームの味方のような顔をして、やっていることは相手のためのスパイ行動、こんなことが報道という名前を利用してされるのならば、その報道を排除すれば良いのです。
報道とは何かを分からない報道の取材者ならば、報道というものは報道することで、被害者を出してはならないこともある、と言うことが分かるまで排除されれば良いと思います。

常連居酒屋 ナポレオン・ソロ さん 

相変わらずよく読まずに次ぐ噛みつく特性。
ここの番人の積りなんでしょうかね?

「河野洋平の息子で関係者である」、
「河野洋平の息子で政治家である」とは言っています。

安倍さんがどうのこうのとかまったく脈絡もなく、
だから
「・・・・また何故に河野洋平という日本国最悪の売国奴への批判がないのか?
親と子は違うは良いでしょう。
だから親の罪を子が償う必要はないでしょう。
しかしいい年をした外務大臣が過去及び現在の日本国に最大の損益を与え続けているその親批判さえ出来ないという情けなさ。

考えるに先々の遺産を考えてか?
と疑ってしまいます。」
と書いているではないですか?

くだないイチャモンはもうやめましょうね。

反論

>Anさん ソロです。
>>此処の番人の心算ですか
 いいえ、私は現在、プー太郎なので、暇に飽かせて書いて居るダケの事で、読み辛いのなら、飛ばして読んでいただければ・・と思いますね。 スレの趣旨に余りに外れた事を書いたら、ブログ主様に投稿拒否に遭うか、後で消去されるのが落ちでしょう。 飽く迄、私の個人意見なので、異論があるのなら、どうぞ、論を建てて反論・投稿したら如何でしょう。 その方がコメント欄は盛り上がりますから、大歓迎ですがね。

 河野太郎さんの件は、私の文章を良く読んでいただけばわかると思いますが、未だ「様子見」の段階です。唯、岸田や石破なんかよりも数段、外右大臣としては適性があり、将来の首相候補の一角になる可能性が有る、と感想を述べて居るダケですがね。 息子が親父の不届き千万を詫びて、或いは、公的に親を叱責ししたり、批難して見せれば、親が持論を訂正したり、何か解決するのでしょうか? 全く不思議な理屈だと私は思いますがね。

 さて、岸さんが朝鮮人ではないか、と言う疑惑は、この前「私は有り得ない」と、否定しましたが、なんか、すっきりしないので、当時の日米の関係を考えて看ました。

 米国内の戦中から戦後に吹き荒れたマッカーシズムの影響もあって、レッド・パージは、韓国でも台湾でも行われて居ますが、肝腎の日本だけが行われず、反対にGHQの民政局に居たニューディーラー「=コミンテルンの細胞」によって、社会党政権が誕生しているのですから、米国のトル-マン大統領は、一方では李承晩や蒋介石に、何百万人もの民間人を粛清する「赤狩り」を行う事を許して居るのに、日本では、赤化を推進しているって、一体何を考えて居たのか判りません。

 そして、その結果、戦前の内閣で商工大臣出遭った岸信介を、公職追放から外して復職させた。その裏側は一体どうなって居るのか、未だに謎は多いですね。一説によると彼は、現在のマスコミ勢力のラスボスの読売新聞の正力松太郎の様な、確信的なCIAの工作員だと言う指摘が有りますが、現在の功利的な日本人では無い、明治人の政治家であった岸さんに、そんな、恥知らずな真似が出来るわけが無いと私は思って居ます。 ですから、60年安保を強行に成立させた後、岸さんは、総理大臣の職を辞して居ます。

 狂信的な反日家であった李承晩を、制裁する心算が、朝鮮戦争を惹き起こす事になった、アチソン国務長官も、所謂ニューディラー「=FDRの信奉者」であったので、トルーマン政権自体が左寄りだった事は知って居ますが、GHQ極東司令官のマッカーサーが「朝鮮戦争を終結させるには、原爆投下が必要だ」と提言した事を理由に、即、解任したトルーマンは、米大統領として、「右か左かさえ、はっきりしない」余りに半端だったし、筋も通って居ません。 米国の極東政策は、20年4月ごろのFDRの死去もあって、端から可成り、混乱したものだったと思われますね。 

 この辺り、米国の国の舵取りが不確かなのを見かねて、FDRに批判的だった、フーバー元大統領がNSCを新設して、米国の対外政策を安定させようとして、動いて居る様に思います。その辺りの彼の意見を纏めたものがフーバーレポ―トですが、これも戦前、米国内のコミンテルンの活動を纏めたヴェノナ文書と共に、公開禁止になっていましたが、禁止措置が解けて公開されて居ますね、

 岸さんの朝鮮人説を「田布施は朝鮮部落」を根拠の様に言って居ますが、固よりそんなものは存在しませんし、何故、弟の佐藤栄作については、騒がないのかが分りません。 安倍さんのお父さんの晋太郎さんが、朝鮮人だったと言うのは、全く科学的な根拠のない話だと思います。 是を、朝鮮族に拠る離間の計だとは、ドゥして疑えないのかも不思議ですね。 

 73年も経って、制度疲労を起こして居る戦後の日本を改革して、変わりゆく世界に伍していける日本にしようとして居る、安倍さんの足を引っ張るだけで、代案も示さず唯反対する輩は、逆に、改革の抵抗勢力だと言う他は有りませんね。 つまり立ち位置は、朝鮮族や左翼とそんなに変わらず「改革の敵」即ち「国民の敵」だと言う事になりますね。

 我々は、安倍さんが繰り出す改革法案を支持しつつも、彼が、現状、国会が立法審査機関としての機能を喪失気味なのを良い事に、国民に知られずに、法律を改正できる状態にある事も、頭に置いて現実の日本の欠点を冷静な目で自覚・監視して、其れを糧に、次の世界における、日本の在り方を考え・支持して行かねばならないですね。 其れには我々一人一人が、自分の現実なビジョンを持つ事が、求められますね。

コメント全く読まず書きますが、わたしは未だ彼のことは様子見してます。
今までの言動は父親を踏まえての現在の時勢にのる為のアリバイ作りじゃないかという疑惑がどうしても個人的に消せないので。

B조와 H조 뿐이다 wwww

가장 쉬운 조에서

いつから政府は拉致問題解決は核、ミサイル問題のあととしたのか

河野太郎外相は6月30日に徳島市で行った講演で拉致問題についてこう語った。「核とミサイルを解決をしたあとは、しっかりと拉致問題を北と日本で解決する」。
http://www.asyura2.com/18/senkyo247/msg/272.html

日本はこれまでずっと、対話を後回しにして制裁を優先させてきた
これまでの外交政策が拉致問題の解決を先に持ち越す認識だったことが明らかにしたと言える。

トランプ大統領は「非核化には15年かかる」とも語っている。

> ↑ の網野善彦さんは、私が一時、彼の著作を漁って夢中になって読んだ歴史家です。

お手数かけて、コメ、サンキュー。

私も河野太郎氏には強い疑念を持った一人です
幾らサンケイが上げようとも、外務大臣としては珍しく韓国に正論を述べようとも、それは単に将来の総理候補に出馬した際に保守派受けする為の方便だと見て居りますし、河野外相が合意の遂行を韓国に要請したのは閣内不一致を避ける為だと見られて居ります
確かに、野田聖子の閣内不一致にみる馬鹿振りを見ると強く頷けますね。

河野外相、河野家に配られた謝一族の台湾バナナ利権の報酬で育った事も、大いに信じられない要因の一つです

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/