中韓を知りすぎた男


コメント

前ページ | 次ページ

[]
タジタジ 様
間違えました。東郷 茂徳です。

訂正:重光葵→東郷 茂徳

05/28 21:51 By:崗上虜囚 URL
[>崗上虜囚 様]
単純に質問致します。
重光葵は帰化人の子孫だったのですか?
大分県旧士族の家柄出身と認識しておりましたが。

05/28 21:37 By:タジタジ URL
[ショー・ザ・フラッグ]
朝鮮系日本人様

日本の今の状況で、貴方も色々ご苦労なさっていると思います。只、現在の日本の状況は崩壊寸前な為、かなりの日本人が危機に目覚め、目覚めた日本人が心底怒り狂っている状況です。私が思うにその怒りの根源と向け先は、日本を崩壊寸前まで陥れた、帰化在日を含めた朝鮮人に有ると思います。

勿論その原因は貴方が言うように、日本人が彼等を甘やかしたからですが、彼等は益々増長し、日本のあらゆる組織を牛耳る処まで成長し、今や日本の政権を乗っ取り、日本の崩壊を導いています。

そして次には、彼等の手引きによる、支那の日本侵攻が起きるでしょう。そうなれば日本は、日清日露以上の苦境に立たされると思います。大東亜戦争以上かも知れません。何故なら、日本は外で支那とそれと連携する国々と戦いながら、国内では内戦状態になる筈ですから。恐らく日本国内では血を血で争う状況が来るでしょう。

その時の日本の国内の敵は、在日朝鮮人と在日支那人、そして敵に内通した日本人と帰化人です。在日朝鮮人と在日支那人は、国外に脱出すれば助かるかも知れません。しかし内通した日本人と帰化人には、厳しい目が向けられると思います。裏切者・背叛者は最も憎まれる者です。支那でも漢奸といえば皆死刑です。純粋な日本人でも、敵か味方の旗色を鮮明にしないと、生き残れないかも知れません。

これから起きる事は、日本が滅ぶか生き残るかの戦争なのです。250万人が死んだ大東亜戦争以上の戦争なのです。そんな中、若し貴方が心底日本人として生きたいと言うのなら、今から旗色を鮮明にすべきと思います。そこまでの覚悟が無いなら、貴方と貴方のご家族の為にも、日本以外の別天地に出て行くことを進めます。

私の気持ちとしては、貴方の子孫が、帰化人子孫である外務大臣重光葵氏のような人になってくれることを望んでいます。
05/28 20:09 By:崗上虜囚 URL
[]
私は、16歳の時に日本に帰化した者です。朝鮮が悪く言われるのは仕方ないです。韓国の番組とか見てて哀しくなります。おばあちゃんが傾倒してて、これ日本の真似だよ。といってもテレビの言うことを真に受けてて明らかに時間軸から言っても日本の真似なのに。
帰化した私が言うのは気持ち悪い。と思われるかもしれませんが、日本を本当にいま大事にすべき時だと思います。朝鮮にも中国にもロシアにもアメリカにも圧力をかけられないように。侵略されないように。
帰化の際の条件をもっと難しくするとか。スパイ防止法を通すとか。独自の情報局を持つとか。独立した軍隊を持つとか。これがすべて通せたら、日本はもっと素晴らしい国になるんだけどなー。空き缶さんを見てるとますます日本の未来がーってなります。でもこれ独立国家なら当たり前に持ってていいものですよね。もっと自分のできることから応援しないと。
帰化しても帰化しなくても真当にやっている人から見たら外国人参政権は迷惑です。スパイ防止法もあったほうがいいです。
もう在日も韓国も中国もぐだぐだに甘やかすのはやめた方が、それぞれのためになります。日本のためにもなります。このままじゃ日本は、永遠に子供を甘やかす母親です。子供も母もだめになります。
距離をおいたほうがいいです。参政権私も、もっていますが、帰化しても三世代たたないとだめとかに変えた方がいいんじゃないかな。休日の日には奉仕作業を10年間義務ずけるとか。日本に対する地域参加や奉仕的な意味で。いろいろできることは有ると思うんです。帰化の際の面接をもっと念入りするとか。日本に対して忠誠を誓えないなら論外です。妙な思想を持ってたら論外。それもこれもスパイ防止方を持ってたら情報局を持ってたら結構解決するのになーに行きつくんですが。そしてそれを十分に行使できる軍隊をもつ独立国であったなら、に行きつきます。とりあえず。まじで純日本人のみなさん、真剣に未来考えてください。選挙行って下さい。ここのサイトを閲覧されてるも皆様に対して書き込んでもいまさらかもですが。

05/28 17:41 By:朝鮮系日本人 URL
[サムスンと日本の宇部興産、産業素材の合弁会社設立]
合弁会社の出資比率はそれぞれ50%
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110527-00000028-yonh-kr
05/28 13:05 By: URL
前ページ | 次ページ

コメントを書く
本文へ戻る
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン 友達に教える



Powered By FC2ブログ