やがて中国の崩壊がはじまる   6月19日(水)


「中国は崩壊する」と思ってからすでに20年が過ぎようとしています。
しかしその後、私の思惑から外れて中国はますます発展してGDPも日本を
追い抜いて世界第二位になってしまいました。インチキ数字だと思いますが、

実体験から感じた中国崩壊の自信が揺らいで来たちょうどその頃、機内で
読んだゴードン・チャンの「やがて中国の崩壊がはじまる」(2001年)を
読んで確信を得ました。

20年にわたって中国企業の法律コンサルタンを努めたゴードン・チャンが
中国の全ての数字は「張り子の虎」に過ぎないと断言したのです。幹部の腐
敗、瀕死の国有企業、法輪功の抵抗、各地で頻発する労働者・農民のデモ、
チベットや、ウイグルの分離運動、台湾の独立問題など豊富な事例をもとに、
体制維持の根幹に関わる中国共産党の究極のジレンマを指摘したのです。

私は弁護士・ジャーナリストであるゴードン・チャンのようにのっぴきなら
ない証拠や中国の上げる数字のインチキ性に気がついたわけではありませ
ん。私の場合中国へ進出することによって直接彼らと接触して感じた単なる
感に過ぎません。

チャイナウォッチャー達が最近頻繁に書いているように「中国の外貨準備高
は底をついている」「中国の国家ファンドが保有しているはずの日本株式は
すでに売り払われている」「中国は猛烈に海外から外貨を借りまくっている」
等の情報は本でしか知らない。

そこで今回はプロたちの視点ではなくなぜ中国は瓦解するのかを、私の実
体験に基づいて、感じたことを書いてみます。

1991年頃の話です。山東省の煙台に当社の製品を作ってくれることになった
国営の工場が見つかり、現地の工場に行って、説明をして綿密な打ち合わ
せをする事になりました。その日は前日泊まったホテルの食事のせいでお腹
の調子が悪くて、工場についた時に真っ先にトイレの場所を聞いて駆け込み
ました。

トイレは天井が無く、個別の仕切りもなく、周囲を囲んでいるだけで、地べ
たに穴を開けそのまま穴をまたいでするようになっています。穴は6つ、ど
の穴もうんちが盛り上がり、またげばお尻に、盛り上がったうんちが着いて
しまいます。どうすればいいか思案にくれていると突然中年のおばさんが入
ってきて、盛り上がったうんちを側にあった棒切れで端に追いやり真ん中を
凹まして、小便を始めた。私は茫然自失、トイレは男女の区別がない、大小
の区別も無い、おばさんは私を無視して終われば平気な顔で出ていきまし
た。トイレの中はハエが飛び回り、生きた心地はしませんでした。

その後大きな丸テーブルでの宴会で、まずビールで乾杯、ビールが注がれ
るコップは濁り、指紋が着いています。各幹部たちは平気で鶏ガラをペッペ
とテーブルの下の床に吐きます。テーブルの上をハエが数匹飛び回ってい
ます。しかも先程のトイレと宴会場の距離は30mほどしか離れていません。
つまり全てが不衛生で日本人の感性では耐えられません。

私は出てくる料理は一切口に入れず、横の総経理が5分おきぐらいに私の
杯にお酒を注いで、まず自分が飲み干して、私に飲む事を強制します。杯は
小さな杯ですが、注がれるお酒は度数の高いお酒です。一口飲めば喉が焼
け付きます。

3~4回目ぐらいの時連れて行った通訳を通じて「もうこれ以上飲めません」
と断ったのですが、総経理は理解したにもかかわらず、飲むことを強制しま
す。見かねた部下が私の代わりに飲んでくれたおかげで倒れずにすみまし
た。つまり中国はお客を接待することの意味がまるでわかっていない。この
工場とのお付き合いは一回だけの発注で縁を切りました。

つまり中国人は地球人としては失格で、この民度では地球人のリーダーに
は絶対になれない、もちろんこの事例だけで判断したのではありません。
だから記憶にある中国人のエピソードを書いていくつもりです。

次回も中国出張のエピソードを書くつもりです。




3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります



南北統一がもたらす瓦解のシナリオ  6月12日(水)


ここへきて、やっと韓国国民も文在寅大統領の異常さをわかってきたようだ。
文大統領が自信満々に始めた「国民請願掲示板」に文氏への批判が殺到し
たのは皮肉としか言いようがない。

文在寅大統領に対する怒りが高まっています。大統領府のホームペイジの
「国民請願掲示板」に文氏の弾劾を求める請願が発表によれば20万件を
超えました。室谷克実氏によれば実際は180万件を超えており、大統領府
の報告はかなり圧縮された数字のようです。

首相を議会で選出する日本より国民が直接投票で大統領を選ぶ韓国では
大統領の権限が強すぎて、なんでも即決できます。逆の見方をすれば、全く
の素人が成ってしまう危険がある。

トランプ大統領も政治経験のない実業家からいきなり大統領になってしまっ
た。しかしトランプの最大の目標が「悪の帝国中国」を消滅させること、
つまり正義の鉄拳です。しかし文在寅の目標は「最悪の国北朝鮮」に国民の
幸福を考えずに我が身を売ろうとしていることです。

文在寅氏の考えは、国家連合段階を経て連邦国家を形成、最後には一国家
一体制の統一された朝鮮半島を建設することらしい。しかし統一を願う相手
の長が、血族の兄を殺し叔父を殺し権力の保持を図る冷酷で危険な指導者
であることがわかっているにもかかわらず、協力さえ進めれば、いつか自動
的に一緒になれるとは、甘すぎます。

現在の統一政策には真の統一のための考慮や戦略が全く含まれていない。
北朝鮮の人たちがどんな人達であるかという最低限の知識すら持っていない。
そこには相互間の依存が強くなれば戦争の脅威が消え、平和共存が成り立
つはずだという、現実離れした考えがあるだけです。

文在寅を中心にした左翼達が「同じ民族だから無条件に統一をなさなければ
ならない」という主張はあまりにも危険すぎます。すでに南北は一つの民族
だと言えないほどかけ離れてしまっている。このような状況下で今、南北が
統一すれば破滅しか待っていません。

朝鮮半島の情勢は約60年前の朝鮮戦争の時代に戻っているような気がし
ます。しかし韓国はノーテンキにも安全保障感覚をなくしています。文在寅
は北朝鮮に対する本格的な人道支援に乗り出したが、不思議なことに北朝
鮮自体が文在寅政権からの人道支援に冷淡な態度を取り続けています。

本当に北朝鮮は食用支援を必要としているのか?報道によれば北朝鮮で
コメの価格が4月末まで6ヶ月連続で下落しているということはコメが足りて
いるということです。

その上ミサイル開発などの軍事力強化、観光リゾート開発や平壌での高層
マンション、大型百貨店、ショッピングモール、レストラン、レジャー施設など
豊かな風景をしょっちゅう宣伝しています。これで本当に食料難ですか?
ヘイリー前米国連大使は、北が食料を受け取れば、節約した資金を核兵器
開発に回すだろう」と警告しています。

韓国人は強いものと見れば見境なく尻尾を振ります。2008年頃中国がアメ
リカを抜いて世界一の大国になるとアホな評論家は盛んに囃し立てた。その
頃から韓国は中国寄りになり日本を見下すような姿勢を取るように成った。

経済のことはまるでわからない文在寅は南北を統一するには大国の力を排
除して中立するしか無いと思っている。もちろんトランプのアメリカは黙って
見過ごすわけはない。

韓国の7つの大手銀行が米財務省テロ金融情報局から「対北朝鮮制裁を順
守すべきだ」という内容の要請を直接受けたそうです。韓国の銀行は今まで
韓国政府の言いなりだったが、それ以降アメリカの顔色を伺ってばかりいま
す。なぜなら韓国の銀行は、ドルで決済しないと生きていけないからです。

頼りはスワップ協定だが、米国とのドル建てスワップはすでに終了している。
中国とのスワップも韓国側は延長したと公表していますが中国は明言してい
ません。頼みの綱は日本しかありません。その日本をレーダー照射や元徴
用工裁判の判決など日本国民を激怒させています。

文在寅は「経済と歴史は別に考えるべきだ」など都合のいいことを言ってい
ますが、日本がスワップ協定をするはずもありませんが在日政治家がバカ
なことをするのではないかと恐れています。

ケント・ギルバート氏は「韓国には嘘が恥ずかしいと言う概念がないのか」
と呆れています。アメリカ人も慰安婦その他についての韓国の主張は嘘だと
いうことはだんだんわかってきた」「数年前までは、アメリカ人はみんな日本
人はひどいことをしたと思っていたけど、韓国の主張している事は全て嘘だ
とわかり、その認識が広がってきました。

百田尚樹氏は「韓国人は、いずれは世界の笑い者になる」といっています。

いずれにせよ、このような異常な大統領を早く排除、淘汰するかは韓国民の
決意一つですが、朝鮮半島が北に飲み込まれ共産化されてからでは、後戻
りはできない。

韓国民よ、一党独裁の共産国家が国民をいかに苦しめるか、権力に座った
ものが暴虐の限りを尽くし、法は権力者によって好き勝手に用いられるよう
な国家にしたいのですか?

韓国民は民族の真実の歴史を、勇気を持って検証しない限り、明るい未来を
手にすることはできません。歴史をよく勉強することで未来が開けます。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります


世界が韓国を無視しだした。 6月5日(水)


馬鹿な文在寅大統領に日本人全てが切れた。しかし日本政府は切れた風
を装っているだけで、静観している。最近日本人の怒りを抑えるために「水
産物検査強化、韓国禁輸に科学的対抗」を強化すると発表した。

つまり韓国による日本水産物の輸入禁止に対して日本は逆に全国の検査
所で検査体制を強化したに過ぎない。しかも日本政府は韓国に気を使って
「対措置」と主張せず「当たり前のことを当たり前にやるだけだ」とは、そんな
ことで日本人の気持ちが収まるはずもない。外務省も「やるべきことを粛々
とやっているだけ」とはこの役人達には、堪忍袋の緒が切れました。

この国の外務官僚は、アメリカンスクールかチャイナスクールかどちらかし
かいないのだ。彼らは日本の国益ではなく、外国の国益に奉仕している。
日本の国益を守るのが政治なのだから、本当に外務省は要らない。チャイ
ナスクールの外務官僚は中国に気を使って子分の韓国に対してなんの対
抗策も出さない。

朝鮮半島の発展のため日本はいくら努力しても韓国に逆恨みばかりされて
きた。彼らには内実も誠意もなく優しくしてもだめ、日本国民はもう疲れた。
日本政府は韓国に対して「力」を示さなくてはどうにもならない時期が来た。

さしあたり無言で経済力の力の差を思い知らさなくてはいけない。
韓国の命綱「サムソン」を成り立たせている決定的技術は日立化成の技術
です。日本政府はこれを政治力としてなぜ用いないのか?サムスンを潰す
ことは日本の国益です。もちろん日立化成も一時的に売上が落ちるがその
分日本政府がカバーしてやれば良い。ただ問題なのは日本国内に日本を
裏切る在日勢力が存在することです。

トランプ大統領に成ってから日本の弱体化は自国の利益に何もプラスにな
らないということがアメリカはやっと認識されだした。その流れで最近アメリ
カはようやく韓国の変化に気がついたようだ。

韓国が中国の手に落ち、アメリカにも日本にも牙をむき出した変化に気が
付き始めた。気が狂ったような韓国人の反日への業病について理屈はどう
あれアメリカは韓国を無視し始めた。

韓国はアメリカの意向に逆らって北朝鮮に対する防衛よりも、海空軍を強化
し、日本との戦争に備えている動きが見られる事にアメリカは日本に警告し
てくれた。危機を感じた日本はF-35Aの(最新鋭の戦闘機)の導入決定を
早めた。

これは輸出額を増やすための戦略の一部かもしれないが、しかしF-35導入
決定により中国は日本に手を出せなくなった事も事実です。中国による韓
国利用をこそ最大限に警戒しなければならない。

韓国が増長したのは、日本側の曖昧な態度のせいであり、何をしても許さ
れるという間違ったメッセージの結果です。しかし日本の政治家はこれら
過去のことを全く反省せず、同じ間違いを続けている。

最近、韓国・中央日報の記事には「韓国代表団5人が確約もせず日本側に
面会を求めて来日した。しかし日本側は突然のため当選1一回の渡辺美樹
参院外交防衛がひとりで応接した。それについて韓国側は「こんな冷遇は初
めて」と韓国メディアに嘆いたそうです。韓国側は「当選回数を合わせると
20選の重鎮たちだ」当選一回の議員に応接させるとは無礼だという事だ
そうです。

しかし確約もなしに面会を求めればこういう結果になることは明らかです。
彼らは日本を自分たちより低い国だと上から目線で眺めているようです。
韓国がいかに劣位の国であるかを教えてあげる。

韓国の2014年GDP 1兆1296億ドル。2014年度の東京のGDPが1兆61
67億ドルで、韓国の国全体のGDPを東京都単体でも上回っています。
しかし韓国議員たちの記憶には、日本経済が20年にわたって低迷し、
韓国は自らの優位を錯覚した。それから居丈高になったようです。

中央日報日本語版によれば「昨年10月30日、「強制徴用被害者に日本企
業が賠償せよ」という韓国大法院の判決が下されると、日本は「1965年韓
日請求権協定で個人賠償は終わったのに何の話か」として呆れ返った。

日本列島の雰囲気は冷たかった。会う人会う人から「なぜ韓国は国同士の
約束を守らないのか」と聞かれ、そしてまた聞かれた。明らかに私たちのほう
が慰安婦・強制徴用の被害者なのに、ある瞬間加害者に転落した。
澄んだ精神では受け入れ難い反転だ」と書かれている記事を見て韓国メディ
アの無知蒙昧に呆れ返ります。

慰安婦も強制徴用も韓国が歴史を改ざんして被害者になり、日本を加害者
に仕立て上げて日本に賠償を要求している事がなぜわからないか?

もし仮に韓国が主張しているように慰安婦・強制徴用の被害者としても19
65日韓請求権協定で全て解決しています。たとえ韓国大法院の判定がくだ
されても国と国との約束は国内法より上だということは世界の常識です。
だから韓国はどこの国も信用されなくなったのです。

また韓国文化日報の社説でトランプ大統領が米軍将兵への演説でトランプ
氏がてらいもせず日本側に付き「日本海守護」の演説をした。韓国には遠回
しに触れるのみで、重要な同盟国として扱われなかった。日本も韓国を無視
している。G20でも日韓首脳会談は不透明で、小さな国だけが渋々韓国との
会談に応じたようです。そのうえ中国と北朝鮮にも無視され韓国は北東アジ
アで急速に端に置かれている」と書かれています。

まさに自業自得とはこのことです。


3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります




【“世界が韓国を無視しだした。 6月5日(水)”の続きを読む】

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/